とんかつDJアゲ太郎【実写映画】あらすじをネタバレ!原作の感想も

 

ジャンプコミックスで2014年から2017年まで連載されていた漫画「とんかつDJアゲ太郎」!

いよいよ実写化映画になって登場です!

 

主演の北村匠海さんが、主役の揚太郎のビジュアルをうまく再現していて評判良し!

 

原作のストーリーをチェックしておきましょう(≧∇≦)b

 

とんかつDJアゲ太郎【映画】あらすじをネタバレ!

 

主人公・勝又揚太郎は、東京・渋谷にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」の三代目です。

夢も希望もなく、父の店を継ぎたいという気持ちもなりませんが、他にやりたいことも見つかりません。

父・揚作からは、豚肉に触らせてもらえず、キャベツの千切りを指示される毎日。

一向に成長しないため、叱られてばかりいました。

 

ある日、夜に、渋谷のクラブ「CLUB BOX」からとんかつ弁当の注文が入ります.

揚太郎は配達のため、初めてクラブを訪れるのでした。

しかし揚太郎は入った瞬間、音楽に合わせて盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を得ます。

 

そのままクラブでDJを初体験。

さらに、そこで美女・服部苑子に一目惚れします。

彼女はのちにライバルとなる、DJ屋敷の担当スタイリストでした。

今まで無気力で生きてきた揚太郎は、DJを知り、世界が一変!

すっかりのめり込んで数週間クラブに通い続けました。

 

数週間後、行きつけのクラブに、アメリカの伝説の黒人DJであるビッグマスターフライがやってきました。

ビッグマスターを見ているうちに、その姿がとんかつを揚げる父と重なります。

また、曲の速いテンポがキャベツの千切りのリズムと似ていました。

とんかつ屋とDJは同じなのか?」と驚く揚太郎の頭に、ビッグマスターがテレパシーで「とんかつとDJは同じグルーヴ」だと語りかけます。

そんな伝説的DJビッグマスターフライとの運命的な出会いは、揚太郎が覚悟を決めるきっかけとなりました。

 

とんかつとDJに目覚めた揚太郎は、翌朝父に頭を下げ、とんかつ修業を願い出ます。

揚太郎は「DJアゲ太郎」として、とんかつもフロアもアゲれる男になると決心するのでした。

二つの高き頂点を目指し、前代未聞の挑戦が始まった瞬間でした。

しかし、揚太郎は、今までとんかつもDJもちゃんと挑んだことがなく、何からやったらいいのか分からない状況です。

そのため、ハプニング連発の日々。

その都度、彼を救ってくれるのが「とんかつとDJの共通点」なのでした。

ビッグマスターが揚太郎に語りかけてくれたように、とんかつとDJには共通するものがありました。

例えばとんかつ屋では、接客において客が何を求めているかを探る「注意力と、それを延々と継続させる「ノンストップです。

それは、フロアに集まっている客が求めている曲を的確に選ぶ「注意力」、そしてレコードを回し続ける「ノンストップ」な進行と共通していて、DJにも必要なスキルなのです。

 

DJオイリーに師事しながら、猛修行の末、揚太郎は無事にDJデビューを果たします。

その後も、同世代のDJたちから刺激を受け、ともにプレイをして、切磋琢磨していきます。

揚太郎が出会う人やイベントによって得られる発見によって、彼は少しずつ成長していくのです。

 

ついに父・揚作からも認められ、経験とスキルを着実に上げる中、ある日揚太郎は、「とんかつもDJも自分のスタイルを見つけたい」という思いを抱きます。

そこで、「かつれつ黒門」のに相談すると、ある場所へと連れて行かれます。

それは、東京の有名とんかつ店が一堂に会する同業の集い「東都とんかつ登録店組合」、通称「東とん登でした。

そこで揚太郎は修行を積むのでした。

 

とうとう、国内最大級のフェスで「しぶかつ」を背負って、堂々のフード出店を果たした揚太郎。

DJでは、心のライバル・屋敷たちのステージでの活躍に圧倒されます。

さらに、最終日に大トリで参加していた、英国の大物DJの目にも止まり、なんと屋敷と共にロンドンへの誘いを受けることになります。

まさに、人生史上最大のチャンスです!!

そんな中、舞い込んで来たのは、父・揚作が店で倒れたという急報でした。

一転、実家のとんかつ屋を切り回しに帰京し、倒れた父の代わりに「しぶかつ」を回してピンチを救った揚太郎。

クラブでは、自分の気力を振り絞って、最高のプレイを披露します。

渡英が決まっている屋敷から、「羨ましい」とこれ以上にない賛辞をもらいました。

 

結局、自らの意志で、愛するホームタウン・渋谷で生きて行く道を切り拓きます。

そして、ずっと好きだった憧れの苑子に想いを打ち明けます。

しかし彼女から、福岡への帰郷、そして結婚を告げられるのでした。

彼女とは離れることになってしまい、恋は実ることなく終わります。

 

そんな中、東とん登が開催する料理フェスティバルが行われることに。

そこで揚太郎が企画したのは、とんかつとDJのMIXイベント「渋谷大とんかつ祭りJuicy&Crispy」でした。

揚太郎が繋いできたとんかつとDJの輪が一致団結して、イベントを盛り上げていきます。

そしてイベントは大成功に終わります。

揚太郎は、とんかつもDJもアゲれる男に成長したのでした。

 

スポンサーリンク

とんかつDJアゲ太郎【映画】原作の感想

とんかつやDJのことをよく知らなくても楽しめる作品になっています。

それはちゃんと随所で説明が細かくなされているので、どんどん知識がついてきます。

DJ用語やレコード紹介などのページもあって、見どころ満載!

どんどん揚太郎がとんかつ屋の息子としても、DJとしても、成長していく姿がかっこいいです。

ギャグシーンも感動シーンもあり、良いバランスでストーリーが展開されていくので、飽きずに読み進められます。

ぜひおすすめの作品なので、読んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください