恵方巻は来年は売り切れ続出?年4回もあって大量廃棄は大丈夫?

 

毎年、節分になると現れる恵方巻

食べましたか?

 

だんだん節分よりも恵方巻のほうが目立ってきて

『2/3は恵方巻の日』みたくなってきていますね(>_<)

 

スポンサーリンク

恵方巻とは

 

節分にその年の恵方(吉方)を向いて食べると縁起が良いとされる太巻き寿司。丸かぶり寿司、恵方寿司とも呼ばれる。「縁を断ち切らない」ように切り分けず、無言で願いごとをしながら1本を丸かじりするのが習わし。七福神にちなみ7種類の具材を巻き込むことが望ましいとされる。正確な起源は不明で、江戸時代末期に大坂の船場で商売繁盛の祈願として始まった風習を発祥とする説など諸説ある。

引用元:コトバンク

 

戦中戦後はすたれていたこの風習ですが、

1970年代に入り、大阪海苔問屋協同組合が

「節分の夜、恵方に向かって無言で家族揃って

巻き寿司を丸かぶりすると必ず幸福が回ってくる…と昔から言い伝えられています」

というチラシを寿司屋に配ります。

大阪では2/3に『幸運巻き寿司』として太巻きを販売しました。

 

1977年大阪・道頓堀で「巻きずし早食い競争」が開催。

マスコミによって全国に知れ渡るところとなりました。

 

その後1983年

ファミリーマートが『恵方巻』として大阪・兵庫で販売。

1989年より

セブンイレブンが恵方巻を順に全国展開させた

とされています。

 

問題点

 

 

冬の1つのイベントとして定着した一方で

大量生産による大量廃棄が問題になっています。

 

確かにコンビニ行くとスゴイアピールですもんね…(>_<)

 

前年の売上分よりも多くの量を用意するのが『常識』だそうです。

 

そんな中、増量販売をしないと宣言したスーパー、

ヤマダストアーさんに多数の称賛の声が!!

 

しかもヤマダストアーさん

8店舗中5店舗が完売、売れ残った店もあるようですが

若干数とのこと。

 

去年買った人は今年も買うだろうし

売り切れちゃうと思うと人は買い込みたい衝動にかられますから

そのあたりでうまくお客さんを取り込んだということもあるでしょうね。

 

この動きを見て

もしかしたらコンビニも

来年は「予約販売のみ」とか

去年の売れた本数のみのご用意

とかに変わるかもしれませんね?

 

というより

それで十分だし、そう変わってほしい!!

 

来年の売り切れ続出に期待します(笑)

 

スポンサーリンク

夏にも恵方巻

 

ちなみにコンビニでは

夏にも恵方巻を販売していること知ってますか?

 

夏は予約販売だけのようなので

冬の恵方巻のような大量廃棄には至らないはずですが。

 

年4回の恵方巻

 

もっといえば節分は年4回あります。

立春2/3・立夏5/4・立秋8/6・立冬11/6の4回。

 

ローソンは年4回恵方巻の販売

2015年ころから行っています。

 

2月以外は予約販売のようですね。

 

店頭へ行けば返る2月に比べれば食品ロスは少ないでしょうが、

年に4回もやる必要ないんじゃない・・・?(=_=)

 

2月に1度だけ予約販売で恵方巻売るだけでよくない?

 

まとめ

 

大量の廃棄処分には費用も莫大。

でも売り上げの中に、廃棄処理代が最初から組み込まれているそうです。

最初から廃棄も視野に入れて売っている

なんてもったいないの一言!(>_<)

 

でもこういうシステムだから商売が成り立って

毎年、大量の恵方巻が現れるのです。(恵方巻だけじゃないけど)

 

世の中の仕組みが変わるくらいのことをお店がしないと

何も変わっていかないのでしょうね。

 

それを考えると

ヤマダストアーは素晴らしい★

 

食品ロスの対策はどんなこと?今の現状と世界での取り組みとは

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です