トランプ大統領は韓国に原子力潜水艦(原潜)を売るか売らないか考察!

 

トランプさんが訪韓しましたね。

 

韓国はアメリカから原子力潜水艦を購入しようと交渉を始めたそうです。

 

トランプ大統領はもともと経営者。

商人の顔を見せることもしばしば。

 

今回のこの話はどうなるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

世界の原子力潜水艦の保有について

 

世界の5大核保有国であるアメリカロシア中国イギリスフランス

 

5国とも自国製SSBNと呼ばれる「SLBN搭載原子力潜水艦」を保有・配備しています。

(※SLBN=潜水艦発射弾道ミサイル)

 

SSBNは

静かで誰にも悟られずに長期航海ができる大型潜水艦で発見・撃沈されるのはとても難しいのです。

もしか国土が先制核攻撃されたとしても生き残って復讐することができます。

 

現在、ブラジルがフランスの協力を得て原潜を建造中

インドがロシアから10年契約で原潜をリース中です。

原子力潜水艦(原潜)の値段はいくらぐらい?維持費はどれくらいかかるの?

 

原子力潜水艦のメリット・デメリット

 

メリット

  • 2年以上10万海里以上の長期間・長距離をもぐったまま行動できる
  • 燃料切れがない
  • 燃料を気にする必要がないので、思った速さで好きなだけ動くことができる。
  • 出力が大きいので大型艦にすることができるため、武器がたくさん積める。
  • 電気が作り放題なので艦内が快適!

 

デメリット

  • ディーゼル潜水艦より騒音が大きい。
  • 排熱も激しいので浅い海では見つかりやすい。
  • ランキングコストが高い

 

 

スポンサーリンク

ネットの声を参考に勝手に考察

 

原潜は基本、輸出禁止です。

 

アメリカが潜水艦用の原子炉技術を提供したのは1度だけ

イギリスが最初の原潜を造った時だけです。

簡単に外へ技術を提供することはありません。

 

ましてや今回の交渉相手は韓国。

レッドチームと言われている国にさすがのトランプさんも易々と話を進めることはないと思います。

 

韓国はブラックボックスを分解するという前科がありますし、原潜は国の最高機密です。

韓国だけでなく、もしかしたら北朝鮮にも機密情報が洩れる可能性も・・・。

 

アメリカが「現役使用」を目的とした輸出をするとは思えません。

 

というか、売らないで!!(≧◇≦)

ダメ、絶対!

 

 

まとめ

 

北朝鮮のミサイル問題で世界中が緊張しているような感じですね。

 

強力な兵器が至るところに配備されてホントいつ死んでもおかしくない世の中に「また」なってきてしまいました(>_<)

 

子どもたちに世代交代するときは穏やかな世の中を渡してあげたいですね。

日本の潜水艦救難艦はどんなところがすごい?海自の救難レベルはどれくらい?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です