サラマンダーってトカゲなの?ウーパールーパーは?生態を簡単にまとめ

 

11月に入った先日、「幻のサラマンダー」が発見されましたね。

 

ジャクソンキノボリサラマンダー

1975年以来の発見で、絶滅したとさえ思われていました。

ジャクソン木登りサラマンダー・・・?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サラマンダーとは

 

・「サラマンダー」という言葉は本来、もっと大きい分類を示す言葉で、「イモリ」や「サンショウウオ」を含んだ非常に大きい分類である

日本語的にはサラマンダー=サンショウウオだが、厳密に言うとサラマンダー≠サンショウウオが正しい

・イモリもサンショウウオも、どちらも「有尾目」の両生類なのだが、

もっと深くまで掘り下げるとイモリは「イモリ亜目」、サンショウウオは「サンショウウオ亜目」に分類されている。

・イモリとサンショウウオは交尾の仕方が異なる

交尾・産卵の仕方の違いによって「イモリ亜目」「サンショウウオ亜目」のどちらに分類されるかが決定されるようだ。

引用元:週刊イモリ

 

 

簡単にまとめると「サラマンダー」とは

  • 両生類
  • しっぽがある。
  • 日本のサンショウウオの仲間ではないことがほとんど。
  • 陸に棲むしっぽがある種類→サンショウウオ
  • 水に棲むしっぽがある種類→ニュート(イモリ)

 

ジャクソンキノボリサラマンダー

 

キレイな黄色い体であることから「Goldenwonder」とも言われています。

 

この生態についてはなにもわかっていないのが現実だそうです(・_・;)

生息地すらわかっていないのだとか。

 

今回発見されたのは中央アメリカのクチュマタネス山脈

クチュマタネス山脈は高い山の斜面や台地に湿潤広葉樹林や低木林があります。

これも思っていた所とは違う場所での発見だったそうです。

 

このジャクソンキノボリサラマンダーは

足に吸着性があって木の上のほうの覆い茂っている所へ登っていけるようです。

 

それくらいしかわかっていない神秘的な子です( *´艸`)

 

メキシコサラマンダー


いわゆる『ウーパールーパー』です。

別名メキシコサンショウウオ。

 

よく見るピンクっぽい色のウーパールーパーは

実はアルビノなんです。

アルビノをペット用に繁殖させたものがあの姿。

 

元々の生息地メキシコにいるウーパールーパーは

黒っぽくてかわいいとは言い難い姿です。

生きていくためにはその方がいいのですが、

同じウーパールーパーとは思えないような・・・?

  • 子どもの姿のまま大人になる
  • 全長10-25センチメートル
  • 湖に生息
  • 動物を食べる。魚・虫・甲殻類・ミミズなど。共食いもアリ。
  • 協調性が悪い

 

サラマンダーはトカゲか

 

サラマンダーはトカゲではありません

 

サラマンダーとまとめられるサンショウウオとイモリは両生類

トカゲは爬虫類です

 

トカゲは両生類から進化して陸で生きるようになった爬虫類。

サンショウウオは魚類から進化して陸で生きるようになった両生類。

 

まとめ

 

絶滅していたと思われていた種が何らかのきっかけで発見されたのは

何か地球からのメッセージなのかもしれませんね?(壮大過ぎw?)

ニホンカワウソとユーラシアカワウソの違いは何?動物園や水族館にいるのは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です