認知症の人は車を運転できなくなる?改正道路交通法の高齢者の運転免許について

 

最近は高齢者の交通事故が多発していますね。

 

こんにちは、aikoです。

 

認知症の疑いがある男性の6割が車に乗っているという統計もあります。

 

平成29年3月12日から、新しい改正道路交通法がスタートしました。

現在の道路事情は今、どんな状況なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

改正道路交通法

 

改正前の道路交通法では

75歳以上のドライバーは免許更新の時には

必ず「認知機能検査」を受けなければいけませんでした。

 

この認知機能検査の検査結果は

  • 第1分類(記憶力・判断力が低くなっている)
  • 第2分類(記憶力・判断力が少し低くなっている)
  • 第3分類(記憶力・判断力の心配がない

 

第1分類と判断されても

次の更新までの3年間に違反をしなければ医師の診断はいりませんでした。

 

改正後では

75歳以上の運転免許保持者全員に次の18項目違反があった時点で

臨時の「講習予備検査」を実施します。

 

18項目とは

  1. 信号無視
  2. 通行が禁止されている道路を通行
  3. 歩道の通行や逆走など通行区分違反
  4. Uターン禁止の道路でのUターン
  5. 進路変更禁止を示す黄色の線を越えて進路変更
  6. 一時停止をせず踏切に立ち入り
  7. 交差点で徐行せずに右左折
  8. 直進レーンを通行中に右左折
  9. 徐行せずに環状交差点で右左折
  10. 優先道路を通行中の車両の進行を妨害
  11. 交差点で直進する対向車を妨害して右折
  12. 環状交差点内の車両の進行を妨害する
  13. 歩行者が横断歩道を通行中に一時停止せずに通行
  14. 横断歩道のない交差点で歩行者の通行を妨害
  15. 徐行しなければならない場所で徐行しない
  16. 一時停止をせずに交差点に進入
  17. 右左折する時に合図を出さない
  18. ハンドル操作を誤るなど安全運転義務に違反

 

更新時や臨時の検査で第1類と判断された全員に医師の診断を義務付けました。

医師が認知症と判断した場合は免許取り消しです。

 

 

スポンサーリンク

家族の反応は

 

 

認知症の疑いのある家族の運転取りやめを願う家族が大半のようです。

「第三者を巻き込む恐れがある」

これが一番の心配事ではないでしょうか。

 

私の友達にもいます。

お義父さまが認知症の疑いがある中、クルマを運転し、

自宅近くのお店に突っ込んでしまったそうです。

 

幸いケガ人はおらず物損だけで済んだらしいですが、

本人は車に乗るのをやめたがらなかったとか。

 

何とか説得して車に乗るのをやめてもらったけれど

出かけるのが生きがいだったお義父さまは病状が悪化してしまったそうです。

 

まだありがたいことにうちの親は元気にしており

車にも乗っていますが、

正直同じようなことがあったら

私も車の運転はやめてもらいたいと思います。

 

自分の車が傷つくだけならかまいませんが、第3者を巻き込んだらと思うと

ゾッとします。

居ても立っても居られません。

 

 

まとめ

 

「要はどこで線を引くか、の問題です。それなのに『事故を起こす前に一律に運転をやめさせろ』という考えが、社会全体に広がっている。それは、やはりおかしい。認知症や高齢者の人には『自分らしく生きる権利』はないのでしょうか?」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/feature/685

 

わからなくはない意見ですが、私も車を運転しますし家族がいます。

申し訳ないですが巻き込まれるのはごめんです。

 

かといって、高齢者の方にも生活があります。

便の悪いところに住まれている方にしたら車がないのは致命的。

生きがいがなくなるのもかわいそう。

 

それもわかります。

 

どうするのがいいという結論は人それぞれでですが、

明日は我が身。

高齢になりつつある親たちにどう向き合うか、

そろそろ考えなければいけないなと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です