かみゆうべつチューリップ公園2019のアクセスや入場料は?見頃はいつ?

 

まるでオランダの街に来たかのような一面満開のチューリップが咲き誇る「かみゆうべつチューリップ公園」をご紹介します!

 

スポンサーリンク

かみゆうべつチューリップ公園って?

 

北海道オホーツク海側、湧別町にある、総面積12.5万平方メートルの公園です。

作付面積7万平方メートルの広大な敷地で、およそ200品種のチューリップを植栽しているんです!!

明治時代、この土地を開拓した屯田兵が、「少ない面積の農家の収入を増やすには、高収益であるアスパラガスとチューリップが有望」という指導の元、昭和32年、オランダからチューリップの球根22種類6万500球を輸入し、チューリップの栽培を開始しました!!

 

組合員たちの熱心な努力で、昭和40年にはアメリカ西海岸地方などに20万球も輸出するようになったそうです\(^o^)/

ところが、喜びもつかの間、オランダが安く球根を売るようになったため、日本からの輸出が困難になり、生産農家も減り、年々衰退(T_T)

 

しかし!チューリップへの愛情が深かった農家の人達は、畑の片隅や庭にチューリップを植え続け、「後世に残そう!!」と強い思いを持った老人クラブの連合会の人達が、昭和50年に、現在の場所に「老人農園」としてチューリップの作付けを始めたんです!!

やがて、農園は拡大されていき、車で通過する町外の人達からも注目されると、自然に人々が集まるようになってきたそうです(*^_^*)

 

ここに着目した町が、昭和60年に作付面積を拡大し、「チューリップ園」と改名。

管理棟や駐車場を整備し、昭和63年には正式に町立の「チューリップ公園」に指定されました\(^o^)/

 

現在見られる120万本ものチューリップは、すべて町民の方々の手植えなんです!

デザインもその年ごとに変え、いつ来ても楽しめる工夫もしているとか。

チューリップ愛が止まりませんね~

 

チューリップの見頃は?

 

例年、チューリップの開花のピークは5月中旬から下旬。

ただし気候に左右されやすいので、その年によって早まったり、遅くなったりします。

せっかくなら、満開の時期に見たいですよね~

 

実は、公園の公式HPに開花状況を掲載しています。

公園のライブカメラも見ることができるので、実際自分の目で開花状況を確かめることも出来るんです!!

とっても親切(*^_^*)

>>>かみゆうべつチューリップ公園のHP

 

アクセス方法は


湧別町ってどこ?って思いますよね~

アクセス方法をご紹介します!

 

公共交通機関を利用する場合一番近いのはJR遠軽駅です。

遠軽駅からは、北見バスの湧別・紋別線に乗り、公園までは約15分

ただし本数はすごく少ないです(T_T)

遠軽駅までは札幌から網走行きの特急や高速バスが走っています。

 

札幌方面から車で行く場合は、道央道比布JCから遠軽瀬戸瀬まで、高規格道路・旭川紋別自動車道(通行無料)を利用し、国道333号線から242号線を通って公園へ。

約270km、3時間30分のドライブです(*^_^*)

この時期の北海道は、とっても空気が清々しくてドライブには最適!!

 

400台収容の駐車場は無料ですが、ピーク時は大変混み合いますのでお気をつけくださいね!

 

スポンサーリンク

公園の楽しみ方

 

チューリップが咲き始める、5月初旬から6月上旬までは、毎年チューリップフェアが開催されます。

開園時間は午前8時から午後6時まで(最終入園時間は5時30分)

入園料は高校生以上500円。小中学生は250円。

 

お昼時は観光バスなども到着し、混み合う時間帯なので、午前中のなるべく早い時間がおススメです。

ゆっくりと歩いて回るのもいいですが、ガイドさんの案内を聞きながら、園内を12分かけて一周する周遊バス『チューピット号』も人気です(大人300円、こども100円)

公園全体を見渡すには、公園正面にある「風車型展望台」に登ってみるのが一番です。

園内の様子が一望できるうえに、チューリップをバックに写真も撮影できます。

また、国道側には、その風車型展望台も入れて撮影するためのスポットもありますよ~

 

チューリップに200もの品種があることをご存知でしたか???

園内のチューリップには、名札がついています。

「アラジン」「桃太郎」「白雪姫」「かぐやひめ」「金太郎」・・・なんて物語の主人公の名前なんかもあるんです!!

どんなイメージでつけたのか、ひとつひとつ見て回るのも楽しいですね(^o^)

 

おうちでもチューリップを!と言う人には・・・

バケツとノミを持って、チューリップを球根ごと掘り取る「掘取体験」(1本100円)根付時期の10月頃に球根が自宅に届く「球根予約販売」(1球70円)も行っています。

ニーズに合わせてチョイスしてみては?

 

お土産も売っている、洋風な建物の食事処「チューリップ館」では、ハンバーグやカレーなどが楽しめますが、シーズン中は大変混み合います

 

お弁当持参のファミリーや屋外の屋台で売っている揚げ物などを買った人は、芝生や食品持ち込み可の「チューピットショップ」などを利用していますよ(^_^)

 

 

>>>北海道地元民おススメお土産菓子15選!チーズやジャガイモ系が人気!

 

まとめ

 

本当にキレイで見事な公園です。

ついつい写真を撮りまくってしまいがちですが、くれぐれもマナーを守ってシャッターを切って下さいね(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です