【10の秘密】原作はなくてオリジナルサスペンス?脚本や監督についても!

 

2020年1月スタートのドラマ『10の秘密』!!

キャストも続々と発表になっていますが、どんなドラマなのか?

原作や脚本・演出について調べました(*^_^*)

 

スポンサーリンク

【10の秘密】サスペンスドラマの原作は?

「秘密のベールに包まれた人間の欲望が暴かれる本格サスペンスドラマ」

主人公は建築検査会社に勤務するシングルファザー。

14歳になる娘と二人暮らし。

「娘第一主義」で、飲み代を削って貯金する───

そうやって懸命に生きてきた男の世界が、ある日、ひっくり返った。

『娘は預かった。命が惜しければ、元妻を探せ』

脅迫電話がきて、娘が姿を消したのだ。

なんと、元妻も、少し前に姿を消していた───。

 

引用元:公式HP

 

これは・・・

ミステリー小説かなにかが原作?

と、思いましたが、実はこのドラマに原作はありません

脚本家・後藤法子さんによる完全オリジナルなんです\(^o^)/

 

ところで、2019年は「あなたの番です」などの、ミステリードラマが話題となり、犯人は誰なのか?黒幕はいるのか??などなど、推理する人が続出しましたね~

今回の『10の秘密』はサスペンスドラマ!!

ん?“ミステリー”と“サスペンス”ってどう違うの?

と、素朴な疑問が浮かびましたw

ちょっと解説(^^)/

 

ミステリーとは、

犯人とかトリックとかがわからない状態で、徐々に謎解きをしていくジャンル!!

「あなたの番です」は正にそうでしたが、探偵が推理する作品などが多いです。

 

一方サスペンスとは、

犯人や真相などは既に明らかにされていて、解決までの過程のドキドキ感を楽しむようなジャンル!!

『10の秘密』は後者なので、恐怖感や緊張感を味わうことが出来る作品になることでしょう~

 

【10の秘密】脚本は後藤法子のオリジナル

 

今回脚本を手掛けるのは、後藤法子(ごとうのりこ)さん。

福島県出身、現在52歳の脚本家。

これまで主にテレビドラマを中心に活動しています。

小劇団や自主映画の裏方を経て、2000年の日本テレビのドラマ『バカヤロー!2000 日本人の怒りが爆発する!!』で本格デビュー!

同じ年の4月、ダウンタウンの松本仁志さんと中居正広さんが共演して話題になった『伝説の教師』の脚本も担当しました(^o^)

 

その後も人気ドラマや映画の脚本を書いています。

主な作品は・・・

 

<映画>

  • 2008年 「ホームレス中学生」
  • 2011年 「神様のカルテ」

  • 2016年 「僕だけがいない街」
  • 2020年 「約束のネバーランド」

 

<ドラマ>

  • 2008年~ 「チーム・バチスタシリーズ」
  • 2015年 「銭の戦争」
  • 2016年 「家族のカタチ」
  • 2017年 「嘘の戦争」「愛を乞う人」
  • 2018年 「チア☆ダン」

などなど・・・

 

作品は、散歩しながら考えたり、ジャズの流れる喫茶店で書き上げることが多い後藤さん!

今回の作品はどこで仕上げているのでしょうね~

 

スポンサーリンク

【10の秘密】監督は?

 

監督にあたる演出には、お二人の名前が載っています(*^_^*)

 

宝来忠昭(ほうらいただあき)さん

 

1978年9月21日生まれ

福岡県出身。

立命館大学在学中から自主映画を製作・監督し始め、卒業後はフリーの助監督として、映画・ドラマ・PV・CMなど幅広く活動しています。

 

岩井俊二監督やSABU監督などの現場を経て、2000年に映画『交渉人 堂本零時』で監督デビュー!

その後の主な作品は・・・

 

<映画>

  • 2012年 「すべてのおんなに嘘がある」「あんてるさんの花」
  • 2016年 「みんな好いとうと♪」
  • 2017年 「ちょっとまて野球部!」
  • 2018年 「お前ら全員めんどくさい!」

 

<ドラマ>

  • 2012年 「孤独のグルメ」

  • 2013年 「めしばな刑事 タチバナ」
  • 2014年 「文豪の食彩」「本棚食堂」
  • 2015年 「食の軍師」「女くどき飯」
  • 2016年 「少女のみる夢」「こえ恋」
  • 2017年 「重要参考人探偵」「ホクサイと飯さえあれば」「嘘の戦争」
  • 2018年 「ヒモメン」
  • 2019年 「セミオトコ」「のの湯」「僕の初恋をキミに捧ぐ」など

食べ物系のドラマが多いようですが、本人が食通なのかも?

情報はありませんでしたが、そのほとんどが深夜ドラマということもあり、宝来監督は「深夜ドラマのヒットメーカー」と呼ばれているんだとか。

また、「孤独のグルメ」に代表される、登場人物が一人で喋るモノローグドラマの第一人者でもあります。

 

サスペンスものも手掛けており、どのような演出に仕上がるのかが楽しみです(^^)

 

 

中西正茂(なかにしまさしげ)さん

 

中西さんについて、個人の情報は公開されていませんでした。

1995年に放送されたドラマ『花のれん』で助監督を務めた記録が一番古いので、その頃から監督などの仕事を始めていたのかもしれませんね(^_^)

 

その後、映画の助監督、テレビドラマの助監督・演出補・制作主任などの仕事をこなしてきました。

2017年に放送された『嘘の戦争』では、脚本が後藤法子さん、演出が宝来忠昭さん、そして助監督が中西さんと、今回のドラマと同じ3人がタックを組んでいます!!

 

まとめ

 

『10の秘密』の原作・脚本・監督についてまとめました。

「10」とは・・・10個なのか?10人なのか?

そこも気になるところですが、ぜひ心臓がもつレベルのサスペンスでお願いしたいです^_^;

【10の秘密】河村花は演技がうまいか下手かどっち?東邦高校出身ってホント?

2019年12月25日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です