記事にツイッターを埋め込む方法

 

Twitterの埋め込み方を説明します!

 

Twitter画像の埋め込み方

 

①記事本文に、こういう状態に貼り付けたいとします。

 

②Twitterの貼り付けたいページを表示させて、▽をクリックします。

 

③「ツイートを埋め込む」をクリック。

 

④「Copy Code」をクリック。

 

⑤この画面が出てきたら、コードのコピーが完了したということなので、×印をクリックして閉じましょう。

 

ビジュアルモードの状態で作業します。

Twitterを貼り付けたい行の先頭にカーソルを持ってきます。

 

⑦カーソルを持ってきたら、テキストモードに切り替えます。

切り替えると、カーソルがパカパカ点滅しているので探します!

 

⑧カーソルを見つけたら、右クリックして「貼り付け」で、コードを貼り付けます。

 

⑨ビジュアルモードに戻します。

下の画像のように表示されていたらOKです!

この編集画面でTwitter画像は出てきませんが、プレビューで見ると出ているはずです。

確認してみましょう。

 

要らない部分がついている場合

たまにこういう画像の時ありますよね。

なんか余分な会話がくっついてきている時!

上のTwitter部分が要らない場合、削除することができます。

 

残したい方のTwitterの▽をクリックします。

 

「ツイートを埋め込む」をクリック。

 

こんな英語の画面が出てくるので

「set customization options」をクリック。

 

「Hide Conversation」にチェックを入れて、「Update」をクリック!

 

↓↓↓ ちなみに、この画面を日本語にすると・・・

 

 

いつもの感じの画面になりましたね!

要らない画像がなくなって、残したいTwitterだけになりました。

「Copy Code」をクリック。

wordpressにコードを貼り付けましょう(*^▽^*)

 

 

NGなツイッター画像について

 

記事で使う画像はTwitter画像のみとさせてもらっていますが、Twitter画像であったら何でもいいというわけではないんです(≧◇≦)

 

著作権とかポリシー違反とか、Googleさんは厳しいので、使えない画像もあります。

 

NGなもの

 

裸・水着関係

胸が見える、胸元が大きく開いている画像は✖です。

エロさを感じさせるものは✖です!

盲点ですが、男性の上半身裸の画像も✖(≧◇≦)

 

 

★刀など、物騒なもの

★お酒関係

アルコールがメインで写っているものは✖(飲んでいる画像も✖)

お酒持ってカンパーイみたいなものはOK

 

 

他にも挙げると結構ありますが、とりあえずは水着や裸など、アダルト系は気を付けてください!

微妙ならつけておいてくだされば、こちらで判断いたします。