【ニッポンノワール】1話まとめから結末を考察!犯人は薫本人?

 

いよいよスタートしたドラマ「ニッポンノワールー刑事Yの反乱―」!

1話が終わっても謎に包まれたままでした(>_<)

 

スポンサーリンク

【ニッポンノワールー刑事Yの反乱―】1話でわかったこと

 

 

 

ざっくり言うと・・・

過去に起きた「十億円強奪事件」の真相を知った捜査一課の刑事・碓氷薫(広末涼子さん)が何者かに殺害され、部下の遊佐清春(賀来賢人さん)が犯人に仕立て上げられた。

犯人は本当に清春か?それとも誰かにハメられたのか?真相は??

 

内容的にはよくありそうな始まりですが、なんたってみんなキャラ濃過ぎ(>_<)

ハードボイルドかと思いきや、ところどころにコメディ挟んできてあっという間の1時間でした!

 

遊佐清春の記憶喪失

 

予告で「記憶が失われていた」と言っていたのに、意外と普通に行動していたので、最初はアリバイ工作のために記憶喪失のフリをしているのかと思いました。

禁煙のくだりからみても本当に記憶がスポッと抜けているようです!

一過性の健忘症なのでしょうか?

精神的なショックが原因の場合が多いので、よほどの場面に遭遇したことが予想されます!!

 

自分自身がここ3ヶ月の記憶を忘れたとして、生活に支障が生まれるか考えてみましたが、特に大きな出来事がなければ、特段変わらない日常なので、清春が何事もなかったかのように刑事として行動しているのも頷けます。

清春の半ば腐ったような性格は、出生時に母親が亡くなったことで父親から虐待を受けていたことにあるようです。

このトラウマが今後の清春の行動を左右することは間違いないと思います。

 

 

 

碓氷薫の真相

 

清春の横で亡くなっていたのは、上司の碓氷薫でした。

3ヶ月前に捜査一課に配属された刑事で、小学生の息子を持つシングルマザー(^_^)

亡くなる前まで追っていた「十億円強奪事件」に警察関係者が関与していたことを知り、何者かに殺害されたようなので、黒幕は警察関係者であることは間違いないとおもいます。

 

一人残った息子の登場シーンが多いことから考えると、喫茶店のマスター(笹野高史さん)が言うように、息子の克喜(田野井健さん)が事件の鍵を握ってくると思います。

父親が警察の上層部の人で、その人が黒幕なのでは???

 

3年A組とのつながり

 

半年前のドラマなのに懐かしい~

実際の設定も、あの立てこもり事件から半年後なんです!!

 

半グレのリーダーだった喜志(栄信さん)はベルムズから足を洗い堅気になっていました(*^_^*)

でも、清春に頼まれてフェイク映像を作っているので、罪はまだ重ねています・・・

 

刑事役では、捜査一課理事官の本城(篠井英介さん)、同じく刑事の宮城(細田善彦さん)が登場!!

宮城の成長ぶりが感じられました!

正統派刑事という感じでしたが、事件解決に向けて清春の助けになっていくことと思います。

 

↓これは脚本家武藤さんのファンサービス??

 

 

 

【ニッポンノワールー刑事Yの反乱―】犯人は誰?

 

武藤将吾さんのオリジナルストーリーの脚本なので、今後の展開が全くわかりません(>_<)

なにせ、会議室で刑事同士が乱闘したり、いきなり発砲したりと常識では考えられない演出!

福井プロデューサーが「ある種常軌を逸した物語になることは間違いありません」と言っていたのがこれなんですね!

 

 

1話から、警察関係者が真相を知った薫を消したと読み解けます。

単独ではなく、指示する黒幕と犯行に及ぶ者の複数がいるのでしょう!

登場人物の中で怪しいと思うのは、公安部・才門(井浦新さん)本城理事官あたり?

特に才門は、味方なんだか敵なんだか、ミステリアスなところが多すぎます。

警察の中ではエリート中のエリートで、捜査方法もけっこうハードな公安からわざわざ呼ばれたという事は、公安が関わっている事実をもみ消すためか、その反対で暴くためか??

才門は薫の事を大切な友人と言っています。なので希望も込めて復讐のために動いていると予想します(*^_^*)

 

では、本城は?

娘の芹奈(佐久間由衣さん)に「あの件はなんとかなりそう」と電話をかけていたシーンがありましたが、2話のあらすじから、“あの件”とは、1週間前に芹奈が薫と会っていたことを指していると思われます!

薫と芹奈に接点があったのです(>_<)

 

怪しい匂いがします!!

 

この二人以外でなんとなく引っかかったのは・・・

清春の住居の1回にある喫茶店「bonnaro」のマスター

元刑事なんです!!

絶対怪しいですよね~(>_<)

あんな感じの穏やか~な人が黒幕だったりする!武藤さんのパターンではないかとw

 

 

スポンサーリンク

【ニッポンノワールー刑事Yの反乱―】結末を予想

 

 

以前、薫を撃ったのは本当に清春なのでは?と予想しました!

森の中で発見されたのなら、足跡とか残りそうだし、他の人の足跡が見つからなければやっぱり清春が犯人では?と・・・

 

実際は現場に残された指紋や足跡は清春が消して、遺留品も燃やしてしまいました。

森の中の足跡までは捜査していない様子^_^;

清春は自分はやっていないとハッキリ言いきっています。

え~記憶が無いのになんでそんなこと言えるの?ですよね!!

そこに清春の過去のトラウマが・・・

どんなことがあっても、決して最終的に手を下さないと確固たる信念が清春の中にあって、だから自分は絶対やっていないと確信しているのです!!

 

薫はそんな清春の本質を見抜いていて、自分にもしものことがあったら後のことは清春に託そうと思っていました。

そして、とうとう黒幕の手が薫にも!!

このまま自分が消されてしまえば事実ももみ消されてしまうと思った薫は、清春にすべてを話した上でなんらかの方法で清春を気絶させ、自分から命を絶った!!

清春と自分に関係性がないことを演出したのです\(◎o◎)/

 

 

このエンドロールのシーンって、克喜に最後の電話をかけているのではないでしょうか?

記憶が戻り薫の思いを知った清春が黒幕への復讐を始めるのです!

 

まとめ

 

1話から考察してみましたが、まだまだ未知なことばかり(>_<)

今後の展開がどうなるか??楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です