テセウスの船の真犯人黒幕は佐々木紀子?原作とドラマから最終回結末考察!

 

「真犯人は原作と違う!!」宣言が飛び出してからの考察も熱が帯びてきました(*^^*)

早速真犯人について考えていきます!!

 

スポンサーリンク

テセウスの船【ドラマ】真犯人は木村さつき?

 

 

テセウスの船とは、ギリシャ神話のエピソードの一つです。

怪物を倒し、村の英雄となったテセウスが乗っていた船は、重要なものとして村に保存されましたが、年月が経つと劣化していきました。

修復・保全を繰り返し、船の部材を新しく入れ替えるうちに、元々の部材は一つも無くなってしまったのです。

さて、この新しい部材のみで作られた船も、果たして「テセウスの船」と呼べるのか

昔から、哲学者たちが議論してきたテーマなのです(*_*)

 

ドラマが2話終了した段階では、この要素は見られません。

原作では、(竹内涼真さん)が、父親の冤罪を晴らしたことで、最後はハッピーエンドとなるのですが、そこにいる心は、現代からタイムスリップした田村心ではなく、和子(榮倉奈々さん)のお腹にいた佐野心(@_@)

佐野心の中に、田村心の記憶はもちろんありません・・・

同じ佐野家の家族ではあるけれど、違う人生を歩んできた佐野家というパラドックスなのです!!

 

この結果を「テセウスの船」と言うのであれば、田村心はタイムスリップして父親の冤罪を晴らすかまたは、事件阻止に成功したことになります。

青酸カリの入手・小学校・佐野文吾(鈴木亮平さん)への罪のなすりつけから考えると、現時点で怪しいと予想するのは、やはり麻生祐未さん演じる木村さつきです!

佐野文吾かその家族に対するなんらかの憎しみがあり強行に及んだと考えられます。

そのことに気がついた田村心が、止めるためにさつきともみ合い命を落とすも、事件を食い止めることは出来たのでは?

 

テセウスの船【ドラマ】真犯人は佐々木紀子?

 

もし、木村さつきが犯人だとすると、正直あっという間に話が終わってしまいます(;’∀’)

面白味もありません・・・

 

心は「同じだけど同じじゃなかった」ですが、もう一人逆に「同じじゃないけど同じ」人がいます。

それは、心の姉、佐野鈴(白鳥玉季さん・貫地谷しほりさん)です!!

 

原作によると、田村心が生きてきた現代、姉の鈴も加害者の家族として辛い人生を送ってきました。

大人になった鈴は、整形をして名前を変え、「村田藍」として新しい人生を歩みます

見た目は鈴じゃないけど鈴という訳です。

 

公式HPの相関図には、鈴に寄り添う車いすの謎の男が登場します!!

原作の通りだとすると、この男は小学校の同級生で、鈴とともに生き残った「加藤ミキオ」であり、実は犯人なのです(゚Д゚;)

素性は隠して鈴に近寄り恋人になり、鈴は身ごもります!!

でも、ドラマでは犯人ではないのです・・・

事件の生き残りだったミキオも、もしかしたら大人になってから慰霊碑を訪れていて、心と同様にタイムスリップを経験していたのではないでしょうか??

タイムスリップしたミキオは、犯人である自分が青酸カリを手にしていたのを目撃していたのです(@_@)

事件が起こると、自分は車椅子生活になり、鈴は辛い人生を送ることになることを知っていた大人のミキオは、犯人を止めました!

でも、真犯人によって事件は起こってしまったのです・・・

 

もう一人、青酸カリを持っていた人物がいました。

亡くなった長谷川翼(竜星涼さん)の婚約者佐々木紀子(芦名星さん)です!

紀子は、翼が幼い子に対して異常な愛情を抱いていたことを知っていました。

 

それでも翼を愛していた紀子の感情は、いつの間にか憎悪へと変化し、翼に毒を盛り、子どもたちを恨むようになっていたのです(*_*)

ワープロに文字を打っていたのは紀子

「超能力」はさつきとの雑談で知り、千夏に「パラコート」を誤飲させたのも紀子だったのではないかと思います。

紀子は、結局翼の後を追うことを選択します!

 

もう一度現代に戻ることができたミキオは、加害者家族ではなく佐野鈴として生きていた鈴を見ることができました(^-^)

子どものころに見ていた鈴の笑顔です!

でも、そこに自分の居場所はありません・・・

それでもミキオはこれで良かったと思うのです!!(原作と違っていい人!)

 

 

スポンサーリンク

テセウスの船【ドラマ】ドラマのテーマは冤罪?

 

「真犯人は違う人物」をヒントに、二人の犯人の仮説を立てて考えてみました。

原作の犯人は「加藤ミキオ」でした。

その理由もとても稚拙でした。

少年犯罪について掘り下げたいのかとも思いましたが、犯人がミキオではないので違うようです。

では、最近ドラマや映画のテーマとして取り上げられることも多い「加害者家族」についてでしょうか?

あるいは冤罪についてでしょうか?

 

佐野文吾が冤罪で逮捕されてから佐野家の人々の人生は大きく変わりました。

本人が無実を訴えていようが、世間は無情なのです(T_T)

事件前の明るい佐野家→加害者家族としての佐野家→心が戻った後の佐野家

見た目は同じじゃないけど、みんな同じ家族なのです!!

タイムスリップのシーンが何度と描かれ、ミキオが犯人だったり、さつきや紀子が犯人だったり・・・

その都度周りの環境が変わる!

人間は、人のどこをみているのか?本質を見極めることは出来ないのか?

作り上げようとしているのは、そんなことを問うドラマなのかもしれませんね??

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

結局のところ、原作のインパクトが強過ぎて真犯人を特定できませんでしたが、今後話が進み、この人は!!という人が出てきたら更新しますね~

テセウスの船【ドラマ】姉の鈴が真犯人黒幕で田中正志もグル?

2020年2月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です