キャラクター【映画 】原作は漫画や小説?結末ネタバレ予想も!

 

菅田将暉さんとSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseさんのダブル主演として、2021年6月に公開予定の映画「キャラクター」。

原作は漫画なのかオリジナルなのか気になりますよね!

今回はその辺りを調べてみました(°▽°)

 

キャラクター 【映画 】原作は漫画?

 

映画「キャラクター」は完全オリジナル作品のため、原作は漫画や小説ではありません。

 

なんと、ヒットメーカーの長崎尚志さん、川村元気さん、村瀬健さんの3人が、構想に10年もの歳月を費やして、やっと完成に至った超大作なんです!

 

さらに、監督は「世界から猫が消えたなら」や「帝一の國」などの作品でもメガホンを取った永井聡さんが担当!

キャストも菅田将暉さんはじめ、「SEKAI NO OWARI」の深瀬さん、小栗旬さんに中村獅童さん、そして紅一点で高畑充希さんと超豪華(╹◡╹)

 

映画「キャラクター」の主人公は、漫画家として売れることを夢見る山城圭吾(菅田将暉)です。

ストーリーは、ある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまった彼は、警察の取り調べで、「犯人の顔は見ていない」と嘘をついてしまうんですね。

そして、自分だけが知っている犯人をキャラクターに、サスペンス漫画「34」を描き上げます。

お人好しな性格の山城に欠けていた本物の悪を描いたこの漫画は大ヒットし、一躍売れっ子漫画家の道を歩んでいく。

そんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生していき・・という展開になります。

触りの部分だけでもかなり面白そうな作品ですよね!

 

スポンサーリンク

キャラクター 【映画 】脚本家について

 

映画「キャラクター」は、長崎尚志氏によるオリジナル脚本になります!

長崎氏は、なんと漫画原作者小説家漫画プロデューサーという3つもの肩書きを持っているんですね∑(゚Д゚)

若い頃には漫画雑誌の編集者の経験もあって、2001年には独立。

独立後は「20世紀少年」や「PLUTO」など、浦沢直樹氏とのストーリー共作のほか、リチャード・ウー名義で、映画化された「クロコーチ」や「ディアスポリス」などの漫画原作を執筆します。

その後は「アブラ カタブラ」で第1回さいとう・たかを賞を受賞した経験もありますし、小説も「醍醐真司の博覧推理ファイル」シリーズや、「風はずっと吹いている」などを執筆し、その活動は多岐に渡っていますよね。

長崎氏自身が漫画に携わる仕事をしているから、映画「キャラクター」の主人公は漫画家なのかな?と思いますし、個人的には本作のあらすじを読んだときには、「アニメや漫画でありそうなストーリーだな」と感じました!

 

ただ、最初の原案の主人公は、漫画家ではなく女刑事だったようですよ。

それを漫画家に変更した訳なので、きっと主人公の山城は、自身の経験がふんだんに盛り込まれたキャラクターになっているのかな?と想像します。

 

映画「キャラクター」は構想に10年を費やしていますから、途中プロジェクト自体がなかなか進まず、長崎氏は小説で作品化してしまおうと考えていた矢先に、映画化の話が具体的になったというエピソードも明かしていました。

また、インタビューでは、「キャラクターは創作者の心の闇を描いた作品だ。だがそれ以上に、展開の読めないドキドキ感、観る人の想像を超えるエンターテイメントであることを約束しよう!」と自信満々に答えていましたね。

長い時間を費やした最高傑作が、どのようなストーリーに仕上がっているのか、今からとても楽しみです(^O^)

 

キャラクター 【映画 】結末予想

 

物語の最大の見どころは、売れない漫画家の山城(菅田将暉)が、美しく怪しい殺人鬼・両角(Fukase)のことを漫画に書いた結果、売れっ子漫画家になった後ですね。

 

今まではお人好しで優しい性格が故に、人間の闇の部分を描こうとして来なかった山城が、強烈な個性(キャラクター)を手に入れた結果、どう変わっていってしまうのか、というところに注目です!

見出し1で述べた通り、自分の描いた漫画通りの事件が次々と発生してしまうわけなので、心優しい山城は耐えられないと思いますね。

山城の中にある良心が、自分自身を苦しめていく展開になるのではないでしょうか?

 

でも、漫画家としても成功したいという感情もあるでしょうから、とても葛藤することでしょう。

 

また、早くから漫画と事件の関連性に気づいた刑事・清田(小栗旬)や真壁(中村獅童)は、どんどん事件の真相へと近づいていき、次第に山城を追い詰め、最後には「犯人を実は見ていた」ということをカミングアウトしてしまう気がします。

また、秘密を抱えながら売れっ子漫画家の仲間入りをするわけなので、今までずっと支えてきてくれた恋人・夏美(高畑充希)にも真実は話せず、その関係性にも亀裂が生じるのではないかなと予想できますよね。

原作がありませんので、どんなストーリーになるかは未だ未知数ですが、どんな結末を迎えるのか、とても楽しみです(*´꒳`*)

 

 

→ キャラクター【映画 】両角役の深瀬の演技力は上手いか下手か?

キャラクター【映画 】両角役の深瀬の演技力は上手いか下手か?

2021年3月21日

 

まとめ

 

映画「キャラクター」の原作は存在せず、オリジナル作品でしたね♪

鑑賞後に強烈な後味を残すであろうダークサスペンスを是非お見逃しなく!

 

→ キャラクター【映画】R指定の年齢制限はある?R15で子供は観れない?

キャラクター【映画】R指定の年齢制限はある?R15で子供は観れない?

2021年3月22日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください