ロコンドの急ぎません便は必要か?ネットの声まとめと配達現場はどうなる?

 

靴ファッションの通販サイト「ロコンド」が

急ぎません便』を導入したそうです。

 

スポンサーリンク

急ぎません便とは

 

ざっくり説明すると、

ロコントの配送サービスで、即日&翌日AMに届くのが「お急ぎ便」。

これに対して1日~3日後に発送されるのが「急ぎません便」です。

送料はお急ぎ便から100円割引された290円。

 

今はまだ東京都内の7区(港、中央、江東、千代田、品川、渋谷、新宿)のみですが

順に拡大していくそうです。

 

ネットでの反応は

 

賛成派の意見も多い中、様々な角度からの意見も。

 

 

 

 

 

 

結構みなさん、早い遅いよりも時間帯指定のことを気にされています。

確かに再配達問題にもかかわってきますから、時間帯指定の強化を希望する声が多いのは当然かもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

実際は

 

物流・配達業者としては?

 

私も配達の仕事にかかわっていました。

 

企業や店舗が相手だったので不在ということはまずないし、

もし何かの都合でいなくても、時間を見計らって

もう一度行けばほぼ受け取ってもらえたので、

個人宅相手のドライバーさんの事情までは深くわかりません。

 

ですがこの急ぎません便、

正直なところ現場ではあまり意味を持たないと思っています。

 

まずネットでの意見にもあったように

注文後1~3日後に発送では、配達業者の負担は何も変わりません。

発送が注文3日後だったら翌日配達するしかないです。

 

物流センターとしても少しは楽になるかもしれませんが、

結局、この荷物は今日でこの荷物は明日でとか

分けなければいけませんよね。手間です。

明日以降でいいとしても明日にはまた注文が入ってくるのだから

仕事が先延ばしになるだけ・・・のような気もします。

 

配達の現場もそうです。

明日以降でいい荷物は保管場所が必要です。

日にちも分けなければなりません。

 

明日になればまた明日の荷物が入ってきます。

昨日の先延ばしにした分にさらに上乗せされますね。

そこから荷物を掻き出して探して持っていかなければいけない場合も。

 

その次の日、その日の荷物がまた入ってきます。

 

・・・・の繰り返し。

 

その日来た荷物は、その日にお渡しできるのが一番ベストです。

 

お客さんとしては?

 

私自身、通販をよく利用します。

確かに急いで頼みたい荷物もたまーにありますが

急いでないモノが多いですね。

 

ヤマトとゆうパックは必ず早い時間に来ます。

ルート的に仕方ないのかもですが。

そのせいか毎回不在で再配達です。

 

それに対して佐川急便のお兄さんは

うちの不在時間をよく把握していて、朝は絶対来ません(笑)

でもおかげで再配達もほぼゼロです(‘ω’)

 

ヤマトやゆうパックに

再配達になってしまうのは申し訳ないなって

思いながら電話します(>_<)

 

その時いつも

「早くなくてもいいから夜配指定しとけばよかったな」

とか

「営業所止めにしておけばよかったな」

とか思います。

 

まとめ

 

自分の経験もふまえるとやはり問題は

再配達』なんだなとあらためて思いました。

 

でも、ロコンドさんの配達業者のことを

気にかけてくれている気持ちは伝わってきます(#^^#)

 

この気持ちが他の店舗さんに、お客様に伝わっていけば

配達・物流業界の現状も変わっていけるのかもしれません。

クロネコヤマト再配達の有料化の可能性はどのくらい?いつから適応される?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です