夏の冷えは女性にとって大敵!おなかを守る見せる腹巻はどんなものがあるの?

 

毎日暑いですね。

冷たいものをついつい食べ過ぎてしまいます・・・

 

こんにちは!aikoです。

 

毎日こうも暑いとクーラーの温度もついつい下げちゃったり、

クーラーの中でカキ氷を食べちゃったりしてないですか?

 

でも!!

体には良くないんですよねー

 

暑いんだからいいじゃないか!!

と思いますが、いやいやダメですよー!!!

 

 

スポンサーリンク

女性は冷えやすい

 

女性は男性に比べて冷えやすい体質です。

 

筋肉は食べ物からのエネルギーを燃やして体温を維持します。

 

脂肪は体の熱を閉じ込めておく役割をしています。

脂肪に熱を生み出す力はないので一度冷えてしまうと

なかなか温まりません。

 

筋肉量が少ない女性は体温維持が難しいうえに

脂肪量が多いので冷えたら温めるのに大変です。

 

冷やさないためにはどうするのがいいでしょうか。

 

冷え対策

 

クーラーの設定温度が低いとき

 

ズバリうちは寒いです!(><)

夫は暑がりに加えて外の仕事をしているので

帰ってくるとクーラーの設定温度を一気に下げてきます。

確かに外は暑いから仕方ないかー・・・。

息子も汗っかきであせもがすぐできるし・・・

と思うところから寒いままです。

 

コッソリ温度をあげてもすぐバレますし(泣)

 

男性と女性では体感温度に5度前後の違いがあるそうです。

外は暑いのに部屋の中は寒い。

この温度差を感じるたびに自律神経が乱れやすくなり

冷えやむくみを引き起こします。

 

首・足首・おなかには冷やしてないけないツボがあります。

 

  • 設定温度を上げれない場合は体が冷えないように
  • 1枚余分に着る
  • 腹巻をする
  • 靴下をはく
  • 長ズボンを履く

などの対策を取りましょう。

 

冷たい物ばかり食べない

 

冷たい物がおなかに入ることでおなかが冷えます。

胃腸が冷えて動きが悪くなって、消化不良・下痢を引き起こします。

 

心臓から送り出される血液までも冷えてしまって

血流が悪くなります。

 

  • 水分は常温がよい
  • 砂糖とカフェインの入ったものはできるだけ避ける(砂糖もカフェインも体を冷やします)
  • 温かい物を摂る
  • 生野菜ばかり食べない

 

食事制限やカロリー制限をしすぎない

 

体が熱を作るにはカロリーが必要です。

いつもおなかが空いた状態・1000キロカロリーを下回る

過激なダイエットなどは良くないです。

ほどほどにしましょうね。

 

 

スポンサーリンク

見せる腹巻

 

おなかの中心を冷やさないために色々な方法がありますが、

まず取り組み始めとして腹巻なんてどうでしょうか?

今は冬素材の物ばかりでなく、夏に快適な生地をつかったものも多く出ています。

 

タオル生地・コットン100%・シルクなど。

薄いのから分厚いのまで種類豊富です。

 

出かけるから薄い目立たないもの。

寝るときはしっかり分厚いもの。

肌が弱いからコットン100%。

 

使い方に合わせて何種類かそろえてもいいですね。

 

見えてもいいように柄も凝っていますよ。

 

 

 

まとめ

 

体を冷やさず暑い夏を乗り切る!

取り組みやすいものから始めてみましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です