川中島古戦場史跡公園の桜の見頃はいつ?駐車場や売店や遊具についても

 

長野県長野市のおすすめお花見スポット、川中島古戦場史跡公園について紹介します。

 

地元では、「八幡原」や「川中島古戦場」とも呼ばれ、広く親しまれている公園です。

公園の名前の由来にもなっていますが、武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いとしても有名で、上杉謙信の太刀を武田信玄が軍配で受け止めるというシーンの銅像があります。


行った際には、ぜひ同じポーズで記念撮影してみてくださいね!

いい記念になりますので、恥ずかしさは捨てましょう(笑)

 

スポンサーリンク

川中島古戦場史跡公園について

 

公園内は、広い芝生があり、その周りを取り囲むように遊歩道があります。

その遊歩道沿いに、約100本の桜が咲き誇るお花見スポットです。

川中島古戦場史跡公園 桜の見ごろは

まず、気になる開花時期ですが、だいたい4月の上旬からつぼみが膨らみ、ちらほら咲き始め、4月中旬から下旬にかけてが満開です。

満開になると、どこを見ても桜状態になりますので、公園内ならどこでもお花見が楽しめちゃいます♪

 

ベンチや椅子などはほぼないので、レジャーシートは必須!

桜の木の下や、広い芝生広場で使用できます。

桜の木の下で、桜を見上げて食事をしたい方は、桜の根が張り出していて、少しデコボコしている所もありますので、少し厚みのあるシートをおすすめします。

芝生の上は、ふかふかしてるので普通のシートでも大丈夫です。

 

また、ワンタッチテントがあれば便利です。

我が家は、もうじき2歳になるの息子がおり、このくらいの子を持つ親であれば誰しもが気になるのが、「おむつどこで変えよう」ではないでしょうか。

ワンタッチテントがあると、このお悩みがかなり簡単に解決します!

公園内にもトイレが2箇所あり、おむつ交換する場所もあります。

が、遊んでいる場所によってはちょっと遠い…なんて事も。

テントならば、しっかり閉めて見えないようにして行えば、周りの方の迷惑にもなりませんし、兄弟がいてその場を離れるのが心配な時や、汚れてしまって着替えたい時にも役立ちますよ~( `ー´)ノ

 

遊具について

この公園のおすすめポイントは、子どもが疲れ果てるまで遊べる!というところにもあります。

お花見は、大人であれば、桜を見ながら美味しいものを食べ、なんなら一杯飲みたくなり、話にも花を咲かせるものです。

しかし、子どもがいるとそうもいきません。

ご飯が終わったら、じっとしていることはなく、遊びたーい!となること間違いなしです。

 

こちらの公園は、遊具や迷路がありますので、そこで十分に楽しめます。

 

遊具は3才児から楽しめるくらいのレベルですね。

2才児でも付き添ってあげれば一緒に遊べると思います。

 

また、迷路は立体的な作りになっていて、ちょうど子どもの背丈くらいの高さの高低差があります

迷路の途中に小部屋のようなくぼんだスペースがあり、隠れるにはぴったり。

ここで鬼ごっこやかくれんぼをすると、すごく盛り上がって大人でも楽しいです(笑)

 

また、広い芝生広場でボール遊びをしたり、鬼ごっこしたり、バトミントンやフリスビーをしている方もよく見かけます。

小高い丘に上ってみたり、コロコロ芝生の斜面を転がってみたりと、体を沢山動かして遊べます。

 

公園から大きい道路までは、遊歩道や駐車場があるので、子どもが道路に飛び出してしまう心配もナッシング(*^-^*)

 

また、公園内には、市立博物館があるんです!

毎週土曜日は小学生が入場無料!

さらに、体験広場などの催し物があります。

プラネタリウムが併設されており、土日祝や春休み、夏休みに投影を行っています。

お花見のついでに、こういった施設を利用して遊ぶことも出来ちゃいますね!

市の施設ですので、料金が安いところも魅力の一つではないでしょうか。

 

博物館前の池では、亀がのんびり甲羅干しをする姿も見ることができますよ。

結構近くに来てくれることもあるので、息子は亀探しにハマり、見つけるとじっと観察しています。

浅い池ですが、誤って落ちないように注意しましょう。

 

この公園で気兼ねなく遊ぶためには、服装にも注意したいところ。

というのも、ちょっと痛い思い出が…(笑)

 

足が出るような半ズボンで芝生に寝転がって遊んでいた時のことです。

チクチクするなあと思ったのですが、気にしないで遊んでしまった結果、足に赤い湿疹が出たことがあります。

何かの虫に刺されたのか、芝生の刺激でそうなってしまったのか、原因は定かではありませんが、いくら小春日和でポカポカでも長ズボンを履いていきましょう。

もちろん柔肌のお子さんもですよ!

 

また、遊歩道は砂利道なので、靴はスニーカーが歩きやすいですね。

砂利道の一部が舗装されているところもありますが、段差などもあるので、ベビーカーはちょっと押しにくいかもしれません。

公園は、広く風通しもいいので、風が強くて曇りだと、肌寒く感じることもあると思います。

羽織ものを持参しましょうね ( ..)φメモメモ

 

売店は

 

次に、お店情報です。

この公園は、武田信玄と上杉謙信ゆかりの地であるため、観光客も訪れます。

そのため、お蕎麦屋さんやお土産屋さんも営業しています。


青果店もあり、野菜や果物が売られています。

自動販売機もあるので、ちょっとのどが渇いた時などは利用できます。

 

ただ、歩いていける距離にコンビニやスーパーといった類のお店はありません。

子連れの場合は、お店を利用するのが大変な場合もありますから、お弁当を持参したり、事前に購入して持ち込んだほうが無難ですね。

 

近くのお店というと、公園の向かいに「蕪村」というラーメン屋さんがあります。

小上がりあり、子供用椅子あり、キッズメニューありの子連れに優しいラーメン屋さんです。

 

スポンサーリンク

アクセス・駐車場について

 

最後にアクセスですが、長野ICから車で5分ほどです。

長野駅からバスも出ていて、川中島古戦場というバス停があります。

公園の真ん前にバス停があるので、便利です。

 

駐車場は無料で、かなり広く、140台ほど停められます。

平日は、まず停められない事はないと思います。

土日のお花見シーズンになると、混み合いますので、早めに訪れたいところです。

 

まとめ

 

開放感のある広い公園で、お友達やご家族と一緒にお花見を楽しんでくださいね!

ちなみに・・・

ここは「犬の散歩ができる公園」と看板に書いてあります(笑)

ドッグランもあるので、ぜひ、ワンちゃんがいるおうちは一緒に連れてきてあげてくださいね(*^-^*)

入っちゃいけない場所もあるので、ルールを守って楽しく過ごしましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です