ドラマトップナイフ脚本監督は?コード・ブルーの林宏司が原作?

 

天海祐希さんが主役を務める話題のドラマ『トップナイフ』がいよいよ1月11日にスタートします!!

脳外科が舞台ですが、原作や脚本、監督について調べました\(^o^)/

 

【トップナイフ】内容・脚本は?

“脳”という神の領域に踏み込むゴッドハンドたちー

完璧を求められ、成功が当たり前とされる手術の天才―

そんな天才たちが我が身を削り、

追い求めるその先にあるものは・・・“トップナイフ”

 

引用元:公式HP

 

 

ドラマの題名にもなっている「トップナイフ」とは、外科医の中でも一握りと言われる「手術の達人」「卓越した知識・技術を持つ外科医」を指しており、2006年に発売された医学書『トップナイフ』が語源と言われています(^_^)

 

そんな脳外科手術のスペシャリストでありながら、自信家ゆえに一癖も二癖もある外科医達の苦悩や葛藤を描いたヒューマン・ストーリーです。

 

脚本を担当するのは、『コード・ブルー』などのヒット作を生み出した林宏司(はやしこうじ)さん。

10年近く前から実際の脳外科のドクターたちと話をし、取材を重ね、コツコツと書き

ため作り上げた小説が2019年12月26日に発売になりました!!

ドラマに合わせ書き下ろした『トップナイフ』は、林さんにとっての初小説となりました(*^_^*)

0.1ミリのミスが取り返しのつかない事態を招く、凄まじいプレッシャーにさらされた脳外科医たちの過酷な現場と、腕は一流だけど、生き方は不器用な私生活の両面を描いていきます!!

 

【トップナイフ】医療ドラマを牽引する脚本家林宏司!

最強ヒットメーカーが集結!

 

トップを走り続ける女優 主演・天海祐希

医療ドラマを牽引    脚本・林宏司

数々の問題作を生む鬼才 演出・大塚恭司

 

引用元:公式HP

 

本当に最強ですね~(>_<)

脚本家林宏司さんは、2000年に『涙をふいて』で脚本家デビュー!!

専門的な分野を描くことを得意としています。

 

主な作品は・・・

 

2004年 「離婚弁護士」

2006年 「医龍-Team Medical Dragon-」

2007年 「ハゲタカ」

2008年 「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急命令-」

2009年 「BOSS」

2014年 「夜のせんせい」

2015年 「アイムホーム」

2016年 「お義父さんと呼ばせて」

2018年 「ドロ刑-警視庁捜査三課」

などなど・・・

人気の作品が並んでいます!!

医療ドラマは命と直結しているので、本当にフィクションにしていいのだろうかと、後ろめたさにも似た、独特の覚悟がいると、かつて林さんはドラマの医療監修者との対談で語っていました・・・

 

大ヒットとなった『コード・ブルー』も、きわめてシリアスな面を描いたせいか、当初はあまり反応がよくなかったんだとか。

でも、それをしっかりと受け止め、ドラマをきっかけに医学部に進むことを決めた若者も多いんです!!

トップナイフの部長秘書玉井静香は宮本茉由!演技力は上手いか下手か?

2020年1月8日

 

【トップナイフ】数々の問題作を生む鬼才演出家大塚恭司!

 

これはなかなか自虐的なのか褒め言葉なのかわからない紹介ですが・・・

演出を担当する大塚恭司(おおつかきょうじ)さんは、テレビディレクター、プロデューサーとして活動、2019年には『アディオス』で映画監督デビューも果たしました(*^_^*)

中に、自主映画制作集団「ダイナマイトプロ」に参加。

卒業後は、日本テレビ放送網に入社、スポーツ中継業務を経験した後にドラマの演出デビュー。

その後、バラエティー班に移動し担当した『11PM金曜日』の「ミスターマリック超魔術シリーズ」が爆発的にヒットし、ゴールデンタイムに進出しました!!

 

プロデュースを担当した番組は・・・

・金曜ロードショー

・火曜サスペンス劇場

・あぶない刑事

・太陽にほえろ2001!

・月曜映画

 

そして、2005年に『女王の教室』で初めて連続ドラマを担当しました(^^)/

 

その後も・・・

・演歌の女王(2007年)

・探偵学園Q(2007年)

・左目探偵EYE(2009.2010年)

・犬の消えた日(2011年)などを手掛けました!

 

2012年、日テレ系の制作会社「アックスオン」に出向してからは、日本テレビ以外の番組も手掛けるようになりました。

2014年にはNHKBSプレミアムのドラマ『プラトニック』、huluオリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』などを監督!

どちらも野島伸司さんの脚本で、『プラトニック』は臓器売買を、『雨が降ると君は優しい』はセックス依存症を題材とした、いわゆる問題作でした。

2018年には、日本テレビを退社し、アックスオンに移籍、日テレドラマ『高嶺の花』の演出を担当しました(^_^)

デジタルハリウッド大学の客員教授として、映像制作なども教えています。

 

林さんの脚本を演出するのは初めてですが、天海祐希さん出演の『女王の教室』『演歌の女王』を担当!

『女王の教室』は、それまでの学園ドラマとは違い、女教師がクラスを支配する衝撃的な内容に、賛否両論となり非難も浴びました(>_<)

 

脚本の林さんも、天海さんとは『離婚弁護士』『BOSS』などで共演。

今回、天海&林&大塚の初タッグは相乗効果で、より話題性の高い作品になることは間違いありませんね~

トップナイフ【ドラマ】のロケ地はどこの病院?メインの撮影場所は前橋赤十字病院!

2020年1月6日
スポンサーリンク

まとめ

 

『トップナイフ』の脚本・監督についてまとめました。

キャストも魅力的な方が多く、ストーリー展開が楽しみなドラマになりそうですね!

トップナイフ【ドラマ】天海祐希演じる深山瑤子にモデルはいるのか考察!

2020年1月6日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください