鳥もと本店【荻窪】のメニューに鮭児ってマジ?店長は北海道出身でこわい?

 

東京都杉並区・荻窪駅北口にある居酒屋『鳥もと』

昭和27年創業の焼き鳥屋さんです。

 

ここの大将が伊與田康博さん。

 

なかなかパンチのある方で、一度会ったら忘れられなさそうですね( *´艸`)

 

テレビの取材を20回以上受けてきたけど、テレビに出るのはコワモテなところばかりだとか。

ですが本当は、人情に厚くとても優しい方なんです。

 

 

スポンサーリンク

『鳥もと』大将 伊與田康博さん

 

伊與田(いよだ)さんは北海道音別出身。

23年前に『鳥もと』へ来ました。

もともとは自営で魚介や農産物を配送するトラック乗りだったそうです。

現在はお母さまの妹の「叔母さま」が鳥もと4代目の社長ですが、3代目の時に叔母さまから声をかけられて手伝いに来たのが始まり。

今では、大将と弟の伊與田茂貴さんと店の顔として切り盛りしています。

 

店の移転

 

平成21年、店の移転により客足が減り、売り上げが激減しました。

先代の社長には『財布にやさしい料金』という信念があったので、伊與田さんは「美味しい物をお客に安く提供するにはどうしたらいいか」と考えます。

行きついた答えは、「おいしい海産物を何でも置く」。

ふるさとの友だちや知り合いに頼んで回り、珍しい海産物を仕入れることができるようになったことで店は軌道に乗りました。

 

 

スポンサーリンク

鳥もと

 

もともとはお寿司屋さんだった鳥もと。

すし屋をやめて焼き鳥屋に変わったのが昭和27年でした。

 

創業65年の秘伝のタレが目玉だとか!

焼き鳥を頼むときは「タレ」にしましょう( `ー´)ノ

初めは焼き鳥とお酒のみだったお店が、今では大将の人脈のもと集められた、珍しい食材を仕入れて美味しい海産物が食べられる店に!

野菜も無農薬。

先代の「毎日通える安い店」を残しながら、一流のモノを扱うお店『鳥もと』。

平成21年9月5日から移転先の現在の場所になりました。

 

アサヒビールさんが作ってくれたという似顔絵入りのジョッキ( *´艸`)

大将と弟さんだそうです。

大手メーカーが似顔絵ジョッキなんて普通作ってくれませんよ!

大将とアサヒビールさんの信頼関係の良さがうかがえますね。

 

 

鮭児(けいじ)

 

鮭児とは、1万本に1本しか獲れない幻の鮭です。

11月に知床から網走付近で取れる脂ののった若いシロザケで、水揚げは羅臼漁協で1年間でも480尾(2000年)。

ロシアのアムール川生まれで、日本の鮭の回遊にまぎれて南下してしまい北海道オホーツク海で漁獲されます。

身体全体にたくさんの脂がのっていて、全身トロ状態なんだとか。

 

ボクは北海道の音別出身、魚屋にも勤めていたし、車で魚を運んでいた関係もありましてね。築地じゃなくて産地直送。業者を通さないで流通のシステムを壊すような感じで、安く仕入れて安くお客さんに出そうと。

漁業組合にお願いしてね。去年は鮭児を35尾まとめて買ったね。しかも1番高値で取引される北海道の知床半島で獲れる鮭児。

鮭児、マツカワカレイ、マスの介。これ三種類集めて出せる店は日本中探したってウチしかないんじゃない? そのぐらい豪語できる。

引用元:https://www.chuosen-rr.com

 

高級すし屋さんには何軒か置いてあるようですが、鮭児が食べられる居酒屋は東京では鳥もとさんくらいかもしれません。

 

海水で生きている魚は、塩で食べるのが美味しいそうですよ。

大将は四国の徳島から「阿波乃華」という塩を使っています。

 

 

>>>鳥もと本店

 

まとめ

 

パンチパーマでダミ声の見た目は”こわい”大将ですが、いつもホウキとチリトリを持って掃除しています。

店に来たばかりの時もみんなが見ていないところで掃除をし、今も町中を掃除しているのです。

 

この街に対する感謝ですよね。

色々な道から路地裏のこの店にお客さんが来てくれる。それはつまり、お客さんが通るレッドカーペットだから

引用元:https://www.chuosen-rr.com

 

「レッドカーペット」

この言葉に私は、大将の商売に対する心意気を感じました。

素晴らしい!!

 

荻窪銀座商店街の会長さんも務めており、地域の発展にも尽くしておられます。

 

そんな大将がいる『鳥もと』さんに、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

 

住所 杉並区上荻1-4-3
電話 03-3392-0865
営業時間 月~金13:00~24:00、土12:00~23:30、日・祝12:00~23:00
定休日 盆、年始2日ずつ休

(引用元:https://tabelog.com/tokyo)

ちなみに鳥もとは2号店もあるよ\(^o^)/

>>>鳥もと2号店

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です