ヒアリに効果のある一番の対策は何?罠と探知犬とサムライアリはどれがいい?

 

こんにちはー aikoです。

 

先日、ヒアリ対策として毒餌を港に設置するという対策を

環境省・国土交通省がだし、もう全国へ配布するというところで

ストップがかかりました!!

 

この対策で女王アリが死んで、少しずつこの騒ぎも終息していくのかと思っていたら

そうでもなかった!

何がいけなくてストップなんだろー?(><)

 

スポンサーリンク

生態系が壊れる?

 

国立環境研究所の方によると、毒餌をを置いておくと、

在来種のアリまで死滅させてしまう恐れがあるそうです。

 

・・・確かにその通りかも。

ヒアリにも効くなら普通のアリたちにも効きますよね。

 

でも港にどれくらいの生態がいるんでしょう。

 

アリをご飯とする生き物はどれくらい?

クモやアリがアリを捕食するのはよく聞く話ですね。

港はコンクリートで埋め尽くされているし、たくさんの

生命体もいないような気がするけど・・・・

 

でも、ヒアリを食い止めてくれるかもしれない

日本のサムライアリたちの数が激減して

日本の”兵力”が弱くなるのも困ります。

 

対策変更

 

ということで、対策を変更するそうです。

毒餌を使うは使うけど、やたらに配るのではなく

ヒアリが見つかった港だけに設置する方向。

 

毒餌だけでなく「罠の設置」を中心に

併用して対策していくとのことです。

 

・・・罠って?

今回の罠は、粘着板でヒアリを捕獲するものです。

 

ゴキブリホイホイのヒアリバージョンってことでしょうかね?

ヒアリホイホイですね。

 

 

スポンサーリンク

ヒアリ探知犬の導入

 

台湾にはヒアリ探知犬のビーグルがいるそうです!

 

ヒアリ40~50匹いると見つけることができるんですって。

 

さすがワンちゃんですねー 素敵です♪

台湾に何匹いるんだろう。。

たくさんいるなら試しに一匹借りてきたらいいのに。

 

でもこの探知犬ワンちゃんはヒアリに刺されたりしないのかな。

せめて靴履かせてあげるとか。

頑張りすぎて鼻刺されないでね(><)

 

まとめ

 

ヒアリホイホイと毒餌と探知犬を合わせて対策すれば減りそうな気がしますよね!

 

そしてサムライアリにも頑張ってもらうとして。

 

今色んなところで生態系が壊れていますね。

その原因の一つに外来種の存在です。

 

「外来種」が自分たちの力で海を渡り大陸を横断し移動して

ある場所に生息を決めるならそれは”自然”なのかもしれません。

 

「外来種」を作っているのは結局人間なんです。

今回のヒアリも、人間が作ったものにくっついて日本にやってきました。

人間がすべての原因だと思います。

原因をつくった人間が外来種をとめなくてはいけないんですよね、きっと。

 

ベストの対策を実施してほしい限りです。

ヒアリ対策の毒餌の効果は?もしも家に入ってきたらどうする?

サムライアリがヒアリを撃退?!日本の在来種の生態や習性とは

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です