上白石萌音と萌歌姉妹のピアノのレベルはうまい下手どっち?連弾はある?

 

『君の名は』の宮水三葉役でブレイクした上白石萌音さんと

「午後の紅茶」のCMでおなじみの上白石萌歌さん。

 

お気づきの通り、この2人は姉妹です。

 

2018年6月から公開する映画『羊と鋼の森』。

 

この映画で姉妹共演が実現します!

 

宮下奈都の同名小説を映画化する作品。北海道の田舎で育った主人公・外村直樹が、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎と出会ったことをきっかけにピアノの調律に魅せられ、調律師を目指して成長していく様を描く。

主人公の外村直樹役は山崎賢人さん。

調律師の板鳥宗一郎役は三浦友和さん。

 

上白石姉妹は

山崎さん演じる外村が調律師として駆け出しのころに出会い

外村の調律師人生を大きく変える高校生ピアニスト姉妹の役

 

お姉さんの萌音さんは佐倉和音役

妹の萌歌さんは佐倉由仁役

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピアノは弾けるの?

 

上白石姉妹のご両親はどちらも先生。

お父さまは社会科の先生で、お母さまが元音楽教師でピアノの先生

 

姉:萌音さんは

 

お母さまの元、ピアノに触れていたのかはわかりませんが、

萌音さんは3歳の時からピアノを習っていたそうです。

先週が厳しくて小学校1年生の頃に断念してしまったそうですが、

中学2年のころから再びピアノを弾くようになったとか。

 

3歳から小2(7~8歳)まで4~5年弾いていたのなら基礎はできているはず。

基礎があれば再びピアノを弾くことは難しくありません。

 

萌音さんのピアノレベルは結構なものだと思われます。

 

妹:萌歌さんは

 

一方の萌歌さんは踊ったり歌ったりはするようですが

ピアノはやったことがないようです。

 

今回のこの映画のために特訓したそう(#^^#)

 

経験者の萌音さんほどではないにしろ、

特訓の成果に期待できそうですね♪

 

映画で連弾あり!

 

静かで力強い音を奏でる姉と

明るく弾むような音色の演奏をする妹が

ひとつのピアノでどのような音色を生むのか・・・

 

連弾は自己主張ばかりでは成り立ちません。

メロディを奏でる方を一方がサポートしたり、

2人で合わせて新しい音色を生み出したりと

協調性が必要です。

 

そこはなんといっても実の姉妹!!

心配ないですね( *´艸`)

 

まとめ

 

2018年6月公開の『羊と鋼の森』。

 

主役のイケメン山崎賢人さん。

上白石姉妹の初共演&連弾。

自然豊かな北海道旭川を中心とした撮影。

 

見どころたくさんで公開が待ち遠しいですね!!

\(^o^)/

 

 

映画羊と鋼の森の結末ネタバレ!感想や原作との違いについても

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です