映画未来のミライのくんちゃん4歳はモデルがいる?どんなキャラクターか考察

 

『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『時をかける少女』を手掛けた細田守監督が今年、『未来のミライ』を制作中です(^^)/

 

今回も細田守監督のオリジナル作品

原作の小説はマンガはありません。

 

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。

そんな時、くんちゃんが出会ったのは、未来からやってきた妹、ミライちゃんでした。このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。

それは、誰も観たことのない、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした―

引用元:https://www.animatetimes.com

 

 

 

 

スポンサーリンク

くんちゃんのモデルはいる?

 

細田監督自身、5歳の男の子と1歳の女の子のお父さんだそうです。

今回は『きょうだい』の話。ウチの下の子が生まれた瞬間から始まった、親の愛、特に母親の愛をめぐる争奪戦を見て、愛を奪われた人間は、こんなにもひどいことになるんだと思ったんですよ(笑)。やっぱり、人間は、愛が無くては生きられないんだなって。でも、きょうだい間での愛を巡る話の場合、愛を失った方はどう考えて、どういう結論を出すのだろう。そういう話なんです。

引用元:https://www.excite.co.jp

 

『未来のミライ』のストーリーのアイデアは監督自身の体験から生まれたというところから、くんちゃんのモデルは監督の息子さんなのかなと思います。

 

もちろん、息子さんそのものではなくベースが息子さんであるということですが( `ー´)ノ

 

4歳児とは

 

細田監督の4歳の時息子さんがモデルであろうと予想できますが、

 

さてさてところで「4歳児」ってどんな“生き物“なんでしょう( `ー´)ノ

 

過去、うちにもいました、4歳児!

特に下の息子は大変だった記憶があります(>_<)

 

4歳児の特徴としては

  • 自我が強くなる
  • 「嫌」「やって!」など反抗期
  • 自分の非を認めるにはまだ時間がかかる
  • 口も達者になる
  • 他人の気持ちも考えることができるようになる
  • 言葉遣いが悪くなることも。
  • 「だって」など理由を言うようになる。
  • こだわりが強くなる
  • まだまだ甘えん坊
  • 感情をまだうまくコントロールできない
  • ごっこ遊びをよくするようになる
  • 「なぜ?」「どうして?」の質問攻めが増す など

 

4歳の男の子はシリアスなところと、快楽主義的なところが折り重なっていて、非常にバイタリティがある

引用元:https://www.excite.co.jp

 

『4歳の壁』という言葉もあります。

反抗期を指すのですが、4歳の反抗期は上手くできない為にイライラしたり、癇癪となって表れたりします。

 

あと、空想と現実がまぜまぜになってしまうことが多くなるようです。

 

うちの息子も4歳ころから小学校あがるくらいまでそうでした。

 

明らかにウソであることを本当のことのように話してきます。

でも本人はウソを言ってるつもりは全くないんです。

 

「さっき僕は空を飛んでどーのこーの」とかだったらいいのですが、「今日お友だちが僕を叩いてきてどーのこーの」みたいな話だと、現実のことなのか空想のことなのか探る必要があって大変でした(/ω\)

 

細かいストーリーがわからないので私の勝手な想像ですが、くんちゃんに尻尾と耳が生えるシーン。

これはもしかしたらさっき話した、空想と現実のまぜまぜ世界なのかな~・・・?

 

4歳といったら幼稚園の年少さんにあたります。

 

はじめてママのもとを離れてお友だちの中で生活することで様々なことを学んでいく時期ですね。

 

そんな自分で大変な時に妹が現れたりしたら一大事です(笑)

 

ママを取り返そうとして赤ちゃん返りやわがままになってしまうのは当たり前かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

くんちゃんはどんな子?か考察

 

くんちゃんの情報としては

  • 4歳
  • 甘えん坊
  • 妹が生まれた
  • 横浜市磯子区~金沢区あたりの小さな庭に小さな木の生えた小さな家に住んでいる
  • 両親との関係の変化に戸惑う
  • 妹が出来たことでアイデンティティ的に非常に揺れ動いている存在

 

これぐらいしかありません(>_<)

 

考察というほどの大げさなものではないですが

 

くんちゃんは

甘えん坊でお母さんの愛を取り戻すのに必死。

でも妹をかわいいと思う時もある。

想像力も豊かでわんぱく。

 

私が想像するくんちゃんはこんな感じです。

書いてみると、

どこにでもいる普通の子だなー(笑)

 

まとめ

 

上映開始は2018年7月20日

夏休みの初日です。

 

夏休み初日のワクワクしている絶好のタイミングで観てほしいというこだわりから、この日に決まったとか。

 

上映時間は100分前後と今までよりも短いそうですが、内容は充実している自信作と細田監督。

 

公開が楽しみですね♪♪

 

まだ完成していないにもかかわらず、すでに57か国での上映が決定しています!!

スゴイ!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です