黄昏流星群のラブシーンがヤバイ?黒木瞳と佐々木蔵之介の今後を考察!

 

出世からの出向→スイス一人旅→いきなりのキス!→運命の再会(*_*)

1話から超スピード展開にみなさんついてきてますか?

この先も気になりますよね~

 

スポンサーリンク

二人の出会いは

瀧沢完治(佐々木蔵之介さん)は勤続28年の銀行マン。

真面目に勤め上げ、出世街道まっしぐら!!のはずが・・・突然の出向を言い渡されます。

失意の中酔いつぶれた完治は居酒屋でグラスの氷をみつめ、スイス行きを思いつくのです。

スイスでは何日も猛吹雪が続き、マッターホルンは見れない状況。

それでも諦めきれずロープ―ウェーへ。

するとそこに一人の日本人女性(黒木瞳さん)が乗り込んできます!!

誰もいるはずのないロープ―ウェーに同じ日本人がいるということに戸惑いながらも、次第に打ち解けていく二人。

女性の名は目黒栞。同じホテルに宿泊していた二人は夕食を共にしたあと、外に出て星空を見上げます。

そこに一筋の流れ星☆ミ

意気投合した二人は「明日一緒に山に登りましょう」と約束を交わし、部屋で一緒にワインをヽ(^。^)ノ

気持ちの高ぶった完治は、突然栞にキスをします!!

驚いた栞は部屋を飛び出し、翌朝早く何も言わずスイスを去ります。

日本に帰っても栞のことが気になっていた完治でしたが、ある日出向先の食堂で働く栞と偶然再会します。

逃げ出す栞を追いかけ引き留めた完治は「会いたかったです」と告げるのです・・・

 

いやー無いって!!いろいろあり得ないって!!

って思っちゃいますよね~

ネット上でも、

  • え、待って?!ロマンチックすぎるやん!こんなん好きにならないわけない!
  • スイスでも食堂でも? そんな偶然あるかい
  • 蔵之介さん、不倫はいけないな~。そんなドラマやめてよ。黒木瞳さんは本当にいい女ですが、みぽりんと結婚しててどうよ~ってドラマ。

引用元:Twitter

などなど・・・

ですよねー(=_=)

 

この先どうなるか考察

 

第2話では、スイスで傘を失くしてしまった栞に代わりの傘をプレゼントする完治。

そのお礼に会うことを約束した二人は、美術館や居酒屋でデート!

話ははずみ、お互いのことを徐々に知っていきます。

仕事帰りの夕日を見つめ「誰かそばにいてくれたらな・・・」という栞に、「はい!ぼくで良かったらいさせてください・・・いつもでなくて時々でいいので」と無邪気に立候補する完治!


完治さん!!

脳内環境「栞」「栞」「栞」・・・・100%「栞」じゃないですか!!

改めて言います!あなた、妻子持ちですよ~

家庭のこととか、仕事のこととか完全に飛んでますね(・_・)

 

この二人の恋、どうなるのでしょうか?

 

原作では佐々木さん演じる主人公の男性と恋におちる女性は、離婚経験のあるバツイチ。

レストランを出すことを夢見ながら食堂で働いています。

その後旅先で主人公の男性と出会い、不倫関係になり妊娠。

出向先から本店に復帰できることが内定していた主人公は、出産に反対。

女性は別れを告げたあと流産(T_T)

一人でレストラン開店の準備をすすめます。

浮気が妻にばれ、主人公は離婚。

自分の人生を振り返り、好きな女と暮らすことこそが幸せと仕事を辞め、女性の元へと向かうのでした。

 

かなり劇的な原作ですが・・・ドラマの方の展開はどうなるのでしょうか?

 

人物の設定から違いますね。

栞は結婚経験はないし、完治より年上です。

なので「妊娠」ということはないでしょう。

 

じゃあただの友達?同僚?

 

初対面で焦ってキスしてしまった完治、不器用な人なんですね。

そこに栞は惚れてしまうのかな??

2話では、慎重にお互いの気持ちを探りながら進めている様子が伝わってきます。

でも出世の希望が失われた時に出会い、癒される心!!

完治さん!欲求を抑えることできないですよね?!

久しぶりの恋愛感情に、はじめはプラトニックでも、肉体関係に発展するのは時間の問題だと思われます。

 

そうなると、家庭はどうなるの?

完治はひとつのことに没頭すると他が見えない、いろいろなことを要領よくこなすことが出来ないタイプなのかな?

 

不倫がばれる完治、横槍を入れる秘書、体裁を気にする娘・美咲、離婚を勧める親友、最終的に愛に走る妻・真璃子と娘の婚約者。

どうせなら、呆れるくらいドロドロにして~~~

スポンサーリンク

原作の濃厚ラブシーンをドラマで再現?

 

原作の漫画では完治と栞のかなり濃厚なラブシーンの描写があるとか。

ドラマでもそんなベッドシーンが再現されるの!?


アラフォー、アラフィフ女性にとっては「最後の砦」と言われている蔵之介さん。

長身で端正な顔立ちはとても魅力的です。

これまでも、たくさんのドラマや映画に出演していますよね。

代表作に、NHK朝ドラ「オードリー」「ひよっこ」・ドラマ「医龍」「ハンチョウ」・映画「間宮兄弟」「超高速!参勤交代」などがありますが・・・

お気づきですか?ラブストーリーはほぼほぼ初めてなんです ( ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!


なぜ、佐々木蔵之介さんがこの役に選ばれたのでしょう?

ご本人も「履修科目として恋愛ドラマを履修していなかった」と話していましたが、演出の平野眞氏に「その不器用さが完治の良さ」と慰められ、心ばかり焦ってしまう自分と重ね合わせながら撮影に臨もうと思ったとか。

リアリティがより完治を魅力的にしていくのでしょうね。

 

一方の黒木さんは、言わずと知れた元宝塚女優。

映画主演デビューとなった『化身』では、全裸となり可憐・清楚なイメージから妖艶な女性へと見事に転身しました。

その後も『失楽園』で不倫の恋を大胆に演じるなど、数多くの話題作に出演!

 

二人のベッドシーンではきっと黒木さんがリードするんだろうなあ~

とはいえ実年齢58歳の黒木さん

どうやって描くのだろう?まさかのCG??

 

まとめ

“セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋”

“大人のピュアな愛”

“切ないラブストーリー”

あくまでも「純愛」を強調していくようですが、原作者弘兼憲史氏の作品の世界観はどうか忠実に描いてほしいなあ~と思います(^o^)

 

■第4話 追記

日曜のデートを楽しみにしていた二人ですが、完治の都合で会えなくなりました。

最後は完治が栞を呼び出し、二人でマグロを食べに。

別れ際、栞は完治に抱きつきキスをします。

次回はどうなるのでしょうね?

■第5話 追記

ホテルへ入った二人でしたが、そこのエレベーターで娘の美紀と一緒になります。娘が連れていた男は自分よりも年上の男。完治はそのことが気になって、栞と愛し合うことができませんでした。

ひょんなことから春輝と完治一家は旅行へ行くことに。

その間に栞の母が急死し、栞は旅行中の完治に電話をします。

その電話に出たのは妻の真璃子でした。

間違い電話のふりをして電話を切った栞。

完治は旅行から帰ってきて会社で栞の母が亡くなったことを知ります。

葬式に出向き一度帰った完治でしたが、壊れそうな栞をみて戻ります。

「まだ私たち過ちを犯してはいないから今なら戻れる」と完治を追い返そうとしますが、そのまま2人は結ばれました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です