キングダムはどこまで実話?春秋戦国時代実在した登場人物は誰?【実写映画】

 

壮大なスケールで映画化された『キングダム』!

歴史に詳しくなくても、どんどんはまっていくほど、わかりやすく丁寧に描かれています。

実話と言うのは本当でしょうか?

 

スポンサーリンク

映画キングダムは「史記」がベース?


小さい頃から大河ドラマなどが好きだった原作者の原泰久さんは、一貫して歴史物の漫画を書いてきました。

でも、史実に忠実に書くとどうしても制約が多くなってしまったり、逆に「これは史実と違う!」と指摘されたりすることがあったそうなんです(>_<)

 

そんな時に、司馬遷の『史記』を読み、まだ作品が少ない「春秋戦国時代」なら、イメージが固まっていなくて自由に書けるのではないかと思ったんです!

まさに、ピンときたのですね(^^)/


とは言っても、「春秋戦国時代」って、紀元前770~221年頃、日本ではまだ弥生時代!!

『史記』に書かれていることもすごく少ないのです。

 

そのわずかな事実はなるべく捻じ曲げず、行間を自分なりに自由に考えたんだとか。

亡くなった年とか、戦いに勝ったとか負けたとかは、正確に書き、史実に記載されていない項目・・・例えば、性別とかキャラクターとかは「そうだったかもしれないよね~」という感じでw

 

また、服装や建築物なども、資料が少なく、専門家によって言う事がバラバラだったりするので、そこまでこだわらず、ベースとして抑える程度で書き上げていきました!

 

主人公も最初は“政”だったんだとか(゜o゜)

あくまでも戦う人間のドラマを描きたかった原さん!

“政”が主人公では王宮の話が中心になってしまうと悩んでいたところ、編集者の「信が主人公でも大丈夫ですよ!」と言うアドバイスを受け今の内容に決めたんです。

編集者さん!グッジョブです\(^o^)/

 

史実とキングダムとの比較

 

現時点で原作の漫画は53巻まで発売されています!!

今回の映画はそのうちの5巻までのお話。

「え~!!たったそれだけ~!!」と思った人も多いと思いますが、物語の中でも重要なプロローグの場面!

丁寧に濃厚に描かれていることを予想すると期待大です\(^o^)/


始皇帝が中華を統一するまでの実話であることは間違いなく「嬴政(えいせい)」という人物も存在しています。

主人公である「信」本人と思われる人物は存在していませんが、戦国~秦の時代に秦の武将だった「李信(りしん)」モデルです。

秦国で大きな活躍をし、子孫も残っていきました。

唐の時代の詩人・李白や唐を建国した李淵も子孫です!

 

この二人が漫画のように仲良くなることは、現実的にはあり得ません

原さんご本人が「漫画をおもしろくするための脚色」と語っているように、いろいろなエピソードをからめてストーリー化したようです。

 

例えば、「漂」に当たる人物は史実上確認できませんが、後に、嬴政暗殺を企てた“燕”の太子「丹」を、将軍となった李信が討ち取っています。

実は嬴政と丹は幼馴染で親友でした・・・

結果的に、始皇帝は親友を殺害したとはいえ、李信に対して信頼感を持つことになったようです。

そんな心理的な部分も反映されているのではないかと思います(*^_^*)

 

漫画では明るく優しいイメージの嬴政ですが、実際の始皇帝は、冷酷で厳しい人だったと言われています。

法で民を厳しく取り締まり、無茶な土木工事もすすめ、反感をかっていたようで、何度か暗殺未遂が起こっています。

反乱を起こした異母兄弟の「成蟜(せいきょう)」から、玉座を奪還すると言う映画のストーリー!

実はこちらも、史実にはないオリジナルなんです!!

『キングダム』公式ガイドブックで「信と政の絆を書く上で必要なストーリー」と説明しています。

 

実際、「天下の大将軍になる!!」と言う大きな夢を抱いた身分の低い信が、剣の腕を磨き、武功を重ね、後に出世していく様子が、この短いプロローグの中でも十分に伝わってきます。

登場人物がそうであったように、私達も信のキャラクターに魅了され、『キングダム』の世界に浸っているのは間違いありません(^^)

 

スポンサーリンク

キングダム登場人物は実在した?

映画の個性的な登場人物たちは史実の中でも実在したのでしょうか?

 

実在したと思われる登場人物

 

昌文君(高嶋政宏さん)

秦の時代の武将がモデル。嫪毒を鎮圧した功績により左丞相となりました。

(満島真之介さん)

実在する人物ですが、詳しくはわかりません。

王騎(大沢たかおさん)

実在する秦の武将ですが記録が少なく、王齕と同一人物ではないかとも言われています。

(要潤さん)

秦時代の将軍「内史騰」がモデル。最前線に配置されるなどかなり優秀な武将だったようです。

王騎の副官という設定はオリジナル。


竭氏(石橋蓮司さん)

史実では、「衛尉竭」と書かれ、嫪毒の乱の時に処刑されています。

肆氏(加藤雅也さん)

竭氏同様、嫪毒の乱の時に処刑されています。

楊端和(長澤まさみさん)

史実では秦の武将。山の民の王や女性という設定はオリジナル。

 

>>>楊端和の実在モデルは男性ってマジ?キングダム山の民の王がかっこいい!

 

架空の登場人物

 

河了貂(橋本環奈さん)


魏興(宇梶剛士さん)

佐慈(坂口拓さん)

 

>>>羌瘣【きょうかい】は実写映画化続編で誰が演じるか予想!山本千尋が有力?

 

まとめ

 

残っている記録が少ない中で、歴史的流れは忠実に、決して作者の都合で曲げることなく書き表し、行間にある見えない歴史を想像力をふくらませ描いているからこそ、登場人物一人ひとりが作品の中で生きているのですね!

公開前から続編を期待してしまいます\(^o^)/

アニメキングダムのフル動画を無料視聴!ユーチューブやパンドラで見れる?

2019年4月1日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です