新井直之の執事の経歴と料金は?おススメの本はどれ?【激レアさん】

 

今、「執事」が人気ですよね!

アニメやドラマでも、執事モノが多いです。

 

最近で執事が主役だったり、わき役だけど活躍しているものだと

  • 執事 西園寺の名推理』 執事:上岡隆也
  • 『もみ消して、冬』 主演:山田涼介
  • 『黒執事』 執事:水嶋ヒロ
  • 『貴族探偵』主演:相葉雅紀
  • 『IQ246~華麗なる事件簿~』 執事:ディーンフジオカ
  • 『メイちゃんの執事』 執事:水嶋ヒロ
  • 『謎解きはディナーのあとで』 執事:櫻井翔

 

日本で執事モノの有名なものと言えば、市原悦子さんの『家政婦はみた!』シリーズでしょうか(笑)

不思議なことに、執事モノのドラマはミステリードラマが多いですね。(「もみ消して冬」は違うけど)

 

現実の世界でも、執事職は存在します。

家政婦レベルの身近なものから大富豪に仕えるエキスパート執事まで様々。

 

執事といえば執事界のエキスパートのスーパー執事新井直之さんです。

 

 

スポンサーリンク

新井直之について

 

↑↑↑上岡隆也さんの側が、新井直之さんです。

 

日本バトラー&コンシェルジュ株式会社代表取締役社長

東京都北区王子出身。

明治大学政治経済学部経済学科卒業

 

中学校の頃はバトミントン部のキャプテンで、裏方の仕事も楽しんでこなしていた新井さん。

定時性がある高校に通い、昼間はコンビニでバイトをしていたそうです。

お客さんと顔なじみになり声をかけてもらえるようになると、もっと人に応えたいと思うようになったとか。

積極的にお客さんとコミュニケーションを取り、働く喜びを学んだそうです。

 

就職は、コンピューターに興味があった新井さんはITシステム開発の会社に。

その後、外資系の営業に転職。

1年半お客ゼロだった新井さんは、アルバイトでの経験から得た「目の前にいる人を喜ばせる」ことができていないことに気づき、お客の声に耳を傾けしっかり向き合うようになりました。

そうしたこと大きな受注を得ることが出来たと。

 

しかしだんだん物足りなさを感じ、「貢献すること自体を仕事にしたい」と思っていた時に受けたホテルでのサービスが印象強かったといいます。

これを機に,勢いで今の会社を立ち上げました。

2008年1月のこと。

 

日本バトラー&コンシェルジュ株式会社を設立。

 

自らの執事として大富豪を担当し、企業向けにコンサル業務や公園などを行っています。

ドラマや映画などで俳優の所作指導も担当します。

 

 

執事の仕事

 

新井さんの会社に依頼をするのは、資産50億以上・年収5億以上の大富豪たちです。

 

新井さんレベルの執事が行う仕事は大きく分けて3つ。

  1. 客の車の運転・自宅の掃除・身の回りの世話・食事の支度
  2. 「資産管理」 客の自宅や別荘、美術品などを維持・管理
  3. 秘書に近いプライベートパートナー

 

大富豪が執事を雇う最大の目的は「自由になる時間を作り出すため」。

3つを通して客に提供しているものは『時間だそうです。

 

新井さんが言う「サーヴィス」は、客の真意をくみ取って満足につながる提案をし、すべての要望に高いレベルで答えることを指しています。

 

バトラーとコンシェルジュ

 

一般的にバトラーとは、いわゆる客室係です。

ゲストのあらゆる要望を聞いてくれます。

 

コンシェルジュとは、多くはロビーに常駐。

チケットやレストランなどの予約、観光案内などを担当。

ホテルの受付の人のイメージです。

 

新井さんたちのバトラー・コンシェルジュは、

  • 家政管理から、資産管理まで、お客様に成り代わり、家族の一員のように献身的にお仕えするお客様専属のプライベートバトラー(執事)
  • ホテルやレストランの手配や予約だけでなく、お客様のプライベートなご要望、日常生活のサポートをさせて頂く、法律の制限がある業務、非社会的な業務以外は、業務の範囲を限定しないコンシェルジュサーヴィス

引用元:http://butler-concierge.com/

 

一般的なものとは、ちょっと違いますね。

 

料金

 

とにかく私たちでは考えられない金額です。

それぞれ違うので、詳しくはこちら!!

 

>>>日本バトラー&コンシェルジュ公式サイト

 

新井さんの会社で働きたい

 

高卒でもいいようですが、英語はもちろん話せて当たり前。

業務経験も必要。

言語理解力、数学処理能力テストもあって、85~95%の正解率が必要です。

 

お客さんがVIPなら、それに応えるそれ相応の知識や学力や能力が必要とされるのですね。

 

>>>日本バトラー&コンシェルジュ公式サイト

 

スポンサーリンク

おススメ著書

 

新井さんは本も出しています。

タメになるものや驚きの世界を教えてくれるものなど様々。

今回は3冊ご紹介(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

現実の執事のことを知ってから執事ものドラマを観ると、また違った角度でドラマが観れて楽しいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です