黄昏流星群の主題歌のタイトルや歌詞の意味は?平井堅の歌声がヤバい!

 

佐々木蔵之介さん主演の2018年秋のドラマ『黄昏流星群』

主題歌が平井堅さんの『half of me』に決まりましたね(*^-^*)

大人の恋愛がテーマの今回のドラマ。

平井堅さんのバラードはピッタリだと思います!

 

スポンサーリンク

主題歌は『half of me』

「half of me」は、9年以上も未発表のまま温められてきたというバラード。

平井堅さんがドラマの主題歌を手掛けるのは、今回で17作目だそうです。

この「half of me」は、コンセプト・アコースティックライブ『Ken‘s Bar』で初披露されました。

クリスマスイヴに訪れるファンのみに届けられてきたラブバラードなんだとか。

ファンには嬉しい一曲ですね♪

 

even if

2000年12月6日に発売された、11枚目のシングル『even if』。

『黄昏流星群』の主題歌になった「half of me」は、「even if 」の2人の10年後を想像して書かれたものだそうです。

 

↓↓↓「even if 」の歌詞はこちら!!

>>>平井堅「even if 」歌詞

 

スポンサーリンク

「half of me」(主題歌)

 

「even if 」から10年後の2人です。

 

↓↓↓ 「half of me」の歌詞はこちら!!

>>>平井堅 『half of me』

 

彼氏のいた女性とその後付き合って、長い年月を一緒に過ごしてきた”彼”。

10年後、まさかの別れが訪れるなんて想像していなかったのでしょう。

「飲み物でも買いに行くように 君はじゃあねと言った」

女性の心が決まっていることを物語っている情況のような気がします。

「決して1つにはなれないけれど、だからこそ1つになりたいと願う。生きると言う事は空白の半分を、欠損の半分を探す旅なのかもしれない。そんな思いを書きました。」

引用元:https://www.barks.jp

 

まとめ

 

「half of me」の歌詞と『黄昏流星群』のストーリーとがリンクする部分が出てくるのでしょうか?

その辺もふまえて見ると、さらに楽しいかもしれませんね!( *´艸`)

 

黄昏流星群【不惑の星】原作漫画の結末ネタバレとあらすじをチェック!

2018.09.03
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です