【ドラマ】極主夫道のロケ地は滋賀県草津で原作通り?撮影場所は平和堂?

 

玉木宏さん主演のドラマ『極主夫道』は、10月スタートの予定です。

現在放送中のドラマ『竜の道』も終わりが近づいてきたので、9月に入った頃から、撮影が進められているのではないかと思います!

まだ情報は少ないのですが、今回は、撮影場所やロケ地について調べました(^-^)

 

極主夫道【ドラマ】舞台は滋賀県草津市

 

原作は、おおのこうすけさんの『極主夫道』!

足を洗い専業主夫になった元極道の男が、デザイナーの妻、主婦仲間の婦人会のおばさまや、極道時代の知り合いと織り成すコメディー漫画です。

ほぼ1話完結で、任侠ネタいっぱいなのに、ホンワカして笑えるストーリーなんです(*^^*)

舞台は、滋賀県草津市です!

無知で申し訳ないのですが、草津と言えば群馬県の草津温泉が浮かんでしまいました(>_<)

県庁所在地の大津市に次ぐ、滋賀県で2番目に人口の多い都市なんです。

草津温泉のある草津町とは、1997年に友好都市提携を結んでいます(^-^)

 

自分の知っている土地が漫画などに登場すると嬉しいですよね~

しかも、かなり本物に忠実に描かれています。

新型コロナウィルスの影響で、撮影も難しい状況であると思われますが、漫画の世界観を壊さないように、ぜひとも同じ場所で撮影して欲しいです(^^)/

 

極主夫道【ドラマ】原作に登場する場所について

 

ここでは、原作漫画に登場する場所について、まとめます!

 

エイスクエア

 

滋賀県草津市JR草津駅西口にある大型ショッピングモール

店舗面積は58,611㎡。1996年に開業し、2008年までは滋賀県最大でした!!

ショッピングセンター「アル・プラザ草津」、ホームセンター「ディオワールド」、専門店街「SARA」があり、『極主夫道』では、20話でクリスマスグッズを買うシーンなど、いろんな場面に登場します(*^^*)

 

ダイエー瀬田店・イオンフードスタイル

 

2017年8月にオープンした、瀬田駅から徒歩10分にところにある店舗です。

おまけ漫画にちょっとだけ登場します。

 

イオンモール草津

 

琵琶湖のすぐそばにある、2008年に開業した西日本最大級のショッピングモール!!

温泉施設も併設されています(^-^)

美久と買い物するときは、イオンが多いようですね~

24話では、ポリキュアショーがありました(^^)/

 

平和堂

 

滋賀を中心とした総合スーパーで、県民にはお馴染みのようです!

1話で龍が職質されるシーンに早速登場!!

鳩のロゴが有名です(^.^)

 

きたなか商店街

 

所々で出てくる商店街は、草津駅前からTの字に延びる「きたなか商店街」と思われます。

店主達とも仲良くなり、福引なんかも楽しんでいますが、実際の商店街のアーケードは、土地整備に伴い取り外されてきています。

昔ながらの商店街が、次々に無くなってしまうのは寂しいですね・・・

 

笑酎やののむら

 

その商店街で、飲んだくれた?お店です。44話で登場します。

〇滋賀県草津市野村5-12-10

草津駅より徒歩15分

 

トイザらス

 

49話で美久に頼まれ、龍がポリキュアの特典DVDを手に入れるシーン!!

謎のオタク青年と一緒に2件のトイザらスをはしごしました!!

 

〇トイザらス 彦根店

〇トイザらス・ベビーザらス草津店

 

このオタク役を、実写で誰がやるのかが、密かに話題になっていますw

 

滋賀農業公園ブルーメの丘

 

30話で龍と美久が訪れた公園は、滋賀県蒲生郡日野町にある農業公園です。

龍達のように、動物に触れあったり、ソーセージを作ったりなど、いろいろなことが体験でき、大人から子どもまで、一日中楽しめる公園です!!

「ブレーメン牧場」って、ネーミングのセンスがいいですね~

 

地元の方なら、他にもちょっとした1コマで、知っている場所を見つけることが出来るかもしれませんね(^^)

楽しみが、倍増するようで、羨ましいです!

極主夫道【ドラマ】津田健次郎が出ない理由が衝撃!猫の銀がヒント?

2020年8月1日

極主夫道【ドラマ】ロケはどこで撮影?

 

では、現在コロナウィルス感染拡大の中、滋賀県で撮影することが可能なのか??

そこが、悩めるところだと思います。

無理なら、設定をまるごと変えなくてはいけません!!

 

滋賀県は琵琶湖はもちろん有名ですが、歴史深い町なので、名所旧跡がたくさんあります!!

そのため、映画やドラマの撮影は、常に行われているのです。

 

コロナ禍の2020年も、感染対策を十分に行いながら、ドラマやバラエティ、映画などの撮影は続行されているようです(^-^)

8月9日に放送された『遺留捜査スペシャル』では、なんとブルーメの丘で撮影されたシーンもありました!!

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台も滋賀県!!

撮影は、県外やスタジオが多いようですが、琵琶湖で撮影されたシーンもありました。

この撮影は昨年行われたものですが、今後も滋賀県をロケ地とする可能性がない訳ではないと考えます。

 

そうなると、『極主夫道』が、原作通り草津市で撮影することも全くないと言い切れませんね~

美久役の、川口春奈さんは、『麒麟がくる』にも出演しているので、両方の撮影を滋賀県で・・・なんてことも期待してしまいますね(^.^)

ドラマ極主夫道は何巻何話のエピソードを実写化?馴れ初めも考察

2020年8月25日
スポンサーリンク

まとめ

 

10月スタートのドラマ『極主夫道』の、原作漫画に登場するシーンについてまとめました。

ショッピングモールなどは、関東圏でも十分撮影することは出来るでしょうが、30話は是非外さず、「ブルーメの丘」で撮影して欲しいです(^^)/

【極主夫道】エコバッグやエプロンは通販でも購入できる?値段やサイズも

2020年8月18日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください