あたしおかあさんだからの絵本作家のぶみはどんな人?好きか嫌いか評判は?

 

>>>あたしおかあさんだから歌詞 

元うたのお兄さんである横山だいすけさんと絵本作家であるのぶみさんがコラボして発表した歌です。

 

今この歌、すっごいうわさになってますね!!

 

私もこの歌詞見た時、ナニコレ?と思いました。

反響が大きくて当然の内容ですね。”(-“”-)”

 

最初、『おかあさんといっしょ』で流れているのかと思いましたが、よく考えたらだいすけお兄さんは今は歌のお兄さんではありませんでした。

よかったの一言です。

 

日本中のママたちに聞いた話を基につくった曲とのこと。

感動・・・・できますか??(>_<)

 

批判的なことは基本書かない私ですが、何が感動できる部分なのか全く分からず・・・。

 

「あたしおかあさんだから」はHuluで独占配信されている番組「だい!だい!だいすけおにいさん!!」の第9回

「できるんニャーの『おんがくたい』ニャー!」のエンディングで披露。

引用元:ねたらぼ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

のぶみ氏はどんな人?

 

のぶみさんは絵本作家です。

 

はじめ私は名前やお顔や歌詞の内容からして独身の女性かと思っていましたが、意外にも2児のパパでした。

 

1978年生まれ。

私と同年代なのか…。

 

小学校でいじめにより自殺未遂2回、中学校では引きこもり。

高校時代では不良、暴走族の総長になる。

逮捕歴もあるようです。

 

絵本作家とは思えないような経歴の方ですね。

 

この経験らが、刺激の強い絵本の内容に影響しているのは言うまでもないかもしれません。

 

講談社から出ている絵本:『ママがおばけになっちゃった』シリーズシリーズ累計54万部を突破。

 

『しんかんくん」シリーズも人気があります。

 

170冊以上の絵本を出版。

『情熱大陸』にも取り上げられました。

 

のぶみさんは読者からの好き嫌いがはっきり分かれます。

大絶賛をする人がいる一方で、どうしても好きになれないと嫌悪感をあらわにする人も。

 

自分の世界観が強い方なので共感できる人は少ないのかもしれないですね。

 

まとめ

 

この『わたしおかあさんだから』に対抗?して『わたしおかあさんだけど』のハッシュタグが作られ、

多くの書き込みがされています。

批判の声しか聞こえてきません(=_=)

 

だいすけお兄さんはこの歌を歌うことをなぜ引き受けたんだろう?

ホントに歌いたかったのかな・・・(>_<)

 

母として悲しい気持ちにさせられる歌だったのが残念でした。

のぶみのあたしおかあさんだからの歌詞はどこが嫌い?共感できるところは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です