子どもを車内に置き去りにするのは小学生でも危険?何時間で熱中症になる?

 

こんにちは、aikoです。

 

奈良県で車に子どもを置いて離れ、死亡させてしまった事件が起きてしまいましたね。

小学4年生の9歳の男の子でした。

 

母親がエンジンを切って男の子にキーを渡し、後で来るように言って先に車を離れたようです。

1時間半後、車に戻ってみると男の子は車内で倒れていたというのが事件の概要。

 

小学4年生だから大丈夫という母親の過信だったのでしょうね。

 

今日この事件と同じ日、私も同じことになっていたかもしれませんでした。

他人事ではなく反省しています。

 

スポンサーリンク

車で待たせる

 

今日は子供2人ともちょっと調子が悪く、病院へ行きました。

その帰り、必要なものを買うために100円ショップへ。

 

小5娘は100円ショップが好きなので一緒に中へ。

 

小2息子は帰りの車でスマホゲームをしていました。

ゲームがしていたいから車で待ってるという返事。

 

いつもゲームをしだすと車で待ってるという息子。

私も連れて行くとうるさいし、エンジンもかけていくからまあいいか・・・という気持ちで深く考えずにエンジンはかけたまま息子を車に置いて店内へ。

 

エンジンはかかっていますがボタン式キーなのでキーは持って行きました。

 

 

スポンサーリンク

まさかの行動

 

娘と一緒に店内で買い物し出てきた時間は多分20分ほど。

 

車へ向かって歩いていると後部座席にいた息子が前の席にいてこっちを見ています(うちの車はセレナ)。

何かを企んでいるかのような顔でした。

 

また何かいたずらしたんだなと思いながらドアを開けると暑い!!

 

そう!

息子は自分でエンジンボタンを押してエンジンを止めていたのです(><)

 

エンジンを切って間もなくだったのと、車を日陰に置いておいたことも幸いして大事には至りませんでしたが本当にゾッとしました・・・。

 

何でエンジンを切ったのか聞くと、「だってガソリンがもったいないから」

だそうです。

 

今まで車で待たせたことはありましたが、今回のようなことは初めてでした。

 

まさかエンジンを切るなんて・・・!

思いもよらなかったです。

 

この表は外気温35℃晴れの日のもの。

今回、うちの車は上の表では「対策なしの白」にあたります。

車内温度ヤバッ!!

 

 

まとめ

 

同じ日に死亡事故が起こり、

しかも同じような母親の過信事故。

小学生だからといってもまだ子どもで、何があるかわかりません。

 

熱中症とは全然違いますが、

数年前、うちのすぐ近くで真冬に車で待たせていた乳児が誰かに連れ去られて近くの道(だったと思う)に放置されていました。

6歳くらいの上の子も一緒に車にいたそうです。

 

幸いこの赤ちゃんは無事でしたがそんな事件もあるんです。

 

自分の行動を振り返る反省の日になりました。

 

殺人の可能性は?小学生を車内に置き去りにした理由を考察してみた

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です