親愛なる僕へ殺意をこめてが打ち切り?理由は内容がグロいから?

Hey!Say! JUMPの山田涼介さん主演でドラマ化されることになった漫画『親愛なる僕へ殺意をこめて』!!

山田さんと言えば、シリアスからコメディーまで幅広いジャンルの作品で、演技力を発揮していますが、今回はサスペンス作品です(^^)

 

どのような内容なのかと漫画について検索すると「打ち切り」の文字が多く見られます!!

ドラマ化される作品が、打ち切りと言うことがあるのでしょうか?その理由など詳しく調べました!!

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】


スポンサーリンク

親愛なる僕へ殺意をこめては打ち切りになった?

結論から申し上げますと、

『親愛なる僕へ殺意をこめて』は、打ち切りになっていません!!

 

この作品は、「週刊少年マガジン」2018年23号から連載がスタートしました(^^)

原作は、井龍一(いのりゅうはじめ)さん、作画は伊藤翔太さん

そして、2019年36・37合併号に掲載された第54話を最後に、ウェブコミックサイト「コミックDAYS」に移籍されました。

 

移籍後も連載は続き、2020年9月14日更新分第97話で最終話となりました!!

内容的にも、途中で打ち切られたとか、無理に終わらせたなどではなく、無事に最終回を迎えたと言う感じです(*^^*)

また、コミックスも2018年9月6日発売の第1巻から、全部で11巻発売されており、2022年6月時点での累計発行部数は、120万部を突破している人気漫画なのです!!

 


スポンサーリンク

【親愛なる僕へ殺意をこめて】打ち切りと言われた理由は?

 

そんな人気作品が、なぜ打ち切りと言われていたのか?考察します!

 

雑誌からwebへの移籍

 

漫画はもちろん、紙の書籍や雑誌の売れ行きが伸び悩んでいるのは周知の事実であると思います!

実は、紙の雑誌には、かなりコストがかかります(>_<)

でも、根強いファンはいるので、なんとか、人気のある作家さんの連載を載せ、単行本の購入へと導いていきたいのが、出版社の思惑であると考えます!

かつて、webが無かった時代には、売れ行きに貢献できない作家さんや、作品はあっさりと打ち切られていたそうです(@_@)

1つの作品を、人気を保ったまま最後まで終わらせるのは、きっと並々ならぬ苦労があることと思います!

そこで、現在は、人気が滞ってしまった中でも、移籍してもファンがついてきそうな作品は、積極的にwebへと移行する流れがあるんだとか。

 

現実問題として、『親愛なる僕へ殺意をこめて』の人気が伸び悩んでいたのかはわかりませんが、webは、紙に比べて、作者が自由に描きやすいと言われているので、逆に移行したことにより、作品の良さが際立って行ったのかもしれませんね(^^)

 

描写や内容がグロかった?

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて』は、殺人鬼なる者が登場するので、遺体の描写など、目を覆いたくなる場面がけっこう多くあります(>_<)

ストーリーは意外な展開があって興味を引く内容ですが、描写をなかなか受け入れられない人もいたようです。

そのため、「週刊少年マガジン」での連載が終了した時点で、打ち切られたと感じた人が多かったようです!!

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の場合は、雑誌よりも自由度が高いwebへと移籍したことが、むしろ、プラスに転じたようで、世界観を崩さずに、最終話まで無事に終えることが出来ました!

 


スポンサーリンク

【親愛なる僕へ殺意をこめて】あらすじ

“人生楽しんだもの勝ち。楽しければそれでいい”と、毎日ヘラヘラ仲間と過ごしている大学2年生・浦島エイジ。お気楽な大学生に見えるエイジですが、“実の父親が連続殺人事件の犯人”ということで、少年時代はいじめひどい嫌がらせにあうなど、過酷な人生を歩んできました。

“連続殺人鬼の息子”という重い十字架を背負っていることを周りにひた隠しにするエイジには、ある愛する人の存在が。彼女の名は“雪村京花”。京花と過ごす時間だけは嫌なことを忘れ、心から笑うことができたエイジでしたが、ある日、父親が起こした殺人事件と殺害方法(卑劣な拷問)が酷似した猟奇的殺人事件が起こります。

エイジには、その殺人事件が起こったとされる期間の記憶が完全に抜け落ちていて・・・。

その後、様々な状況を鑑み、自らが二重人格であることに気付き、「今回の猟奇的殺人事件を犯したのは、連続殺人鬼である恐ろしい父親の血をひく“もう1人の自分”なのでは・・・」という恐怖と不安にさいなまれたエイジ。

事の真相を突き止めるべく、意を決して“自分探しの旅”に出たエイジですが、そこで驚天動地の事実が次々と明らかになっていきます!

 

引用元:https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/index.html#intro

 

ドラマの公式HPから引用しました!

ストーリーの序章的な部分は、ほぼ原作漫画に忠実なようです(^^)

この後、原作は、予想もしないどんでん返しや、想像も出来ない展開が待っています!!

打ち切りにならず、最終話を迎えたことにも、十分納得できます!

 


スポンサーリンク

まとめ

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の検索ワードに“打ち切り”が出てくるのは、掲載媒体の移籍などが要因で、読者などがそう思い込んでしまった結果の様でした!

でも、そのような事実はなく、無事に最終回を迎え、物語は完結しています(^^)

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください