凛【映画】原作の結末ネタバレ! 又吉脚本の舞台との違いはある?

 

2019年2月22日公開の映画『凜』

 

ピースの又吉直樹さんが2007年に舞台用に書き下ろした作品を、吉本興業とTBSテレビが映画化しました。

 

映画『凜』の原作は、小説ではなくて舞台

 

舞台の原作について書いていきます。

以下ネタバレがあるので、ご注意くださいね( `ー´)ノ

 

スポンサーリンク

映画『凜』原作の舞台ネタバレ

 

冒頭でも述べたように、又吉直樹さんが2007年に舞台のために書いた作品です。

2007年12月に神保町花月にて公演されました。

脚本は又吉直樹さん。

演出は大平カンフーさん。

出演者は9人。

  • 天童:ピース又吉直樹さん
  • 真島:ピース綾部さん
  • 耕太:ピクニックさん
  • 竜次:はんにゃの金田さん
  • 大仏:キューティーブロンズ小三郎さん
  • 親父:はんにゃの川島さん
  • ジジイ:ゆったり感の江崎さん
  • 神主:ゆったり感の中村さん
  • 先生:キューティーブロンズの先川さん

 

又吉さんが書いた台本を、又吉さん本人がどう演じるのか、とても話題になりましたよね。

だいぶ前にピース単独でやっていたコントを芝居用に書き直したものであるという情報も。

 

この作品は耕太目線で話が進んでいきます。

 

舞台『凜』のあらすじ

 

「百年に一度、子供が五人、赤いお面を被った妖怪にさらわれる―」

そんな神隠しの伝説を持つある村の中学校で、子どもが1人いなくなりました。

 

隣村の中学校の真島・竜次・大仏・耕太の男子4人組。

不可解な事件が起こっても、いつもと変わらない朝がありました。

 

4人組がいるクラスに転校生がやってきます。

転校生の名は天童

大きなずた袋を持っています。

 

誰とも打ち解けようとしない天童でしたが、真島たちは魚釣りに出かけた日に偶然会った天童と、ずた袋を渡されたことから仲良くなります。

 

クイズを出し合ったり、冗談言ってふざけたり。

そんなことをしていると村の名物じいさん「早く帰れジジイ」に早く帰れとせかされ、少年たちは帰り道を急ぎます。

 

ある日、また子どもがいなくなりました。

真島と耕太・竜次・大仏の4人は、神隠し伝説の話を聞きに村の神主のところへ行きます。

 

かつてこの村を治めていた山伏たちは、子どもを神に献上していました。

しかしその山伏のうちの1人が子どもを可愛そうに思って逃がします。

その山伏は死刑となって、追悼の意味を込めて神社が立てられました。

その100年後の今、子どもが行方不明になる事件が発生し、村人たちは山伏が赤いお面をつけて化けて出たと噂するのでした。

その後天童が神社につくと5人は缶蹴りを始めます。

鬼は耕太。

しかし耕太がいくら探しても大仏と天童が見つかりません。

真島と竜次と耕太は仕方なく家へ帰りました。

 

次の日大仏が行方不明になったままであることを知る4人。

耕太は、昨日見つけられなかった天童が犯人だと決めつけて責めます。

真島がかばいましたが天童はその場を立ち去りました。

 

その日の夜、真島宅に客が。

天童でした。

耕太とのけんかでかばってくれたことのお礼を言いに来たのです。

真島と天童の心は打ち解けて、竜次と耕太も現れ4人は仲直りし、夜の山へ星を観に行くことに。

 

「星ってすごく遠くにあるから、光が届くまでにはすごい時間がかかるんだ。だからこの星の光も、何百年も前に光ってたものなんだってさ。】

「この星が光ることは、百年も前から、決まってたってことか・・・」

「俺たちが友達になることも、百年前から決まってたのかもしれへんな。」

 

星を見ながら眠りについた4人。

耕太が目を覚ますと、竜次と天童が見当たりません。

しばらくして天童が「竜次がいない」と戻ってきました。

どれだけ探しても竜次は見つからないまま。

耕太の天童を怪しむ心が深まります。

 

村の名物じいさん「早く帰れ」ジジイが亡くなりました。

雪の中で発見されてたジジイの顏はとても穏やかだったそう。

享年127歳。

100年前、ジジイの5歳の息子が行方不明に。

長年、子どもたちに「早く帰れ」と言って回っていたのは、そんな悲しい過去からくる行動だったのでしょうか。

 

天童親子への疑いは村中に。

山奥の小屋でずた袋を見つけた耕太。

天童のだと思った耕太は真島を誘って真実を突き止めに行きます。

そこで赤いお面の山伏を見かけ、と同時に天童が山小屋へやってきました。

耕太は天童を問いただします。

 

 

「誰かが言ってた。どこかの国の奴が、この村の伝説を利用して人をさらってるんだって!なぁ天童!次は俺か?真島か?!」

 

ずた袋を投げつけて耕太は飛び出していきました。

 

ウワサで村に居づらくなってしまい、天童親子は明日引っ越します。

天童は真島にそのことを打ち明けました。

 

「でも、お前とは、なんか初めて会った気がしねえんだよな」

「俺もや。なんかこう、懐かしい感じがする・・・」

 

次の日、耕太は天童が転校したことを真島から聞かされます。

耕太の天童への疑いの心は確信へ。

 

 

・・・

隣の国の言葉でニュースがラジオから伝えられている真っ暗な部屋。

すた袋を持った赤いお面の山伏

 

「ごめんな天童。五人目はお前だ―」

 

お面を外したその山伏は、なんと真島でした。

真島はやりきれない顔でそうつぶやきます。

 

真島とその父親は、中学生を拉致し、隣国へ運んでいたのです。

 

真島親子は拉致した天童(たち?)を隣国へ運ぶために車を走らせます。

しかし真島は父を裏切りました。

その結果、車は急ブレーキ、激しい衝突音が!!!

 

この事故で生き残ったのは天童1人。

他に拉致された中学生たちも乗っていたのかはわかりません。

大仏と竜次は戻ってきませんでした。

 

いつもの学校、いつもの教室。

耕太は1人席についていました。

そこへ天童が入ってきます。

 

「あの・・・ごめんな。でもまさか真島と親父が・・・」

「ええって。その話はやめよう。」

「でもお前、よく真夜中の山小屋からひとりで戻ってこれたよな。」

「それがな、山伏みたいなやつが、村までの道を案内してくれたんや。その山伏な、真島によう似ててん。なんや、懐かしい感じがしてなぁ。」

 

天童の話を聞いた時に耕太は、村の神隠し伝説を思い出しました。

子どもを逃がした伝説の山伏と同じように、真島も天童を逃がしたのかもしれないと。

 

友だちはいなくなってしまっても、いつもと同じ日常が、始まります。。。

 

スポンサーリンク

映画『凜』との違いは?

佐野勇斗さんと本郷奏多さんのW主演。

その他の出演者には

佐野勇斗、本郷奏多、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、大沢ひかる、平祐奈、椿鬼奴、須田邦裕、金田哲(はんにゃ)、好井まさお(井下好井)、片桐仁、堀部圭亮、勝村政信、石田ひかり(友情出演)、山口紗弥加【敬称略】など。

 

設定が原作とは違って、映画では高校生( `ー´)ノ

”大仏”役に須賀健太さん。

”竜次”役に亀田侑樹さん。

”真島”役に櫻井圭佑さん。

 

大沢ひかるさんや平祐奈さんらのヒロイン的存在も映画では登場します!

 

あとは、神隠し伝説の赤い仮面をした山伏が、傘をかぶったバケモノになっていますね。

 

公表されている中では大きな違いはなさそうですが、舞台公開の2007年から12年が経っているので、現代版にリメイクする感じでしょうか。

SNSもまだそんなに普及してなかった頃ですし、映画ではSNSも関わってくるのでは?

原作をベースに、どれだけ話が広がりを見せるのか楽しみですね!

 

まとめ

 

芥川賞受賞の又吉さん。

独特の雰囲気を持った又吉ワールドの世界をたっぷり映画で堪能しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です