テセウスの船【ドラマ】最終回結末予想!田村心は校長に騙されて犯人に?

 

怪しいと思っていた人が次々と命を落としていき、とうとう6話の最後に、木村ミキオ(安藤政信さん)が真犯人であることが判明しました!!

めっちゃサイコパス(>_<)

でも、真犯人は原作と違うはず??

 

テセウスの船【ドラマ】真犯人は木村ミキオから変わる?

犯人は原作と違うと聞いていたので、どこまでも優しい木村ミキオに違和感を抱きながら、基、どこまでも優しい木村ミキオを演じる安藤政信さんに違和感を抱きながら見続けたていたけれど、最後に安定のサイコパスな安藤さんが出てきて、なぜか安心してしまいました(^^)

 

原作では、幼き加藤ミキオが音臼小事件などの真犯人として描かれています。

自分に優しく接してくれた佐野鈴と二人だけの世界を守るために、何人もの人を犠牲にしました(T_T)

ところが、自分の犯した罪により、鈴は殺人犯の娘として辛い人生を送ってしまったのです。

 

(竹内涼真さん)が2回目のタイムスリップをして31年前の世界に戻った時、大人になった加藤ミキオも一緒にタイムスリップをします。

そして、叔父になりすまし、小学生の自分に近づくのです(>_<)

父親が殺人犯のままでは鈴が辛い思いをするので、大人の加藤ミキオが罪を被るというシナリオでした・・・

ドラマの6話、木村ミキオは慰霊碑の前で立ち上がり、木村さつき(麻生祐未さん)や田中正志(せいやさん)の殺害を自供しました!!

そして、心をナイフで切り捨てたあと、その場を立ち去ったので、心と共にタイムスリップする展開にはならないと思います。

1回目の現代では、ミキオが真犯人だったけれど、2回目のタイムスリップで心が過去を変えてしまうことにより、真犯人は別の人物になってしまうのではないかと思います(>_<)

 

テセウスの船【ドラマ】真犯人は心?

 

心のタイムスリップにより、明音や田中義男(仲本工事さん)など、亡くなるはずの人が助かり、過去が少し変わってしまいました。

元々心がいた現代と、変えてしまった現代の二つの世界線が成り立ちました。

次にタイムスリップして戻った過去はどこなのかな?と思いますが、予告を見る限りはちゃんと前回の続きになっているようです(^-^;

 

今後は、真犯人はミキオだと知った心が、文吾と共に犯行を止めることになると思うのですが、成功する確率は低そう(>_<)

たぶん視聴者のほとんどが感じていると思うのですが、心があまりにも不甲斐ないと言うか浅はかと言うか・・・

大事な免許証やノートを捨ててしまったり、ものの見事に罠にはめられ第一発見者になったり、極めつけは証拠のレコーダーをミキオに見せつけたこと!!

「なんでここで言うの~?!」と叫びたくなりました(@_@)

でも、こんな感じで心が黒幕の罠にはまって、真犯人に仕立て上げられたとしたら、納得してしまいます!

ここまでの心のドジぶりはその前兆ですね・・・きっと。

オレンジジュースに毒が入れられるとばかり思っていた心!

過去が入れ替わって、オレンジジュースがはっと汁になったことに気づかず、誰かに促されるまま、毒を混入してしまうのではないかと思うのです(>_<)

「隠し味です」とか言われて・・・

 

文吾はそのことに気づき、心をかばって証拠を隠滅または、自分が疑われるように細工し、罪を被ることになったのではないでしょうか・・・

 

テセウスの船【ドラマ】最終回結末を予想!黒幕は校長先生?

 

原作では、木村ミキオが加藤ミキオに近づき、自分が今まで犯した罪や、これからの計画を話し、気持ちを共有します。

予告では、加藤ミキオが心のレコーダーを聞くシーンが流れました。

あのレコーダーを拾ったのはミキオだと思わせる場面でしたが、よくよく見るととても子供部屋とは思えません。

だれか大人の部屋です。

なんか不気味でした・・・

心と文吾が突き止めた黒幕の部屋です(*_*)

 

ミキオはその部屋に立ち入り、偶然音声を聞いてしまった・・・

音声の主が将来の自分であることがわかるはずもありません!!

でも、もしそのことを教えてくれる大人が近くにいたら理解することが出来ます(^-^)

今まで出演した中で、残っているのはもう笹野高史さん演じる校長先生しかいません!

ミキオとの関係は??

原作では、ミキオは両親と死別して祖母と暮らしています。

でも、ドラマでは、ミキオの生育環境についてはまだ詳しく触れられていません・・・

校長先生は、ミキオの祖父ではないかと思うのです!!

 

どうしてこのような展開になったのか??

校長の石坂は、早いうちからミキオの猟奇性には気がついていました。

いつか、とんでもないことをしてしまうのではないかと不安でいっぱいでした。

そんなある日、心が捨てたノートを拾うのです(>_<)

やっぱり大きな事件を起こしてしまうのだとわかった石坂は、どうすれば、ミキオの罪を防げるか、あるいは消せるかを考えます。

考え抜いた末に出した答えが、真犯人を作り上げることだったのです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

6話終了時点で、最終回の結末について考察しました。

原作以外の結果を模索するのはなかなか難しいですね~

ミキオが犯人でないのならば、もう心しかいないと思うのです(>_<)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください