リカ【映画】原作はホラー小説?結末ネタバレとあらすじも

 

2019年に高岡早紀さん主演で連続ドラマとして放送され、その振り切った演技で話題となった「リカ」が、2021年6月18日になんと映画化されることになりましたヽ(´▽`)/

そこで今回は、原作はホラー小説なのかという点から、「リカ」のあらすじや結末のネタバレまで、たっぷりとご紹介していきたいと思います♩

 

リカ【 映画 】作品について

 

ドラマ「リカ」は2019年10月期にフジテレビ系で放送されると、「怖すぎて笑える!」や「この女、怖すぎてヤバい!」とネット上で話題となりました( ̄∇ ̄)

そして、2021年にはエピソード0と位置付けられ、リカの誕生秘話を描いた「リカ〜リバース〜」が放送。

 

映画「リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜」では、サイコスリラーから笑えるラブサイコスリラーへとパワーアップしているようです!

映画の予告編では、リカが追手から逃げるお得意の高速走りに加えて、スパイダーマンのように空を飛んだり、壁を登るような人間離れした身体能力を発揮するシーンもありましたよw

 

また、2021年3月に解禁となった映画ビジュアルでは、リカが「新しい恋」が花言葉のハイビスカスを持ち、笑みを浮かべていますね。「惚れたら、死ぬ」というキャッチコピーもインパクト大です((((;゚Д゚)))))))

 

予告編も既にYoutubeなどで見ることが出来、冒頭から「雨宮リカ、28歳です」と象徴的なセリフを炸裂させています。

1週間で25万回再生を超えている点からも、期待の高さが伺えますね。

 

高岡早紀さんは、「妄想が暴走して最後には、スパイダーマンの如く空を舞うリカを堪能してください!」とコメントされています♩

 

スポンサーリンク

リカ【映画】原作はホラー小説?

この作品は、2001年・第2回ホラーサスペンス大賞の受賞歴もある五十嵐貴久さんのサイコスリラー小説「リカ」シリーズが原作です。

彼のデビュー作にして累計65万部を超える大ヒットを記録していますから、すごいですよね!

 

理解し難い愛情表現をするリカですが、純愛の貫き方や言葉には胸がグッと熱くなることもあるので、それがこの作品が人気を博している理由の1つかなと思います。

 

私は「リカ」がドラマ化される前に原作を読んでいましたが、小説の方がリカの化け物具合がよく描かれていたような気がしました。

 

ドラマ版では走っているタクシーに真顔のリカがどんどん近づいてくるシーンなんかは、コメディーっぽくて面白おかしい感じになっていましたが、小説ではもっとホラーといった感じで得体の知れないリカの恐ろしさを存分に楽しむことが出来ますよ。

恐怖で息が詰まりそうな感覚を味わいたい方は、ぜひ原作小説をおすすめします(^O^)

 

映画版では、原作ファンから映像化を期待する声が大きい「リターン」をベースに、2019年のドラマ最終回で捕まったはずの警察を抜け出して、愛する人の元へと向かったリカのその後を描いています。

 

リカ【映画】結末ネタバレとあらすじ

 

ここで「リカ」のあらすじを紹介したいと思います。

幼い頃から愛に恵まれなかったリカ(高岡早紀)は、結婚に少女のような憧れと純粋さを持っているんですね。

また、虐待されていた母親から言われた「女は28歳で結婚するのが幸せ」という言葉に囚われ、リカは周囲に28歳と言い張ります。

そして運命の男性に出逢ったとき、彼女のピュアな愛情が炸裂するんですね。

次第に、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない最恐の純愛モンスターと化していきます。

 

2019年放送のドラマ版では運命の相手を大谷亮平さんと小池徹平さんが演じ、2021年の「リバース」では浅香航大さんが演じていました。

そして気になる映画版では、「ヤクザと家族 The Family」での演技が記憶に新しい市原隼人さんが、リカの新たな運命の相手としてキャスティングされています。

 

ドラマ版の最後で小池徹平さん演じる医師を、リカが手術の要領で切り刻み、胴体だけを連れ去ってから3年が経った今、その胴体だけの遺体が発見されたところから映画版は始まります。

 

市原隼人さんが演じるのは、リカの捜査を担当する警察官・奥山次郎という役どころ。

まずはマッチングアプリを使ってリカを誘き寄せるんですね。

 

「魂の片割れを探している」という偽りの口説き文句に、リカは奥山を運命の相手だと直感し、早速想いを募らせます。

最初は捜査のためにリカに接近した奥山でしたが、次第にリカの怪しげな魅力に惹かれていき・・という展開を見せます。

Youtubeで公開中の予告編では、リカと奥山がキス寸前の場面が切り取られていましたね(゚∀゚)

脇を固める注目キャストとしては、奥山の婚約者の警察官・青木孝子をモデルでも活躍中の内山理央さんが、彼女の先輩警察官・梅本尚美役を佐々木希さんが演じています。

 

果たしてリカは再び捕まってしまうのか?

そして、奥山との愛の結末は?

といった点に注目して、映画をご覧ください!

 

まとめ

 

映画「リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜」はサスペンスなのか?ホラーなのか?純愛物語なのか?

観る者の理解を超えたリカの存在に笑えてしまうほど、感情を弄ばれる作品になっていると思います!

是非大きなスクリーンで、「リカ」ワールドを堪能しましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください