映画思い思われ振り振られ【ふりふら】原作のあらすじをネタバレ!

 

咲坂伊緒先生による漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」。

『別冊マーガレット』2015年7月号から連載された漫画がいよいよ映画化されます!

 

2020年5月にアニメ映画化、8月に実写映画化。

 

キャストも豪華な4人です!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画思い思われ振り振られ【ふりふら】原作のあらすじ

高校生になる市原由奈は、みんなが幸せになれる方法があればいいし、誰も傷つくことがないほうがいいと思っている性格。

笑って過ごせることが一番と思っていました。

 

さっちゃんの見送りに行こうとしていた由奈は、寂しい思いでいました。

春の別れ=仲良しの友達との別れを今経験しているところでした。

由奈の夢見る絵本の王子様のことを言ったとしても、それも受け入れてくれたさっちゃん。

さみしくて涙が出る由奈でした。

 

泣いている由奈は、肩に手をおかれる男子に気が付きました。

えっ?と思っていると、絵本の登場人物の王子様に似ている男子だったのです。

その男子はいきなり「うんちが」と言い出しました。

それに由奈はハッとします。

由奈の歩いている道の先には、犬のうんちが!

その男子は「気をつけて」と言いたかったのです。

 

そこへ困っている女子・山本朱里がいました。

財布を忘れていて、由奈にお金を貸してとお願いしてきます。

「見送りにいくので」と由奈。

朱里は「明日お金は返すからブレスレットを置いていく」と言います。

 

さっちゃんとお別れをした由奈。

そこへ”王子”がコンビニで働いていました。

でもうんこと言われていたことを思い出し、気が付かれたくない由奈w

 

お金を貸した朱里には、きちんと返金してもらうことができました。

一緒の方向だからと一緒に帰ります。

 

今まで話さなかったのに勢いよく漫画で盛り上がる由奈に、朱里はただただビックリ!

由奈は漫画が好きなのだと思う朱里。

恋愛ものが好きな由奈は、ハートがキューンとなるのがいいのだと言います。

 

由奈は朱里に、男性と付き合ったことがあるかを聞きました。

あるという朱里。

由奈にはまだ経験がありません。

「でもこんな自分でもいつか好きな人が出きてと運命の相手が!」と語りますが、「でも待ってるだけかな」と言う由奈。

朱里に「そんな待ってるだけではだめだ」と言われてしまいます。

「色々と男子と話してみるのがいいのでは」と朱里。

朱里は恋をする準備が必要だと言うのです。

 

そんな朱里に首をかしげる由奈は、恋に落ちるということを考えていました。

朱里は大人で、掛け合いなどの話をしていき、それで好きになるといいます。

でも人工的なものという由奈に「本当か嘘はどこでわかるのか」という朱里。

 

お互いの恋の考え方には違いがありました。

朱里は恋をしたことない由奈を奥手だと思い、初歩的な考え方に驚き、本当の恋を知らない由奈にびっくり。

朱里の元に一人の男子がやってきました。

窓から「乾だ」と名乗る男子。

乾和臣でした。

「由奈がお金を貸してあげた人ですね」と言う乾。

乾の笑顔にはっとする朱里は、乾のことを由奈に「誰?」と聞きました。

由奈は「幼なじみだ」と答えます。

 

制服を着て学校へ行くと、乾が朱里に声をかけてくました。

乾といい仲になればいいなと思う朱里。

 

同じクラスになる由奈と朱里。

乾と朱里と由奈じは、同じクラスになりました。

 

由奈はあの時の”王子”を見かけます。

由奈はドキドキ!

由奈は「春休みのあの時に出会った男の子と同じ高校生」という、偶然というか奇跡を凄く感じていました。

 

”王子””と言っている由奈にびっくり不思議顔の朱里。

その言い方に「あ、これはやばい・・・」と思う由奈は、「これは自分の恥ずかしいと思う部分であり、考え方なので気にしないでほしい」と言いましたが、「好きな人ができたってことでよかったではないか」と言って喜ぶ朱里でした。

でも好きな人ではないと言って否定する由奈。

 

由奈の気になる人は朱里の弟・理央だったのです。

理央は朱里を好きでしたが、その思いを封印していました。

なぜなら、親が再婚して、朱里と理央は姉弟だったから。

 

理央のことを思うとかわいそうと思う由奈でしたが、「告白できなかったこととか好きだったことは朱里には内緒だ」と、理央に念を押されます。

再婚でしょうがないとしても朱里と理央は必死だったと言います。

お姉さんが好きな理央。

由奈は、理央を好きになったことを少し後悔しました。

 

でも一緒に勉強する由奈と理央。

理央は女子にも人気があります。

由奈のひっこみがちな性格を理解していた理央は気をつかってくれるのです。

少しずつ目があうようになったという理央に恋をした由奈でした。

 

そしてその由奈に朱里も影響されていました。

乾の笑った笑顔が好きな朱里。

無邪気な乾に癒される朱里。

乾は、夜景を朱里と一緒に見た場所は自分の一番好きな場所だと言います。

教えたことは朱里だけだと言う乾。

それにドキッとする朱里でしたが、乾に翻弄されるのは嫌でした。

 

由奈は理央とぶつかり、髪の毛が絡んでしまいます。

理央も赤い顏になり恥ずかしいかぎり。

そして朱里と乾の恋の行方は、、。

 

映画思い思われ振り振られ【ふりふら】原作のあらすじ原作に対する感想

こんなに好きな相手が違う誰かを好きでという物語はすごく切ないです。

姉が好きな人というのはかなり大人だと感じます。

でもこのしょうがない状態からでも次の恋は始まるというのが若い時の良い所だと思います。

夢見がちな性格の由奈を応援したいです。

朱里は少し大人びているので、考え方が冷静で、でも乾の無邪気さにやられているのがいいですね。

絵もとても美しく見ていてほれぼれします。

とても切なく青春はいいなと感じます。

どんどん進む展開が読めないのでドキドキする、面白い作品です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です