ゴキブリ対策で一番効果のある方法はどれ?生態や体に安全な方法も

 

ここ数年、

家の中で見かけなかったゴキちゃん。

今年久々に現れました!:;(∩´﹏`∩);:

 

どうしようか悩んでいるaikoです。

こんにちは!

 

やっつけたい!

せめてうちから出てって!

 

スポンサーリンク

ゴキブリの生態

 

まずは敵の生態から調査です。

 

・雑食性で何でも食べる(食べ物以外でも髪の毛・フケ・死骸・汚泥など)

・餌がなくても水だけで1か月ほど生きれるそうですが水もないと7日で死亡。

・快適温度は18~34℃

・寿命は1~1.5年

・夜行性

・暗くて狭いとこが好き

・天敵はカエル・ムカデ・クモ・ネズミなど

弱点はおなか

・柑橘類・唐辛子・ハーブが苦手

・目は悪いが触角と聴覚が優れている。

・ビールが好き

・玉ねぎとジャガイモが好き

・唯一食べないものは塩

 

スポンサーリンク

対策

 

「化学兵器」を使わない方法

★100℃の熱湯をかける

★ドライヤーの熱風を当て続ける

★新聞紙などで本体を叩く

 

★見つけた1匹目のゴキは殺さないでそのゴキのすぐ近くを全力で叩く!

→そのゴキは驚いて警戒フェロモンを出して逃げる。

→仲間のゴキたちはこの家はヤバいと判断し近づかなくなる。

 

★ハーブの香りが嫌いなので、扇風機やクーラーのフィルターにミントオイルを数噴きする。

→ゴキだけでなくほかの害虫たちも逃げていく

 

 

クモに任せる

 

ゴキブリに対し、圧倒的な威力を発揮する史上最強のゴキブリハンター「アシダカグモ」

出典【コラム】史上最強のゴキブリハンターことアシダカグモさんがどれだけスゴいのかよく分かる話

・ゴキブリの天敵であり、ゴキブリを食べてくれる。

・めっちゃ足が速く、逃げるゴキブリをも捕まえる。

・ゴキブリがいそうな家に、さりげなくやってくる。そして常駐。

・人には無害。しかも臆病。日中はどこかに隠れていることが多い。

・ゴキブリを食い尽くし、任務が完了すると「さよなら」も言わずに姿を消す。

 

でもこの神様グモ、ちょっと大きいです・・・。

 

化学兵器を使う

 

ゴキちゃん対策グッズ中で一番効果を発揮するのは毒餌タイプのようです。

さらにその中でも一番効果が高いのが、

アース製薬のブラックキャップとか。

 

 

5時間~1日で効果が出るそうです。

ゴキちゃんが好きな

暖かい場所」「暗い場所」「水のある場所」に置きましょう。

 

まとめ

 

ドキドキしながらゴキちゃんと向き合うより、

化学兵器にお願いして勝手に死んでもらう方がありがたいかも。

 

でも、ペットがいるおうち、小さな子がいるおうちは

なるべく薬剤以外の方法がいいかもしれませんね。

 

今から薬局へ行ってきます( `ー´)ノ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です