若者のファッション離れの理由は何?今どきの若者に人気のあるブランドは?

いよいよバーゲンの時期がやってきましたね!

ほしい物がたくさんあります。

こんにちは、aikoです。

 

本格的な夏に向けてバーゲンが各地で始まっていますね。

ほしかった服やアクセサリーなどがゲットできるチャンスではありますが、今世の中ではファッション離れ」が起こっています。

 

スポンサーリンク

年齢関係なく起こっている「ファッション離れ」

 

不況の影響もあってか年齢関係なく、ファッション離れが進んでいます。

18歳~64歳を対象に行った調査で一番節約したいと思うもの第1位に「ファッション」があげられていて、37.4%でした。

 

一番お金をかけているもの第1位は「食べるもの」。

69.9%という高い数字がでています。

 

 

スポンサーリンク

今の若者のおしゃれとは

 

年齢は関係なく・・・と言いましたが、やはり若者のファッション離れが顕著です。

どのような理由や背景があるのでしょうか。

 

「物」への意識の違い

シンプルで最小限なスタイルが流行っている現代。

今の若者が好むスタイルとして多いのは「無地」のものだそうです。

今の流通業界は大量流通が基本。

個性的なアイテムは減ってきています。

 

無地を好む理由にひとつに、「他人とかぶっていても気にならない」という深層心理があると思われます。

 

一昔前は服一着、靴一足でもそこそこいい値段がしました。

しかし今は量産性の時代。

ひとつひとつのアイテムの価格が低くなり、買いやすい価格設定がされています。

短いスパンでアイテムを変えていくのも特徴です。

「手に入りやすい」ため、物への執着は薄くなっているといえますね。

 

お金がない若い人たちが、気軽に買える低価格の物を買い求めるのは自然な流れであって、カジュアルなお手頃ファッションが流行るのは当たり前なのかもしれません。

 

 

ブランド品に対する意識の違い

 

今はネットで何でも買えます。

これまた昔だったら、「○○へ行かないと買えない」というプレミアがつきましたが、そこへ行かなくてもネットで買えてしまうため、憧れをもちにくいようです。

 

価値観も変わってきていて、今は「ブランドにこだわる」というよりはいろんなブランドを、ネットなどで形や色や機能、デザインなどを比較して自分の気に入ったものを買うスタイルが主流です。

 

「ブランドよりも自分のスタイルに合ったものを選ぶこと」

今の若者の意識はこの一言につきる気がします。

 

まとめ

 

「ファッション離れ」といわれるようになって結構経ちますが、若者がファッションに無関心なわけではないようです。

経済的にお金をかけられない事情ももちろんあります。

 

しかし実際は、若者にとっての「おしゃれ」は、手頃なアイテムをどう取り入れて楽しむかに変わってきたということだと思います。

 

昔は「いつか手に入れたいスタイル」と憧れるものだったとしたら今は「今すぐできるアイデアスタイル」になった

 

ということですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です