三枝俊介【ショコラティエ】の店舗の場所や値段は?通販もある?

 

今人気のあるショコラティエの三枝俊介さん。

手掛けているパレドオールについて、まとめてみました。

 

ご本人がカカオから関わってこだわりの作っているチョコレートなんて絶品なんでしょうね♥

 

 

スポンサーリンク

ショコラティエ三枝俊介について

 

 

  • 1956年生まれ
  • 大阪府出身
  • 大阪「ホテルプラザ」で故・安井寿一に師事。

 

  • 1991年 パティスリー「メランジュ本店」を大阪にオープン
  • 1994年 リゾートカフェ「清里マチス」をオープン
  • 2004年 本格的ショコラ専門店「ショコラティエ パレド オール OSAKA」を大阪にオープン
  • 2007年 「ショコラティエ パレド オール TOKYO」を東京丸の内にオープン
  • 2014年 「アルチザン パレド オール」を清里にオープン

 

 

 

ショコラティエについて

 

三枝さんは『ショコラティエ』。

パティシエとはちょっと違います。

 

ショコラティエとは、「チョコレートから色んなデザートやお菓子を作る」お菓子職人のことをいいます。

「カカオ豆からチョコを作る」職人ではありません。

 

プロのショコラティエには、チョコの歴史、風味と質感の相性、チョコの加工術、チョコに含まれるガナッシュ・シュガーシロップ・フォンダンなどの割合にかかわる知識も必要です。

もちろん、お菓子を作るというところでパティシエの知識や技術も必要です。

 

食べるものを扱うので、食品衛生学、公衆衛生学などの食品に関する知識も必要。

ショコラティエになるには国家資格の『製菓衛生師』もいりますよ。

 

カカオ豆からチョコになるまでの工程を一貫して行うことを「ビーントゥバー」といいます。

ビーントゥバーからショコラに仕上げるまでを手掛けるシェフは数えるくらいしかいないそう。

三枝さんはその数少ないうちの1人です。

 

 

パレドオールについて

 

パレドオールのチョコレートは、すべて清里の工房で作った手作りです。

機械で作ったものでも外注したものでもなく、手作りにこだわっています。

 

年間10トン単位のチョコを扱っているとか。

そこまでの量を扱うショコラティエは日本で前例がなく、カカオ豆からチョコをこんなに作るという前例も日本にはないとのこと。

すごい量ですね(*_*;

 

カカオ豆からのチョコレート作りは「知識」や「蘊蓄」ではありません。カカオ豆を自分の体と感覚を使って、大量に扱うことでしか見えてこないものが確実にあります。

清里に工房を開いてから、パレドオールのビーントゥバー(自家製)チョコレートは確実に進化しています。いつも、今が一番美味しいチョコレート、なのです。

引用元:ご本人のブログ

 

 

場所

 

↓↓↓『ショコラパレドオール』は以下の3店舗。

 

ショコラティエ パレ ド オール東京

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F
TEL 03-5293-8877

平日] [open 11:00- close 21:00
[日祝] open 11:00- close 20:00

 

ショコラティエ パレ ド オール銀座

東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座店 B1F
TEL 03-3567-1211(大代表)

 

ショコラティエ パレ ド オール大阪

大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 4F
TEL 06-6341-8081

open 11:00 – close 20:00

 

>>>パレドオール公式サイト 

 

 

↓↓↓『アルチザン パレ ド オール』の店舗は以下の3店舗。

 

アルチザン パレ ド オール KIYOSATO L’ATELIER DU CACAO

山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545-931
TEL 0551-48-5381

営業時間 10:30~18:30

毎週火曜水曜定休

 

アルチザン パレ ド オール AOYAMA

東京都港区南青山1-1-1 ツイン東館B1F
TEL 03-3470-0613

営業時間 月~金曜日  10:30 – 19:30・土曜日 10:30 – 15:00

日曜・祝日定休

 

アルチザン パレ ド オール BIS

大阪府豊中市新千里東町1-1-1 オトカリテ 2F
TEL 06-6873-8288

営業時間 10:00~20:00 *金土のみ21:00 迄
(定休日はオトカリテに準じます)

 

>>>アルチザン パレ ド オール公式サイト 

 

 

値段

 

たくさんありすぎて書ききれないのですが、いくつか例をあげると

  • 身体に美味しすぎるショコラ(12粒)2500円+tax
  • カカオ水ようかん(3個入)  1,450円+tax
  • アルチザン タブレット ビター(72%) 900円+tax
  • Coffret Maman(コフレママン 6粒)2,000円+tax

 

  • パフェ 1750円~
  • ガトーセット 1600円+tax
  • ショコラショー(チョコレートドリンク) 1500円+tax

 

 

 

スポンサーリンク

通販は?

 

公式サイトにて通販やってます。

すべての商品がクロネコヤマトのクール便での配送です。

 

↓↓↓4月の人気1位は獺祭ショコラ』 6個入 2300円+tax

 

>>>パレドオール公式通販サイト 

 

 

まとめ

 

カカオ豆の産地で有名なガーナでは、農家の子どもの労働が問題になっています。

 

三枝シェフはACE支援地で獲れたカカオ豆『チャイルドレイバーフリー』を輸入し、アトリエで丁寧にロースト。

『ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ』として商品化しコンビニなどで販売。

 

ご自分のお店でも、『チャイルドレイバーフリー』豆を使ってショコラに仕上げて販売しています。

 

こうした活動もショコラティエの役割の一つとしている三枝シェフ。

素晴らしいの一言ですね!

 

シェフのお人柄も知って、チョコへのこだわりなども知ったら食べてみたくなってきました( *´艸`)

通販でポチろかな・・・♥

 

>>>パレドオール公式通販サイト 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です