いだてん【大河ドラマ2019】の意味とは?放送日はいつで子役はオーディションでもう決まった?

 

NHKの大河ドラマというと毎年、多くの人から注目と話題を集めていますよね。

 

当然、2019年の大河ドラマ『いだてん』もスタート前から出演者やストーリーなどに多くの人からの関心を集めています。

 

今回は、大河ドラマ『いだてん』がスタートする前に知っておきたいことを、しっかりとまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

いだてんの意味は

 

“いだてん”とは、漢字ですと“韋駄天”と書き、仏教の中で天部に属する神様のことを指します。

 

一説では、釈迦の遺骨を盗んだ鬼を追いかけて取り返したという説があるため、韋駄天とは現在は『足が速い神様』の例えとして使われることが多いです。

 

また、病魔から子供を守る神だともいわれている韋駄天は、オリンピックを目指してスポーツに励む子供たちには必要不可欠な守り神になるでしょう。


大河ドラマの『いだてん』は、日本人が初めてオリンピックに出場した明治後期から1964年に東京オリンピックが開催された時の、長い期間を描いた作品です。

 

サブタイトルである〜オリンピック噺〜ということからも、五輪で日本人が韋駄天早く走り活躍する姿が想像できますね。

ドラマの題名でもある“いだてん”という言葉は非常に躍動感を感じられます。

 

再び開催される東京2020オリンピックへの気持ちを高めるためにも、ぜひオススメですよ!!

 

いつから放送開始?

 


2019年のNHK大河ドラマ“いだてん”は、2019年1月より放送開始予定です。

 

全50話ある“いだてん”は、NHK大河ドラマの第58作目です。

 

2018年の大河ドラマ“西郷どん”の人気もまだまだ高い中、次回作の“いだてん”にも注目が集まっているのは、やはりオリンピック噺という日本としてはタイムリーな話題だからでしょう。

2019年1月6日の20時頃からの放送スタートが発表されました!

 

NHK大河ドラマは例年、毎週日曜日の20時からとおおよその時間は決まっていますもんね( `ー´)ノ

 

前作の『西郷どん』がかなりの視聴率を稼いでいましたからね~。

かくいう『いだてん』も宮藤官九郎さん脚本阿部サダヲさん中村勘九郎さんのダブル主演ということで視聴者の期待値はかなり高まっています。

 

さらにヒロインの綾瀬はるかさん大竹しのぶさんなどの豪華女優陣も顔を揃える『いだてん』は、老若男女問わず多くの視聴者が楽しむことができるドラマになると予想されます。

ナレーターに起用されたのがビートたけしさんというところも、宮藤官九郎のキャスティングならではのものですよね。

 

出演者のプレッシャーはかなりのものかと思いますが、ぜひ前作を超える素晴らしい作品を作り上げて欲しいですね。

 

スポンサーリンク

子役は?

 

『いだてん』は、明治後期から東京オリンピックまでの約50年の期間を描いたドラマですので、当然子役の存在は不可欠。

といっても、中村勘九郎は自身が中学生役までは勤めているということで、かなり役柄としては難しかったでしょう。

 

そのため、今回子役としては幼少期から小学生時代を演じるキャストを、オーディションで選びました。

人気の大河ドラマ出演の機会ということもあり、オーディションにはなんと1500人もの子役が集まりました。

 

その中でも、厳しい審査を通過して選ばれた男女2人の子役は、中村勘九郎さんと綾瀬はるかさんの幼少期を演じます。

 

この2人の子役を演じるわけですからね。

可愛らしいことは確かですが…

どうやら『いだてん』の子役に選ばれた2人の名前や顔はまだ公開されていないです。

 

撮影地である熊本県の風土や方言などをしっかりと表現したいということからオーディションは熊本県で行われました。

おそらく選ばれた子役も熊本県民、もしくは熊本県にゆかりがあり熊本弁が話せる子供だと考えられます。

日本には東北弁や関西弁など多くの方言が存在しますが、中でも九州沖縄地方の方言は再現が難しく、その土地で育って生活をした人でなくては話すことは難しいといわれていますからね。

撮影場所である熊本の視聴者からも違和感なくストーリーを楽しんでもらうために、宮藤官九郎さんもかなり方言にこだわりを持っているでしょう。

 

子役の存在は大河ドラマ『いだてん』の大きな注目ポイントのひとつですね。

子役の発表による、容姿や話し方などにも期待が高まります。

 

まとめ

 

2019年の大河ドラマ『いだてん』!

早くも見てみたくなりましたね(*^-^*)

 

あの大人気朝ドラ『あまちゃン』を手がけた宮藤官九郎さんの作品ということもあり、多くの人が『いだてん』のスタートを今か今かと心待ちにしています。

ぜひドラマが盛り上がるとともに、視聴者の東京2020オリンピックへの関心を高めるためのステップともなってほしいですね♪

いだてん【2019NHK大河】モデルの金栗四三とは?原作や脚本についても!

2018.11.07
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です