ドラマハゲタカは実話?鷲津のモデルは堀江貴文で芝野は越純一郎?

 

7月19日から綾野剛さん主演のドラマ『ハゲタカ』が始まりますね!

 

このドラマはもともとは小説。

2006年にNHKでドラマ化されていて、今回はそのリメイク版です。

2009年に映画化もされてます( `ー´)ノ

 

経済のことなんてわかんない!!

と思うかもしれませんが、戦後の日本の経済をモデルに作られているドラマなので勉強にもなりますし、少しの単語を知っていれば理解度はグッと深まって楽しめると思います(#^^#)

>>>ハゲタカファンドの意味や買い叩くなど専門用語をわかりやすく説明

↑↑↑

この記事を読んで、単語の意味を知りましょう♪

 

そして、モデルになった人や事件を知っておくと、また違った見方ができて面白いのでは?

では Let’s reading!!

 

スポンサーリンク

ファンド

ハゲタカと呼ばれる鷲津がいる投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』。

このモデルとなったのは実在する投資ファンドです。

・KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)

・カーライル・グループ

 

KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)

原作の鷲津が勤める『ホライズン・キャピタル』は、今回のドラマでの『ホライズンジャパン・パートナーズ』に当たります。

『ホライズン・キャピタル』は『ケネス・クラリス・リバプール(KKL)』の日本法人。

実在のKKRはこのKKLにあたります。

NYを拠点としている投資ファンドで、独自の買収方法を生み出した企業です。

 

LBO(レバレッジド・バイアウト)といって、手元の資金が足りなくても買収できるんです。

将来の収益を担保にする手法。

具体例としては、ソフトバンクが英ボーダフォンの日本法人を1.75兆円で買収する時に使われました。

 

ニューヨーク証券取引所に上場。

 

カーライルグループ

ドラマでは「プラザグループ」として登場します。

1987年に設立され、ワシントンDCを拠点にしています。

日本にもオフィスを持っていて、社員は全員日本人。

日本流の企業や不動産に対して、3~5年で利益を回収する投資スタイルを貫いています。

 

投資以外でこの企業は有名で、何かというとジョージ・H・W・ブッシュ(アメリカの41代目大統領)ムハンマド・ビン・ラーディン(ウサーマ・ビン=ラーディンの父)が、カーライルの投資家として過去に名を連ねていたことです。

テロリストのビンラディン氏とは縁を切っていて関係はないそうですが、何も知らない人からしたら「え?あのビンラディン?」なんて思われてしまうかもしれませんね。

 

現在は「バイアウト(企業買収)」「グロース・キャピタル」「リアルエステート(不動産)」「レバレッジド・ファイナンス」の4つの部門で活動しています。

ナスダック市場に上場。

 

ちなみに・・・

投資ファンド『ブラックストーン』

 

KKR・カーライル・グループ・ブラックストーン

この3社が今、PFファンド(未公開株式ファンド)で世界トップ3。

ニューヨーク証券取引所に上場しており、不動産投資やヘッジファンドに強みを持っています。

※ヘッジファンド・・・株式、債券などに分散投資して高い運用収益を目指すもの

 

鷲津政彦のモデルは

主役の鷲津政彦の具体的なモデルはいないようです。

ただ、元ライブドアの堀江貴文氏をヒントにしたのではという情報もあります。

ハゲタカが出版されたのが2004年。

堀江氏は企業買収を次々と行って事業を拡大し、絶大な力を持っていましたよね。

 

日本におけるM&Aの第一人者、佐山展生氏。

彼も鷲津のモデルになった人として挙げられています。

 

佐山氏は現在、スカイマーク代表取締役会長であり、インテグラル株式会社代表取締役でもあります。

<経歴>

  • 洛星高校卒業
  • 京都大学工学部高分子化学科卒業
  • ニューヨーク大学大学院(MBA)・東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程卒業修了。
  • 帝人でポリエステル重合関連業務
  • 87年三井銀行(現三井住友銀行)でM&A業務に従事
  • 98年ユニゾン・キャピタル共同設立代表取締役
  • 04年GCA共同設立 代表取締役(現GCAサヴィアン)
  • 04年一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授
  • 05年同教授(現任)
  • 08年インテグラル 代表取締役(現任)
  • 15年スカイマーク 代表取締役会長(現任)。

経歴や日本初のバルクセールや東ハトの案件などは、小説の元ネタになっています。

 

ドラマで取り扱っているエピソードに佐山氏の経験がおりこまれているので、個人的なモデルではないのに鷲津のモデルは佐山氏と言われることが多いようですね。

 

芝野健夫のモデルは

 

鷲津の宿敵?芝野健夫のモデルは、越純一郎氏といわれています。

<経歴>

  • 1978年東京大学法学部卒業
  • 日本興業銀行入行
  • 12年にわたるニューヨーク勤務を含め、22年間に日米でM&A、証券化などに従事。
  • 2000年、興銀を退職しシグマ/千秋薬品グループの再建に着手、約3年で再建。

越氏は事業再生ビジネスの第一人者です。

 

芝野はいろんなしがらみに縛られた”銀行”に限界を感じて、銀行を退職。

弱っている企業の企業再生の手伝いをするため活動をすることを決意しました。

 

2003年に産業再生機構ができて、企業再建活動が注目されます。

越氏に関する記事が雑誌に掲載されて、その記事を読んだ作者の真山仁氏が、越氏やその友人に取材して『ハゲタカ』を書いたそうです。

雑誌の記事が小説に引用されていることが、芝野のモデルは越純一郎氏と言われる由来だとか。

 

芝野のキャラは小説とドラマとでは違うようで、ドラマの芝野は物静かな感じの人ですが、小説の芝野は”エネルギッシュでカリスマ性のある骨太な人”。

越氏は小説のほうに近いそうですよ(#^^#)

 

スポンサーリンク

その他

小説『ハゲタカ』は実際の事件を基にしています。

ストーリ―に出てくる企業とモデルになった企業はこちら↓↓↓

(小説内の名前 ‐ モデルになった企業名)

  • 三葉銀行 – 三和銀行
  • ミカドホテル -金谷ホテル
  • 太陽製菓 – 東ハト
  • 足助銀行 – 足利銀行
  • 鈴紡 – カネボウ
  • 月華 – 花王
  • シャイン – キヤノン
  • 曙電機 – 富士通を中心に大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)
  • ゴールドバーグ・コールズ – ゴールドマン・サックス
  • KKL – コールバーグ・クラビス・ロバーツ
  • プラザ・グループ – カーライル・グループ

ドラマは小説からさらに名前を変えていたりします。

例えば、太陽製菓 – 東ハト。

モデルは『東ハト』→小説では『太陽製菓』→ドラマでは『サンデートイズ』になっていますよ~


日本の経済での出来事もモデルにしています (^^)/

  • 1998年10月23日 日本長期信用銀行(日本長期債権銀行)が金融再生法による一時国有化。後に、リップルウッド(リッキーウォーター)を中心とする投資組合に売却され、2000年6月に新生銀行(新蘇銀行)となる。
  • 1998年12月13日 日本債券信用銀行(日本信用債権銀行)が金融再生法による一時国有化。後に、ソフトバンク・オリックスなどからなる投資グループに売却され、2001年4月にあおぞら銀行(おおぞら銀行)となる。
  • 1999年6月12日 東京相和銀行(東京相愛銀行)が破綻。金融整理管財人による管理下に入る。2001年6月に東京スター銀行へ営業譲渡。
  • 2001年4月2日 三和銀行(三葉銀行)、東海銀行(中日銀行)、東洋信託銀行(東亜信託銀行)の合併によるUFJホールディングス(UTBファイナンシャルグループ)発足。
  • 2003年3月14日東ハト(太陽製菓)が民事再生法の適用を申請し倒産。プレパッケージ型再生手続。
  • 2003年5月17日 りそな銀行(りそあ銀行)に預金保険法第102条第1項第1号に基づく資本注入が決定。
  • 2003年11月29日 足利銀行(足助銀行)に預金保険法第102条第1項第3号を適用。一時国有化。
  • 2003年10月23日 カネボウ(鈴紡)と花王(月華)との事業統合を発表。労働組合の反対などの影響を受けるが、のち分割によりカネボウ化粧品およびカネボウブランドが譲渡される(2006年2月)。
  • 2004年3月10日 産業再生機構(ニッポン・ルネッサンス機構)によるカネボウ支援が正式に決定
  • 引用元:ウィキペディア

 

>>>ハゲタカ帝都重工のモデルは三菱重工で実話ってマジ?オリジナルじゃないの?

 

まとめ

見て損はないドラマ『ハゲタカ』!

綾野剛さんの鷲津もどんな感じなのか気になりますね!!

 

 

 

 

 

ハゲタカ【NHK】のドラマ動画が見れるVODは?中国サイトは危険?

2018.07.09
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です