【シロクロ】ミスパンダ最終回結末予想!横浜流星の狙いを考察!

 

『シロでもクロでもない世界でパンダが笑う』

いよいよ始まりましたね~(*^_^*)

悪い奴は本当にたくさんいるんですね!!

どうシロクロつけていくのか、これから先も楽しみです(^^)/

 

スポンサーリンク

【シロでもクロでもない世界でパンダが笑う】1話から見えたポイントとなる3つの事件!!

①10年前のレンの事件

 

かつて天才美少女棋士と騒がれていた川田レン(清野菜名さん)は、10年前のある事件をきっかけにネガティブで弱気な性格になってしまいました!!

そして、母親の麻衣子(山口紗弥加さん)も、この事件をきっかけに病気になり今も療養生活を送っています・・・

 

10年前にいったどんな事件があったのかは、1話の時点では明かされませんでした。

ヒントとなるのは1枚の写真!!

そこに写っているのは、麻衣子と二人の少女・・・

レンの部屋のある写真は右側の女の子が黒く塗りつぶされていて、麻衣子の病室にある写真は左側の女の子が黒く塗りつぶされています(>_<)

見える女の子の顔は同じ!!つまり、二人は双子なんでしょう~

 

レンは双子の一人で、10年前の事件でもう一人が亡くなってしまった(T_T)

そのショックで麻衣子は精神的に参ってしまったと考えるのが一番腑に落ちます!

 

②8年前の直輝の父の事件

 

森島直輝(横浜流星さん)の父親は、8年前、刑事としてある事件を追っている最中に突然失踪し、その後白骨となって発見されました(T_T)

 

直輝が大切そうに胸に提げていたペンダント・・・

あれはパンダの目??

父が亡くなった後、直輝は父からもらったパンダのぬいぐるみの目の中に隠されたUSBを発見します!!

ファイルを開いてみると、コアラの覆面をつけた男が、女子高生と思われる少女を拘束しているような動画が\(◎o◎)/

 

直輝の父親は、このUSBを持っていたことで犯人に命を狙われてしまったのではないかと思います。

父親役は、なんと田中圭さんでしたね~

直輝は子役だったので、懐かしい田中さんと横浜さんのツーショットは残念ながら見ることが出来ませんでしたが^_^;

 

③佐島あずさの誘拐事件

 

直輝の恋人の佐島あずさ(白石聖さん)は、中学時代『コアラ男』を名乗る男に誘拐されています(>_<)

今は記者として活躍しているので、無事に解放され、心的なショックもあまりなかったのかもしれません・・・

あずさの父親は、現法務大臣の佐島源造(佐藤二郎さん)!

その裏の顔は、直輝に指令を出すMr.ノーコンプライアンス\(◎o◎)/

クセが強いですw

なぜ、佐島はこんな活動をしているのか。

かつて下したある決断が理由で行き過ぎた正義感なんだとか。

直輝と佐島の関係は?

謎が多すぎます!!

 

【シロでもクロでもない世界でパンダが笑う】森島直樹の狙いは?

 

「8年前に突然失踪し、遺体で見つかった父の死の真相を突き止め復讐を遂げる」

と、公式HPでは説明されています。

それなら、父親の事件だけを調べればいいのに、なんでこんな面倒なことをしているのかがわかりません!!

直輝が父親に託されたUSBの中の動画・・・

1話で流れたのは『コアラ男』が少女を拘束しているシーンです。

この少女があずさである可能性はとても高いです。

 

この動画を撮影したのは誰か?そしてなぜ父親はこの動画を持っていたのか?

この2点を解明することで、父親の事件の真相がわかるはず!!

直輝は事件について調べ始めたけれど、当時、誘拐事件が起こったという事実はなかった・・・と言うか、事件はもみ消されていたのではないでしょうか?

誘拐されたあずさの父親である源造は、保身のため犯人と取り引きをして事件を無い物としたのです。

捜査をしていた直輝の父親は、真相に辿り着いたものの、犯人に命を狙われてしまったのです(T_T)

 

罪の意識にさいなまれた源造は、事件のことは隠し、かつて自分も事件をうやむやにされてしまった被害者であると騙して、直輝に近づいたのです。

きっと犯人は同じような事件を繰り返すから、一緒に復讐しようと!!

白黒パンダの主なロケ地を聖地巡礼!1話のカフェや大学の撮影場所はどこ?

2020年1月15日

 

スポンサーリンク

【シロでもクロでもない世界でパンダが笑う】最終回結末予想!

 

メンタリストとしても活動している直輝は、レンを催眠にかけて、ミスパンダに変身させています!!

対象者の眠っている記憶や力を呼び起こしたり、別の人格を刷り込み相手の行動をコントロールすることが出来るのです!!

まるで魔法使いです\(◎o◎)/

 

直輝の父親の事件の真相を知るだけなら、ミスパンダの登場など、こんなに手の込んだことをする必要は無いですよね~

物語のメインとなることですが、現時点では直輝がなぜこんな方法を取っているのかは謎です(>_<)

 

・レンの性格が事件を機に変わってしまった。

・誘拐されたあずさが心身ともに無傷である。

・直輝がMr.ノーコンプライアンスの指示で動いている。

 

これらのことを全て掌握し、指示しているものがいるとしたなら、最も怪しいのはレンの主治医で、直輝の指導医でもある門田(山崎樹範さん)です!!

3つの事件がどう関係し、門田がどう関わったかまでは解明できませんが、名声のために、患者を研究材料にしたり、悪に手を貸したりしているのかも?

信頼していた指導教官が、実は自分の力も利用し、グレーの世界に加担していることをやがて直輝も知ることになるのです!!

【シロクロパンダ】脚本と監督は一人ずつじゃない?原作や内容についても調査!

2019年12月16日

 

まとめ

 

1話から読み解ける謎と、今後を予想してみました~

まだまだ序章!!

2話以降の展開が楽しみですね(*^_^*)

【シロクロ】ミスパンダに原作はなくてオリジナル?台湾のパンダマンとの関係は? 

2020年1月13日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です