アイネクライネナハトムジーク【映画】森絵梨佳の演技力は上手い下手どっち?

 

2019年9月20日公開予定である三浦春馬さんが主演の映画「アイネクライネナハトムジーク」。

織田一真(矢本悠馬)の妻である織田由美森絵梨佳さんが演じます。

 

モデルやCMで主に活動してきた森絵梨佳さんですが、演技力が気になりましたので、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

【映画】アイネクライネナハトムジークの森絵梨佳について

  • 1988年10月4日生まれ
  • 身長160センチ
  • 体重43キロ
  • サイズ 84/59/79
  • A型
  • 日出高等学校卒業
  • 亜細亜大学経営学科
  • 3人兄妹の末っ子
  • 特技:ピアノ・水泳・フルート

 

森絵梨佳さんといえば、様々な雑誌で活躍しており、カリスマ的人気を誇るビューティーモデル

ハーフのような目鼻立ちに、天使のような可愛らしさとイノセントな雰囲気を持ち合わせていらっしゃいます!

主にメイクページでお見かけすることが多いですね。

可愛いと綺麗を兼ね備えたお顔は、なりたい顔No.1にも選ばれました。( `―´)ノ

森絵梨佳さんは、1988年生まれの30歳(2019年8月現在)

2014年に7歳年上のメイクアップアーティストの方とご結婚され、2017年に5月に出産されて現在は子育て真っ最中です。

子育てしながら美しさをキープし、映画やCMや雑誌で大活躍されていて、もう凄い!としか言いようがありませんね。

アイネクライネナハトムジークは、オール仙台で撮影が行われたそうですが、なんと森絵梨佳さんの出身地も宮城県仙台市だそうですよ!

 

【映画】アイネクライネナハトムジークの森絵梨佳の過去の出演ドラマやCMについて

 

森絵梨佳さんは高校に入学と同時に仙台より上京し、ガールズユニット「Doll’s Vox」として活動していました。

その後2004年の映画「問題のない私たち」で映画デビュー。

この作品では、当時15歳のとてもピュアで可愛いらしい森絵梨佳さんが見られます!

そして2005年(当時18歳)に週刊ヤングジャンプの「制コレ04」にてグランプリを受賞。

それをきっかけにテレビドラマ「仮面ライダー響鬼」で持田ひとみ役を演じて、とっても可愛い!!と広まり、大きな話題になりました。

仮面ライダーは世代広く見られてる方も多いですよね。

大学に入学され活動を休止されていたものの、2008年に「ゼクシィ」のCMで再び人気沸騰です。

森絵梨佳さんのナチュラルな雰囲気でたくさんの女性の憧れの的となりました。

そこからは主に美容系の「美的」や「VoCE」などの各雑誌のモデルとして表紙を飾って活躍されます。

雑誌モデルでは主にメイクページに出られる事が多く、メイクによってピュアだったり妖美だったり、さまざまな表情をみせてくれました。

それからは、徐々に映画やドラマに出演されるようになり、女優業でも実力を伸ばしていかれ現在に至ります。

2016年に映画「全員、片想い」で10年程ぶりに映画出演を果たしました。

久しぶりの映画出演でしたので、本人曰く覚悟が必要だったとのこと。

勇気を出して演技の世界へ戻ってこられたそうです!

ドラマでは同年「グッドモーニング・コール」、「ラブラブエイリアン」、「連続テレビ小説 とと姉ちゃん」と立て続けに活躍されていましたよ!

 

【映画】アイネクライネナハトムジークの森絵梨佳の演技力は?

今まで出演されたドラマや映画を見てみると、どれも高い演技力で役にはまっている感じがありました。

私個人としては、いつも雑誌でお見かけすることが多かった憧れの美人さんが、動画で見れるだけでその可愛さに満足してしまう部分もありましたが、、、。

 

ネットでは「ラ行の滑舌が悪い」「セリフの運び・間が悪い」などの辛口の意見も。

ビオレのCMでの森絵梨佳さんはとくに「滑舌が悪くて聞き取りづらい」という評価が目立ちました。

 

しかしプラス評価も多くて、

「柔らかい印象」

「かわいくて演技も良い」

「仮面ライダー響鬼で鍛えた演技力は流石」

「顔も好きだけど演技も好きかも」

「演技の幅が広く、可愛い雰囲気とは逆の強気で毒がある演技も上手」

などの声が上がっています!\(^o^)/

 

スポンサーリンク

【映画】アイネクライネナハトムジークについて

 

時を越えて気づく、<出会い>よりも大切なことー

「アイネクライネナハトムジーク】は思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しの恋の物語です。

 

原作の「アイネクライネナハトムジーク」はモーツァルトの楽曲。

「アイネ(ある)クライネ(小さな)ナハト(夜の)ムジーク(曲)」という意味です。

 

監督は興行収入3億5千万円突破した「愛がなんだ」のヒット映画を手掛けた今泉力哉さん。

そして原作は、「重力ピエロ」で名が広まった大人気ベストセラー作家の伊坂幸太郎さんです。

伊坂幸太郎さんにとって、初にして唯一の恋愛小説集だそうです。

この映画で「劇的な<出会い>を待つ男」として主演しているのが三浦春馬さん。

そこに偶然現れる女性として多部未華子さん。

2人の恋を基軸にしながら展開される思いがけないめぐり逢いの連鎖のストーリーが、【10年】という時のなかで描かれていきます。

映画アイネクライネナハトムジーク の原作ネタバレ感想!感動の結末に涙!

2019年8月16日

まとめ

 

森絵梨佳さんの演技力に対しては賛否両論あるものの、森絵梨佳さん自身は女優業に力を入れていきたい気持ちがあるようです。

ますます演技に磨きをかけていかれることを願い、今後に期待していきましょう!

今回の映画の内容もとても面白そうですし、森絵梨佳さんがどのような役で演じられるのかも気になりますね。

ぜひ映画もご覧になってみてください。

映画人間失格2019のロケ地はどこ?撮影場所を聖地巡礼がおすすめ!

2019年8月17日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です