新解釈・三國志のロケ地を聖地巡礼!撮影場所はキングダムと同じ?

映画『新解釈・三國志』は、福田雄一監督が、懇願してやまなかった大泉洋さんの出演がやっと叶い実現しました!

スケジュールの調整に3年もかかったんだとか(>_<)

いよいよ12月に公開が決まり、情報も少しずつ解禁されています!!

今回は、ロケ地についてまとめました!!

 

【映画】新解釈・三國志の三国時代とは?

三国時代とは、中国の時代区分の一つで、184年の黄巾の乱から、263年の蜀漢滅亡までを指します!

と言っても、全く想像がつかないと思います(>_<)

2019年4月に公開された、同じく中国が舞台の作品『キングダム』は、紀元前3世紀の春秋戦国時代末期が舞台だったので、それから約400年後のお話というわけです(^-^)

 

大昔の400年なので、「キングダム」の時代とはそう変わらないのではないかと思います。

秦が中国を統一しても、また争いは起こったのですね(T_T)

魏・呉・蜀漢の三国で勢力争いがなされるのですが、最終的に治めたのは晋だったというオチがついています・・・

そういうことで、撮影も、戦闘シーンは広い野原で、王宮のシーンなどはセットで行われたことでしょう(^.^)

『キングダム』は、主に中国の大規模なセットで撮影されました!

『新解釈・三國志』の撮影は2019年4~5月頃の撮影なので、その時点で、新型コロナウィルスの影響は受けていませんが、出演するキャスト皆さん、監督共にかなりお忙しい方々ばかりなので、ロケ地は全編日本であったと考えられます(^^)/

 

【映画】新解釈・三國志のロケ地は?

 

予告映像やメイキング映像、目撃情報などからロケ地を確認しました。

 

鋸南町元名採石場跡地

千葉県安房郡鋸南町元名にある、採石場の跡地で、映画やドラマの撮影によく使用されます。

鋸南町と富津市の境にそびえる鋸山山麓の北側には、かつて凝灰岩の石切り場があって、江戸期から発掘され、明治後期から大正期に全盛期を迎えました!!

途中に元名ダムという小さなダムがあり、福田監督のツイッターでも画像がupされ、予告でも映っていましたね(^-^)

 

こちらでは、たくさんの戦闘シーンが撮影されたと考えられます。

 

朝霧高原

ファンの方って凄いですね~

2019年5月17日の岩田さんのツイッターです!!

確かに車に高原らしき風景が写っています(>_<)

 

朝霧高原は、静岡県富士宮市、富士山西麓に広がる高原です!

詳しい撮影場所はわかりませんが、この辺はオートキャンプ場などがたくさんあり、数々の映画やドラマ、MVのロケ地として有名ですね(^^)

 

【映画】新解釈・三國志はキングダムのセットを使用?

 

ドラマ・映画・舞台と大忙しの福田監督!!

自らが見初め、ドラマの主演に起用して以来、福田作品の常連となっている元AKB48の指原莉乃さんの卒業コンサートに行けなかったことをつぶやいています!

日にち的に、この撮影は『新解釈・三國志』でしょう(^^)

こんな感じで、監督も忙しければ、スタッフやセットも?と思ってしまうシーンがありました!

メイキング映像第一弾で映っていた民家は、「キングダム」で信と漂が暮らしていた家なんです(>_<)

これらは、静岡県裾野市にある富士山資料館の東側に作られたセットなんです!!

なんと、そのセットをそのまま使ったんですね(^.^)

大泉洋さんが「配給もプロデューサーも一緒ならキングダムに出たかった」とコメントしていたので、いい意味でも悪い?意味でも使いまわしということでしょうか??

思いっきり富士山をバッグに撮影していますが、この辺は編集の技術でうまく修正されるのでしょうね(^^)

この他のロケ地の情報は今のところ見つけることが出来ませんでしたが、王宮のシーンは配給会社が東宝と言うこともあり、東京都世田谷区成城にある東宝スタジオにセットが組まれて撮影されたものと思われます!!

 

余談ですが、こんなツイートも見つけました!!

山の中や高原での撮影で、食事などは本当に大変そうですよね~

この“オレンジドリーム号”は、吉野家の移動販売車で、全国に7台しかない超レアものなんだとか。

本来は、被災地支援用のキッチンカーで、これまでに何度も災害のあった町へ出かけてきたんです(^-^)

目的は違うけど、こんなのどかな場所に派遣されるような、災害の少ない日常がくることが望ましいですよね(^^)

新解釈・三國志【映画】あらすじネタバレを予想!原作はないオリジナル?

2020年9月28日

 

スポンサーリンク

まとめ

12月公開の映画『新解釈・三國志』のロケ地についてまとめました。

舞台は中国ですが、撮影は2019年4~5月にかけて、日本国内で行われました!

王宮のセットなど、どれだけ中国らしさを再現しているのかに注目して観る方法もアリかもです(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください