村野明子【スポーツ料理研究家】の料理本や結婚などプロフィール!

 

2009年から「ヴィッセル神戸育成センター三木谷ハウス」の寮母として選手たちの食事の世話をしている村野明子さん

札幌で6年間「しまふく寮」の寮母として働いたあと、三木谷ハウスへ移ってきました。

三木谷ハウスはJリーグヴィッセル神戸の育成の拠点としており、プロを目指す高校生とプロ選手の約30名が生活しています。

そんな大所帯の寮母・村野明子さんの作る料理はどんなものなのでしょうか?

気になりますね( *´艸`)

 

スポンサーリンク

村野明子について

  • 1967年生まれ
  • 東京都出身
  • 家族は夫・成人の息子(1995年生)と娘(1998年生)
  • 夫は村野晋(ヴィッセル神戸の管理職)

 

高校卒業後、外資系化粧品会社勤務。

24歳で村野晋氏と結婚、1995年に長男を出産しました。

その後、娘も生まれ専業主婦として子育てに専念。

2003年、夫から札幌の「しまふく寮」の寮母を頼まれ、2009年に現在の三木谷ハウスの寮母になりました。

 

現在は、ユースやトップ選手たちの食事を作るかたわら、依頼があればお母さん向けの講習を行ったりしています。

育ち盛りのおなかがすぐすく子供のお母さんには、”神の講習”かもしれませんね(笑)

私も一度聞いてみたいです(*^-^*)

 

メニューやこだわりについて

 

村野さんのごはんは「栄養満点ワンプレート」。

一皿にすべて収めるワンプレート形式をとっています。

 

大皿で出すと、食べていい適量がわからない。

サラダから最初に食べたほうが野菜をたくさん摂れる。

など、しまふく寮での失敗をふまえてこの形にしたそうです。

 

ワンプレートなら色々乗っているので、色彩も華やか!!

栄養の色から考えることで華やかになって、見た目からも食欲をそそられるとか。

なるほどー ( ..)φメモメモ

”カラフル”なごはんは、食事バランスがかなり整います。

村野さんは味だけでなく、目で見ても美味しそうと思えるご飯をつくることを心がけているそうです。

もちろん、食材や味付けががぶらないように工夫しておられますよ(*^-^*)

 

ちなみに、ユースたちに人気のメニューは「オムライス」だそうでーす( *´艸`)

村野さんは味や見た目だけでなく、食材の知識も選手たちに知ってもらおうと工夫されています。

たとえば、

ビーツが盛り付けてある皿に、ビーツのワンポイント知識が書かれた紙を貼るとか。

「生活の一部に溶け込ませて食材の知識を覚えてもらう」ことを積極的にしているそうですよ( `ー´)ノ

単純に食事を作るだけではないのが素敵でスゴイところですね!!

(・∀・)スゴイ!!

“体重が7kg増えた”

“体重は増えたけど体脂肪率は減った”

まさに村野さんのワンプレート料理の「結果」です。

食事ってスゴイなー・・・(;’∀’)

 

こちらにも、村野さんの考えたメニューがたくさん載っていて参考になりますよ!!
↓↓↓

>>>楽天レシピ ヴィッセル神戸のあっこさんのマイページ

>>>村野明子 Facebook 

 

スポンサーリンク

出版本について

  • 1食分のレシピが載っているのが助かります。
  • カフェスタイルのようなワンプレートメニュー
  • 1枚のプレートに全てを盛り込む。そうすることでバランスよく栄養がとれる。
  • オシャレだけど、しっかりボリュームもあり
  • ユニークな料理がいっぱい
  • 男の子が喜ぶ、食べ応えのある料理に特化している本です。

引用元:Amazonレビュー

↑↑↑村野さんの代表的な出版本はコレ!

 

たくさん出版しているように思いますが、村野さんが出している本は意外になくて、レシピ本はこの2冊だ

 

2003~2009年までいた「しまふく寮」での生活をつづったブログ「しまふく寮通信」が人気となって、2007年に『しまふく寮通信〜コンサドーレ札幌★寮日記〜』を出版しています。

 

まとめ

三木谷ハウスは、選手やユース達が幸せに暮らせる場所であってほしいと願いながら10年が経ちました。

ユースは、三年かけて大きな体作りを。
トップは、怪我をしにくい体作りを。
食べて、寝て、練習するの繰り返しの中で。
食べることを楽しみにしてもらいたいと思いながら作ってます。

引用元:Facebook

「第2のお母さん」と言われる村野さんの料理は、愛情たっぷり♪

この”愛情”が一番の栄養なのかもしれませんね(*^-^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です