【ドラマ】彼女はキレイだったの原作は韓ドラ?面白いと評判?

 

SexyZoneの中島健人さんと小芝風花さんが、フジテレビ系で7月期放送の連続ドラマ「彼女はキレイだった」でW主演を務めることが明らかになりました。

そこで今回は、原作は韓国ドラマ?面白いのかどうかという点についてまとめてみましょう(^O^)

 

【ドラマ】彼女はキレイだったの原作は韓ドラ?

 

原作は2015年放送の韓国ドラマになりますヽ(´▽`)/

主演は本作が出世作となり、その後「梨泰院クラス」で日本での人気も獲得したパク・ソジュン。

相手役のヒロインは、ラブコメからシリアスまでさまざまな役柄を演じるカメレオン女優として知られるファン・ジョンウムが務めました。

さらに、アジアで絶大な人気を誇るK-POPアイドルグループ「super junior」のチェ・シウォンや、カリスマファッショニスタのコ・ジュニ、MBC演技大賞で子役賞を受賞したヤン・ハニョルなど、実力と話題性を兼ね揃えたキャストが競演し、物語を盛り上げます。

 

ただ、ドラマ「彼女はキレイだった」の放送が韓国で始まった当初は、初回視聴率が4.9%と苦戦を強いられる展開でした。

しかしその後は徐々に話題性や共感を呼び、視聴率はどんどん伸びていったのです。

後半になると同時間帯ドラマ視聴率1位を独走し、最終話では初回視聴率の3倍となる15%を記録!

瞬間最高視聴率は19.7%という驚異の数字をたたき出しました∑(゚Д゚)

 

日本版でも同じように高視聴率をたたき出すことが出来るのか、期待しましょう!

 

スポンサーリンク

【ドラマ】彼女はキレイだったは面白い?

ドラマ「彼女はキレイだった」は韓国では絶大な支持を受けています(*´-`)

韓国MBCで放送されたテレビドラマに出演した俳優に対して贈られる賞である、MBC演技大賞では2015年に10冠を獲得し、とても話題となりました。

 

このことを受けて、日本よりも先に中国では2017年に「逆転のシンデレラ〜彼女はキレイだった」というタイトルでリメイク版のドラマが放送されています。

 

このような大ヒット作を生み出したのは、「美男ですね」「最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜」「ビッグ〜愛は奇跡〈ミラクル〉〜」など、良質なラブコメを世に送り出してきたBON FACTORY!

そして脚本は、「ハイキック」シリーズの2.3シーズンを担当し、本作でMBC演技大賞・今年の作家賞を受賞したチョ・ソンヒが務めています。

 

日本でもネット上では、「何回も見たし、DVDボックスも持っています!」といった原作ファンの声が散見され、とても人気がある作品であることが伺えました。

 

ただ、原作ファンの中には「日本版などやるまでもなく、韓国版の方が面白いに決まってる!」や「中島健人さんはイメージと違う」などといった否定的な意見を述べている方も居ましたね。

 

とは言え、中島健人さんも背が高くて手足が長くてめちゃくちゃイケメンですし、個人的にはドSな役柄はかなり似合っていると感じます★

それに、過去の作品で主演経験も豊富なので、いつもは王子様キャラの中島健人さんですが、今回の役柄もきっと上手く演じてくれると思いますよ♪

 

原作を見た人も見ていない人も、全ての視聴者が楽しめる、キュンキュンできる演技を期待しましょう(^O^)

 

【ドラマ】彼女はキレイだったのあらすじについて

長谷部宗介(中島健人)は世界30ヵ国で発売されるファッション誌「ザ・モスト」の、日本版副編集長兼クリエイティブディレクター

無愛想かつクールな合理主義者で、あるミッションを果たすためにニューヨーク本社から異動してきました。

幼少期は太っていて、いじめられっ子だった過去を持っていますが、現在はイケメンのエリートに成長。

幼い頃に初めて友達になってくれた佐藤愛(小芝風花)のことを大切な存在だと考えていて、15年ぶりに会う約束をします。

 

ただ愛は宗介とは対照的に、幼少期は優等生の美少女だったのに、現在は無職で親友の家に居候を続ける残念女子になっていました。

成長とともにルックスに変化が出てきてしまい、自分に自信を無くしています。

 

待ち合わせ場所に現れた宗介を見た愛は、自分の残念な姿を見せる勇気がなく、大親友で超美人な友人に「自分のふりをして欲しい」と代役を依頼。

そんなときに、とある出版社の総務部で雇ってもらえることになり、ひょんなことから3ヶ月限りの助っ人として、宗介が副編集長を務める「ザ・モスト」の編集部で仕事をすることになるのです。

 

愛を同姓同名の他人だと信じ込んでいる宗介は、愛に対して容赦ないドS上司ぶりを発揮します。

そんな愛を見かねた先輩記者が優しく慰める一方で、代役を依頼した親友は、愛として宗介とのデートを重ねます。

初恋を巡る男女4人が織りなす恋模様に笑いと涙、そして胸キュンすること間違いなし!

勘違いとすれ違いの宗介と愛の恋の行方を見届けましょう( ´∀`)

 

それにしても、愛の代役である親友の女性と、愛を優しく慰める先輩記者は誰が演じるのか、かなり気になりますよね!

キャストが発表になり次第追記したいと思います。

 

まとめ

 

ドラマ「彼女はキレイだった」の原作は韓国ドラマで、韓国での支持はとても高いことがわかりました(゚∀゚)

日本版ではSexyZoneの中島健人さんと小芝風花さんがどのように演じるのか、今から楽しみですね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください