ニホンジカの生息地域や生態は?駆除するハンターが少ない?

 

佐賀に「いないはず」のニホンジカが佐賀県伊万里市の山林で発見されましたね。

 

・・・というか、佐賀県にはいなかったんですか?!

 

今まで見つからなかった方が不思議な気がします。(・_・;)

 

 

スポンサーリンク

ニホンジカの生息地域

 

ニホンジカは九州の至るところで目撃されています。

長崎県・大分県・福岡県・大分県・宮崎県・・・

 

佐賀県佐賀市の古湯温泉近くで夕方シカの鳴き声を聞いたという情報もあります。

 

九州はどの県も陸続き。

山間部を越えて佐賀県にいても全然おかしくないですね。

 

しかもシカは海を渡って泳いでくるそうです!

スゴーイ(*_*;

 

中国や北朝鮮・東南アジア・オーストラリア・ヨーロッパなどにも生息しているのでもしかしたら海を渡ってきた可能性も・・・?

 

 

種類

 

ニホンジカといっても種類はたくさん。

日本国内に棲むニホンジカは7つに分類されています。

  • エゾジカ
  • ホンシュウジカ
  • キュウシュウジカ
  • マゲシカ
  • ヤクシカ
  • ケラマジカ
  • ツシマジカ

北に棲むシカほど体が大きいです。

 

外国に棲むニホンジカもいれるともっとたくさんの種類があります。

 

今回見つかったニホンジカはどの種類だったのかの情報は出てきていませんが、

おそらくホンシュウジカキュウシュウジカでしょう。

それがわかればどこから来たのかわかるかもしれませんね。

 

ちなみに奈良公園のシカはホンシュウジカ♪

↓↓↓奈良公園で子連れでのお昼ご飯はどうする?平日の駐車場とお店情報も

奈良公園で子連れでのお昼ご飯はどうする?平日の駐車場とお店情報も

 

 

ニホンジカの生態

 

・常緑広葉樹林や落葉広葉樹林、草原などに生息する

・完全に森林から離れることはなく、森林の周辺・森林内に草地が点在する環境を好む

・雌雄別々に群れを形成する

・生後2年以上のオスはオスのみで群れを形成する

・最高寿命はオスは約15年、メスは約20年

・狩猟期は夜行性

・オスは「フィー」と聞こえる鳴き声を発し求愛を行う。

・植物食で、草や木の葉、ササ、果実などを採食

引用元:Wikipediaより抜粋

 

スポンサーリンク

猟師(ハンター)について

 

シカなどの「害獣」を国や自治体からの依頼・指示で捕獲駆除するのハンターです。

 

男性だけでなく、近年は女性のハンターも増えているそう。

 

国や自治体はニホンジカやイノシシの生息数を平成35年度までに半減するのが目標です。

 

 

ハンターになるには

 

ハンターになろう!と、思われたら心構えも必要です。 安全に対する知識と技術の向上は言うまでもなく、有害鳥獣の捕獲や駆除方法などは教科書では学べない、「猟師の経験や勘」といった、研ぎ澄まされた技を取得しなければなりません。それゆえ、「一流のハンター」と呼ばれ、自立するまでに10年以上の経験が必要となる職業でもあるのです。

引用元:http://www.huntingclub.jp

ハンターは「銃」だけではありません。

」「」「」の3種類あります。

 

コストは

 

狩猟の種類や道具などによって違ってきます。

 

手続き代・道具代・消耗品代などを合わせて初期投資の目安としては30万円くらいだそうです。

 

狩猟を継続していくために、消耗品費用・狩猟免許の更新代・会費など維持費も必要になります。

 

収入は

 

専業でハンターをされている方は稀でほとんどは兼業ハンターだとか。

 

収入もボランティアという方もいるぐらいで、期待しない方がいいくらいだと思った方がよさそうです。

 

現状は

 

ハンターのだいたいが高齢者。

60歳以上が60%以上。

 

  • 1970年 53万人
  • 1990年 30万人
  • 2010年度 19万人

というデータもあります。

 

しかし駆除数はハンター数に反して増えているのだとか。

なぜでしょうか?( ゚Д゚)

 

答えはシカやイノシシが激増えしているから!!!

 

そうなんです、激増えしてるんです。

だから仕留めても仕留めても追いつかないんですね(>_<)

 

 

まとめ

 

オオカミを絶滅させてしまったことが原因で増えてしまった「害獣」。

人間のせいといえばそれまでですが、何か共存できるいい方法があればいいのにと思ってやまないaikoです。(>_<)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です