エアガール 【ドラマ】原作の舞台はJALそれともANA?モデルは誰?

 

広瀬ずずさんが初のCA役を務めることで話題の、スペシャルドラマ「エアガール」!

テレビ朝日系列にて、2021年3月20日(土)夜9時〜放送されますヽ(´▽`)/

今回は、どんな物語なの?というところや、気になるモデルは誰?といったところまで、たくさん深掘りしていきたいと思います!

 

エアガール 【ドラマ】作品について

ドラマ「エアガール」は戦後初のCAの様子を描いた、お仕事ドラマになります!

脚本は映画「テルマエ・ロマエⅡ」や「ビリギャル」などの人気映画を数多く手がけている、橋本裕志さん。

 

当時、日本は第二次世界大戦の敗戦国だったこともあり、GHQの方から日本人が日本の空を飛ぶことを禁止されていました(´・_・`)

このドラマでは、そんな時代に日本の空を取り戻すべく、奮闘する若者たちの姿が描かれています。

 

私は結婚前には航空業界で働いていたことがありましたが、日本人が日本の空を飛ぶことが出来ない時代があったなんてことは、初めて知りました∑(゚Д゚)

今までも航空業界を題材としたドラマはたくさんあって、私もそのほとんどを視聴してきましたが、戦争直後の航空業界を描いたものは少なくともここ数十年はなかったと思いますから、とても興味深いです(*´-`)

 

ドラマのキャストですが、初のCA役として注目されている広瀬すずさんは、主人公・佐野小鞠を演じています。

彼女が「空を飛んでみたい!」という一心で、第1期のCA採用試験を受けるところから物語は始まります。

今もCAといえば人気職業のうちの1つではありますが、当時は現在とは比べものにならないほど超高倍率だったようですよ!

その後チャレンジ精神旺盛な性格もあってか、無事「エアガール」の道を歩み出した小鞠でしたが、初就航までの道のりには数々の困難が待ち受けていて・・というドラマ展開になります♪( ´▽`)

また、ドラマの中ではパイロット志望の青年役・坂口健太郎さんとの淡い恋模様も描かれるようですから、こちらも注目ポイントの1つになりますね★

 

スポンサーリンク

エアガール 【ドラマ】原作の舞台はJALそれともANA?

 

結論から言うと、ドラマ「エアガール」の原作の舞台はJAL

ネットにはすでに広瀬すずさんを始めとする、キャストの写真がアップされていますが、この白を基調とした制服にワンポイントで赤が入っている感じを見て、私はすぐに「絶対JALだろうな」と思いました(笑)

原作は中丸美繪さんが著者の「日本航空一期生」という小説

小説のレビューを見てみると、「戦後の空の様子や、日本航空設立までの経緯が詳細にわかりやすく書かれている」といった声が数多く散見されましたよ!

 

1950年にGHQによる日本の航空会社の運航禁止が解除され、その後すぐの1951年の1月に日本航空創立準備事務所が早速できました。

そして、すぐに同じ年の8月には日本航空株式会社が設立

このスピーディーな会社設立は、いかにみんなが待ち望んでいたかがわかりますね(^o^)

 

ドラマと原作で全く同じ内容というわけにはいかないと思いますが、個人的にはドラマでもお仕事ドラマにありがちなドタバタコメディータッチなものではなく、原作小説同様に、真面目に当時の日本と世界の国際関係だったりも含めて、航空業界の歴史がよくわかるような作りになっていたら嬉しいなぁと思います(°▽°)

 

エアガール 【ドラマ】モデルは誰?

 

主人公・佐野小鞠のモデルは小野悠子さん(旧姓:竹田)。

ドラマ「エアガール」では彼女をはじめとした、JALのCA1期生たちのエピソードが元となっています!

 

1期生は生存する方だと現在すでに90代という年齢になっているそうですが、実在する方がモデルとなっているんですね(^O^)


「エアガール」1期生だった小野悠子さんは、神戸で貿易商を営む父親の元で育ったこともあって、幼い頃から外国への興味がある女の子でした。

それに、学生時代には当時開講してまだ間もない英会話スクールで語学力を磨いて、外国人への通訳の仕事をしていた経歴も持ち合わせています。

家庭的には経済的に恵まれていたのかもしれませんが、当時は女性でここまでの学を身につける方は珍しいですよね!

それに、JALのCA1期生の募集要項には、

  • 年齢・20〜30歳
  • 身長158cm以上
  • 体重45kg〜52.5kg
  • 容姿端麗
  • 英会話可能
  • 東京在住

 

という条件がありますから、「エアガール」のモデルとなった小野悠子さんは、本当に容姿端麗で尚且つ、とてつもない才女なんだろうなぁというのが伺えます(゚∀゚)

また、ドラマ「エアガール」の原作小説の著者である中丸美繪さんは、1955年生まれの66歳。

過去には彼女もまたJALのCAとして勤務経験があります。

中丸さんがJALのCAだった頃にはまだ1期生の先輩が乗務していたかもしれませんし、社員でしか知り得ない情報も集めやすかったのかもしれません。

どんな知られざる世界がドラマの中で描かれるのか、楽しみです♩♪

 

まとめ

 

今回はドラマ「エアガール」についてリサーチしてみました★

今はコロナの影響もあってなかなか飛行機に乗る機会は少ないですが、終息後にはたくさん利用して、また活気溢れる空港や機内に戻ることを願わずにはいられませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください