実写版海猿と続編はもう観られないの?DVDレンタルも出来なくなる?

 

海猿』大好きでした!\(^o^)/

 

『海猿』原作者の佐藤秀峰がツイッターにてつぶやきました。

海猿がネットやテレビで配信されることは永久にないと。

 

2012年、佐藤氏とフジテレビの間でトラブルがあり、「関わる気はない、続編もあり得ない」と佐藤氏。

 

しかし3年後の2015年

フジテレビから正式に謝罪があったと報告、和解が成立しました。

 

もしかしたら続編もみれるかと期待していたところへ今回の10月で契約終了との報告。

 

『海猿』ファンとしては悲しい限りです・・・(T_T)

 

スポンサーリンク

佐藤氏とフジテレビに何があったのか

 

佐藤氏は元々アポなし取材が大嫌いのようです。

そこへフジテレビがアポなしに事務所へ突然取材に訪れたことに激怒しました。

 

さらにフジテレビは無断で海猿関連書籍の販売をしていました。

 

この2つが佐藤氏を怒らせてしまった事件です。

 

 

レンタルも出来なくなるのか

 

 

気になるのが、

DVDのレンタルや販売がも今後なくなってしまうのか?」ということ。

 

地上波でのテレビ放送やネット配信は契約終了のためなくなります。

レンタルなどはどうなるのでしょうか?

 

現在は

 

AmazonプライムビデオやHulu、U-NEXTのネットレンタルは、借りられます

『海猿』で検索したら出てきましたから。

 

ネット配信は行われないとありましたが、お金を出せば見れるということでしょうかね。

 

11月末現在では、レンタル屋さんにもあるようですよ。

 

ですが、こう話題になると人間観たくなるものです(笑)

もしかしたら全部借りられてる可能性もありますね((+_+))

 

未来は

 

 

今はまだ、限定された視聴手段とはいえ観ることができますが、佐藤氏は徹底的に突き進む方のようなので、もしかしたらいつの日か、今回のように突然、「世の中から実写版『海猿』撤退させます!!」なんてこともある可能性大ですよね・・・・(>_<)

 

どうしても観られなくなるのが嫌な方は今のうちにDVD買っといた方がいいかもですよ??

 

ちなみに『海猿』大ファンの私は映画のDVD、持ってまーす( *´艸`)

 

 

スポンサーリンク

初代 仙崎大輔は国分太一だった?

 

『海猿』の主役の仙崎大輔は伊藤英明さんというイメージがとても強いのですが、実は初代の仙崎大輔はTOKIOの国分太一さんだったんですよ!

 

しかもテレビ局はNHK

2002年と2003年に単発で2回放送されました。

海難事故を中心に、日夜日本の海上を守る海上保安官。そんな仕事について間もない仙崎大輔(国分)は、ある日漂流するプレジャーボートを発見。中には夫婦と子どもの遺体が……。“自殺”として処理されたが疑問が残る仙崎。新米記者の浦部美晴(永作博美)とともに、事件の真相を追う。

引用元:https://okmusic.jp

環奈に相当するのは美晴。

相手役は永作博美さんでした。

ストーリーもサスペンスだったようです。

 

まとめ

 

『海猿』ファンはたくさんいるのでせめてレンタルだけはこの先も残してほしいですね(≧◇≦)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です