あなたには渡さないの田中哲司と水野美紀はつながってる?二人の関係を考察!

 

深夜枠としてはなかなか豪華な俳優陣!

その演技のうまさからか、2話にしてジリジリと引きつけられる人が続出しているようです(^^)

そんな中、どうしても気になることが・・・

 

スポンサーリンク

田中哲司の役柄は

<田中哲司さんについて>

  • 1966年2月18日生まれ
  • 三重県鈴鹿市出身
  • 1984年三重県の高校を卒業後、東京の音響系の専門学校に進学したが大学進学を決意し1年で退学。1年間勉強して日本大学学芸術学部演劇学科に進学、1990年に卒業
  • 多くの舞台に出演、ドラマデビューは1997年のTBSドラマ『ぽっかぽか3』。
  • その後も数々のドラマや映画に出演。独特な雰囲気を持ち、高い演技力から名バイプレーヤーとして活躍。
  • プライベートでは、2014年、女優の仲間由紀恵さんと結婚。双子の父親。

 

「あなたに渡さない」の役柄は・・・

木村佳乃さん演じる通子の兄の中学時代からの友人「笠井芯太郎」。

当時から通子のことを妹のように可愛がってくれていた人物。

通子の結婚式に参列してくれて以来20年間会っていなかったが、奇しくも夫・旬平(萩原聖人さん)に愛人がいると発覚した日に偶然街角で再会します。

ドラマの展開を考えると、ここでの再会は必然??

 

木村佳乃との関係は

 

通子のことを「みっちゃん」と呼ぶほどなので、ただ友人の妹というだけではない親密度が伺えますね~

笠井本人は結婚して5歳の子どももいるのですが、かつては通子に思いを寄せていたようです(*^_^*)

 

再会をした翌日、通子は笠井の会社を訪ね、夫の浮気を打ちあけます。

そして、お金を貸してほしいとお願いします。

「3,000万?」「300万?」と聞く笠井に「3万円」と言う通子・・・

「3,000万とかいきなり貸せちゃうの?」とか「いやいや3万ならどうにかなんないの?」とか見ながら突っ込んじゃったけどw

それよりも突っ込みたくなったのは↓↓

そんな簡単にお札で指切りますか~!!

今どき、指吸いますか???(>_<)

かつての思いが一気に爆発してしまったのでしょうか?

絆創膏は可愛いけど・・・

 

水野美紀との関係を考察

 

ここで本題に入ります。

通子は悩んだ末に、夫の愛人多衣(水野美紀さん)の住む金沢まで出向き、「夫とは偽装離婚をしたから、婚姻届を6,000万で買って下さい」と言い寄ります。

そのお金で、倒産しかけた料亭『花ずみ』を自分が女将になって立て直すというのです。

しかも、夫の旬平はそのまま板前として働いてもらうとも(?_?)

なんと突拍子もないことを言いだすのでしょうか??

すごい行動力にいろいろとビックリです!!

 

多衣は「急にはお金を用意できないから一晩まってくれ」と、通子を一晩金沢に留めます。

そして、かつて旬平と逢瀬を重ねた旅館を紹介します。

お、おぞましさを感じたのは私だけ?\(◎o◎)/!

 

金沢に通子を残し多衣は夜の東京へ・・・

翌朝、金沢を後にしようとした通子を多衣が引き留めます。

手渡したのは、6,000万円の小切手!!

誰かから借りたようです。

いったい誰から??

 

スポンサーリンク

水野美紀と田中哲司の関係を考察

 

いろんな推測が飛び交う中、多衣が東京で笠井と会うシーンが流れます。

なのに、後日新『花ずみ』で会った笠井と多衣はお互い「はじめまして」と名刺を交換します!

謎です(゜゜)~

笠井と多衣はどんな関係???

 

勝手に考えてみました^_^;

 

パターン1「みっちゃんは俺が守る!」

通子から旬平と多衣の関係を打ちあけられた笠井は、かつての通子への思いが再燃し、なんとか自分が守ろうと決意!!

通子から愛人の多衣は金沢の酒造の社長であると聞き、自ら多衣と連絡をとるのです!

そして、旬平と別れるよう説得。

もちろん多衣は応じませんでしたが、通子から6,000万円を貸してほしいと言われた日の夜、急きょ笠井に連絡をし、通子を助けたいのなら6,000万を肩代わりするよう提案するのでした~

 

パターン2「私たちはビジネスパートナー」

東京に進出しようと思っていた多衣は、旬平を頼りにしていたけれどなにせ板前しか能がない旬平は、笠井のことを思いだし紹介します。

 

多衣は直接笠井と話を進め、二人は既にビジネスパートナーになっていたのでした。

実は、多衣の東京のマンションも笠井の会社が管理している物件。

そして通子が金沢に来た夜、笠井を頼って東京まで足を運び、6,000万の借金を申し出たのでした~

 

と、あの登場人物で大金を用意できるのは笠井しかいないので6,000万の出所は笠井で間違いないと思うのですが、笠井と多衣の“旧知の仲感”からすると、パターン1はないのかな~

 

まとめ

 

ドロドロするはずなのに通子と多衣があまりにもさばさばしているうえに、何故かどこかでお互いを応援したり認めたりしているという、不思議な感情が漂っていますね~。

でもちょっとわかるかも?

わからないのは旬平です・・・

今後もこの4人が織りなす人間模様を楽しみにしています(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です