岩野桃亜(もあ)選手は韓国のハーフ?ジャンプが得意で4回転サルコウは跳べる?

 

平昌オリンピックが終わりましたね。

今回の女子フィギュアスケートの結果は

4位 宮原知子

6位 坂本花織

 

ちょっと残念な結果ではありましたが素晴らしい演技でしたね!

お疲れさまでした~\(^o^)/

 

しかしゆっくりもしていられません!

もう次のISU世界フィギュアスケート選手権2018 が3月21日から始まりますよ!

 

 

さて。

次の冬季オリンピックは2022年北京

 

ノービスクラスの9~12歳、

ジュニアクラスの13~18歳

の多くの有望選手が北京オリンピックを目指しています。

 

その中からISUジュニアグランプリ オーストリア杯で6位だった岩野桃亜選手を取り上げます♪

 

 

スポンサーリンク

岩野桃亜選手について

 

 

岩野桃亜(いわの もあ)

2004年3月20日生まれ

韓国出身

159センチ45キロ

活動拠点:大阪 (関大リンク)

 

趣味はショッピング・音楽鑑賞・料理

 

憧れのスケーターは

キムヨナ・浅田真央・高橋大輔・ハビエル・フェルナンデス

 

戦績

 

2017 バヴァリアンオープン 優勝
2017 第37回全国中学校スケート大会 16位
2016 全日本ジュニア選手権 15位
2016 全日本ノービス選手権(A) 2位
2016 アジアンオープントロフィー(A. Nv.) 3位

2015 全日本ジュニア選手権 19位
2015 全日本ノービス選手権(A) 3位
2015 アジアンオープントロフィー(A.Nv) 3位

2014 全日本ノービス選手権(B) 優勝

2013 全日本ノービス選手権(B) 2位

 

引用元:http://skatingjapan.or.jp

・2017年8月

ISUジュニアグランプリ オーストリア杯で6位

 

 

岩野桃亜選手はハーフ?

 

桃亜選手は韓国の出身です。

 

ソウルで生まれて、

7歳の時に神戸へ移ってきました。

 

日韓のハーフ

韓国語・日本語・英語が話せるそうです。

 

お父さんが日本人、お母さんが韓国人との情報もありますが残念ながらはっきりした情報ではありません。

 

スケートを始めたのは3歳。

初めて大会に出たのは7歳とのこと。

 

日韓のハーフなら二重国籍者となります。

なので韓国・日本のどちらの代表を目指してもいいことになりますが、桃亜選手は日本代表を目指して日本で活動しています。

 

日本も韓国も女性の場合、国籍は22歳までにどちらかに決めなくてはいけません。

 

このままいけば岩野選手は「日本人」になるのかな?

 

土壇場で「韓国人」になったらビックリですね~(笑)(;’∀’)

 

 

在日韓国人のうわさもあったりしますが情報がつかめませんでした。

ごめんなさい(/ω\)

 

 

スポンサーリンク

 北京へ行けそう?

 

北京を目指せそうな選手として今挙げられているのは

 

三原舞依、坂本花織、樋口新葉、本田真凜、住吉りをん、白岩優奈、紀平梨花、松岡あかり、岩野桃亜

 

本田望結も同世代ですね。

 

 

得意技は

 

桃亜選手はジャンプが得意です。

 

フリーレッグ(氷に接していない方の足のこと)の処理や美しい身のこなし、ジャンプが安定すれば上位に行ける選手。

 

コーチは長光 歌子

かつて高橋大輔を指導したコーチです。

チーム長光に元全日本王者の本田武史もいます。

 

 

「表現などの細かいところまで気を付けて練習している」とコメントしている長光コーチ。

 

今は4Sと3A に取り組んでいるようです。

4S とは4回転サルコウ

3Aとはトリプルアクセル

 

4回転サルコウを試合で成功させたのは安藤美姫選手だけ

紀平梨花選手も2017年に合宿にて成功しました。

桃亜選手もこの2人に続いてほしいですね!

 

 

近いうちに北米に拠点を移すか考えているようですよ。

 

振付師は元フィギュアスケート選手の鈴木明子さん。

桃亜ちゃんは氷上の女優です」と鈴木はEメールでの取材に答えてくれた。「彼女は百万通りもの表情を持っているので、たくさんの役柄を演じ分けることができます。それに、彼女は観客を惹き付ける魅力と、素晴らしいジャンプの技術を持っています。ですから彼女には総合的に高いレベルのフィギュアスケートの技術があると言えます」

「彼女がさらにスピードを身に付ければ、もっと良くなると思います」と鈴木は付け加える。

引用元:http://mizuchi2001.blog.fc2.com

 

4回転サルコウが跳べてスピードが付いたら、北京がグッと近づくかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

住吉りをん選手と松岡あかり選手と岩野桃亜選手でジュニア1年目の御三家と呼ばれています。

 

これからの成長に期待度120%です!!!\(^o^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です