熊本の緒方夕佳議員がなぜこんなに批判されるのか理由を考察!

 

 

今、「子連れ出席」で話題を集めている熊本緒方夕佳議員。

11月22日に開会した熊本市の定例市議会に、生後7カ月の長男を抱いて議場に入った緒方夕佳議員。結果として子どもを連れての出席は認められず、議会の開会は40分ほど遅れた。その行動には、賛否両方の意見が集まった。熊本市議会は、文書による厳重注意処分を決めた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

この行動に対してたくさんの意見が出ていますね!!!

 

女性が働きやすい社会になることを目標に活動されてきた緒方議員。

 

「自分のもとには子育て世代の悲痛な声が届いているけど何とか伝えたい。

言っても言っても聞いてもらえなかった」と言っています。

 

子育てと仕事の両立に苦しむ女性の悲痛な声を可視化したかった」そうです。

 

母子を分離させないで一緒に働ける選択肢があってもいい。子育て世代と連携しながら継続的に働きかけたい」

ともコメントしています。

 

熱い思いを抱いているように思えますが、彼女への世間の批判はすごいです。

もちろん賛同意見もありますが。

 

これまで緒方議員寄りの記事も出回っていましたし、

今回の行動についての理由や、緒方議員の思いや熱意なども

ネットやメディアを通じて世間に伝えられているはずです。

 

それなのに、なぜここまで批判されているのでしょうか?

スポンサーリンク

世間が批判的になる理由は?

 

ネットの意見を中心にまとめてみました。

この3つが多数を占めていたように思います。

 

議員の給料

 

まず議員の給料の額です。

熊本市議への報酬は月に約70万弱

これはもちろん税金から支払われています。

 

ひと月にこれだけもらえているのならば

十分ベビーシッターを雇えますね。

 

緒方議員は

議会場に託児所を設置してほしい。

ダメならベビーシッターを公費で手配してほしい。

と頼んでいたようです。

 

ここが一般市民からしたら「は?」となる部分でしょう。

「私たち、自費で預けてますけど?!」って。

 

無報酬ならまだしも税金で給料もらってるんだから

自費で出すの当然でしょってなりますよね・・・(>_<)

議会場に傍聴者や来訪者や議員が利用できる託児スペースを作ることが

緒方議員の目的でもあるので、

無料で使える託児所を目指して「公費で」と要望したのかな・・・?

 

「ルールを破った」こと

 

マジメ気質の日本においてルールを守ることは当たり前。

世間ではやはりルールを破ったというイメージが強いです。

 

熊本市議会の会議規則は

「本会議中はいかなる理由があっても議員以外は議場に入ることができない」

とされています。

 

緒方議員は規則も読み込んだ上でルールは破っていないと主張

赤ちゃんは傍聴人ではない」という見解です。

 

スポンサーリンク

子連れで仕事するの?

 

働く女性は保育園などに預けて働くのが一般的です。

 

母子を分離させないで一緒に働ける選択肢があってもいい」というのも

緒方議員の目指すところ。

 

しかし、赤ちゃんを連れてできる仕事は限られていますよね。

もしかしたら赤ちゃん連れでは出来ない仕事がほとんどかもしれません。

私がしている仕事も子供は連れていけません。

 

こんな意見もありました。

確かに、子連れ出勤が可能になったとしても連れて行こうとは思わない人が多い気がします。

 

議会の期間は90日。

毎日長時間あるわけではないですよね?

今回のこの騒動の時の議会も15分くらいの予定だったそうだし・・・

(てか、議会15分で終わりなの?と思ってしまいました(;’∀’) )

 

まとめ

 

緒方議員は3つほど考えていることがあるそうです。

 

子どもを議場に連れていけるようにすること。いつでも授乳したり、赤ちゃんを抱っこできる。

②議会に託児所を設置すること。

③子育て世代・障害がある方(病気治療中の方も当てはまる)など、

どうしても議会に出席できない時には、市民の代弁者である議員の意見がきちんと反映できるシステムを作る。

 

 

幸いにも、議長が理解を示してくれています。

今後の緒方議員の動きにもまだまだ注目ですね( `ー´)ノ

熊本の緒方夕佳議員はなぜ子連れで議会に来たのか?理由を考察

緒方夕佳議員の問題点とどんな方法を取ればよかったのか考察まとめ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です