緒方夕佳議員の問題点とどんな方法を取ればよかったのか考察まとめ!

 

今、日本全国で世界で緒方夕佳議員が取った行動に

良いも悪いも注目が集まっていますね。

 

11月22日の熊本市議会の定例会で

緒方夕佳議員が7か月の子ども同伴で議席へ着きました。

 

11月22日、緒方市議は長男を連れて議場に入ったが、議員以外が議場に入ることは禁じられているため、議長らが緒方市議を別室に呼び説得。緒方市議は長男を友人に預けることとなったが、市議会は約40分遅れて開会されることになった。
この騒動をめぐり、市議という立場にありながら規則に違反し市議会を混乱させたとして緒方市議を批判する声もある一方、行政による子育て支援対策が遅れている問題に一石を投じたとして評価する声もあり、賛否両論の議論を呼んでいる。

引用元:http://biz-journal.jp

 

問題提起に一躍かったとの評価もありますが

やはり批判意見のほうが圧倒的に多いのが現実です。

ネットも炎上していますね。

 

私自身も母である以上、

子育て問題は自分の問題でもありますし

もどかしい現実もたくさんあり、何とかならんかなと思うところはありますが、

緒方議員の今回の行動には違和感を覚えました

 

なので

何が問題だったのか

どういういった形で訴えていったらよかったのか

考えてみました。

 

スポンサーリンク

子どもを同伴した理由

 

女性が仕事を両立する難しさを見せたかった

というのが、今回の子連れ出席の理由です。

 

緒方議員は

子育ては『個人的なもの』と問題の規模を小さくされてしまって、

どんなに訴えても前に進まない

というところから

私と赤ちゃんが座っているその存在自体が、一番強く訴えられるのではないかと思った

ということです。

 

問題点は

 

「議会傍聴規則で傍聴人は会議中に議場に入ることができない」という規則に違反。

 

議員の子どもでも傍聴人とみなされるので入場できません。

 

事務局に託児所を設置するか同伴での出席を許可するか要望していたが、いい回答がもらえなかったため同伴を強行

 

これが一番の問題点かもしれません。

 

事務局によると、今年1月ごろ緒方議員から

「子どもを連れて議会に参加したいので託児所を作ってほしい。

ダメならベビーシッター代を公費で出してほしい」と要望があったそうです。

 

市民が子どもを預けるときは個人的にお金を払っていることを挙げて

「議員のために税金で作ることはできない。個人で預けてほしい」

と回答したよう。

 

いい返事がもらえなったから議場に連れていったのは

子どもをダシにするなと言われても仕方ないです。

 

パフォーマンスにしかみえない?

 

やったもん勝ちのような「パフォーマンス」にしかみえないのかも?

 

 

スポンサーリンク

どうすればよかったのか

 

子どもを預ける

 

市議の給与はひと月約70万弱

十分にベビーシッターを雇える額です。

「ベビーシッター代を公費で出してほしい」と要望するのはちょっとどうかと思いました。

 

保育園には入れてないのでしょうか?

入れていたとしたら保育料がかかりますよね。

私たちは自費で保育料を払っています

「議員の保育園代も公費で」と要望するのでしょうか?

 

事務局が「税金を出すことはできないから個人で預けてくれ」と言ったのは正論だと思います。

 

やはり一般市民と同様に、保育園やベビーシッター等にあずけてから議会に参加するべきでしたね。

 

ルールを守る

 

「規則」があるのならそれに乗っ取って、社会的ルールを守った上で意思を表す

その「規則」が間違っていると思うなら改正するよう働きかけるのが議員の仕事ですよね。

 

要望書を委員会に提出する方法もあります。

委員会に出なくても可能です。。

 

そして「規則」を改正してから赤ちゃんを議場へ入れるべきだったと思います。

 

 

保育所などの環境つくり

女性進出を目指しているのなら

市民が安心して預けられる場所を提供できるように

保育施設の増設などに力を入れるべきかもしれません。

 

飛び石連休の藤井ペイジさんはTwitterで

赤ちゃんがいても働きに出やすい世の中にする事と

どんな職場にも赤ちゃんを連れて入れるようにすることは話が違う。

誰でも安心して気軽に使える託児所がほしい

と発言しています。

 

議員の「公費で」=市民の「無料」を求めているのでしょうか?

世の中は保育所の無料化を求めているわけではありません。

保育園の保育枠から落ちることなく、いつでも預けることができる場所を求めているのです

 

 

まとめ

 

緒方議員の最終目標は、子ども同伴での議会出席ではないと思います。

 

国会には託児所等があるのだから熊本市議会にも取り入れてほしい

女性議員が無理なく議会に参加できるようにしたい

 

こういう思いがあの行動につながったのでしょう。

 

澤田議長は「子育てが大変で思い詰めた部分もあったのだろう。子連れでも議会に参加できる仕組みを考えたい」と述べ、近く開く議会活性化検討会で議論する方針を示した。

引用元:https://mainichi.jp/

 

熊本市は理解があるように感じます。

緒方議員の行動も無駄ではなかったかな?

 

今後より良い日本になっていくことを期待します(#^^#)

熊本の緒方夕佳議員はなぜ子連れで議会に来たのか?理由を考察

熊本の緒方夕佳議員がなぜこんなに批判されるのか理由を考察!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です