ムチャブリ!わたしが社長になるなんての原作はある?脚本は実話?

2022年1月スタートのドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』は、高畑充希さん演じる女性が、ある日突然社長に就任する物語!!

一社員が社長になるなんて大変ですが、原作はあるのでしょうか?

あるいは、実話を元にした脚本なのでしょうか?

その辺を深掘りします(^.^)

 


スポンサーリンク

ムチャブリ!わたしが社長になるなんての原作は?

『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』には、原作がありません!

なんとなく漫画でありそうな題名なのですが、脚本担当の渡邉真子さんのオリジナル作品なんです(^^)

 

渡邉真子さんは、東京都出身の35歳。

明治学院大学法学部卒業後、フリーランスの雑誌記者として活動する傍ら、シナリオセンターで、脚本執筆を学びました。

 

そして、2014年「初恋狂詩曲」で、第4回TBS連ドラ・シナリオ大賞で大賞を受賞しました(^.^)

脚本家デビューは、同じ年の12月、TBSのスペシャルドラマ「このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状」の一遍中山七里さん原作の「残されたセンリツ」でした。

 

その翌年からも、「表参道高校合唱部!」「悪党たちは千里を走る」「せいせいするほど、愛してる」「チア☆ダン」などのTBSドラマの脚本を少しずつ担当してきました!

2018年からはNTVやNHK BS、huluなどのドラマの脚本を担当し、活動の幅を広げてきました(^-^)

2018年には「プリティが多すぎる」、2020年には「恋はつづくよどこまでも」などの人気ドラマの脚本も手掛け、今回の抜擢となったのではないかと考えられます!

しかも、これまでのように漫画や小説などの原作はなく、渡邉さんのオリジナルとなるので、どんな内容になるかは、正直想像がつきません(>_<)

 


スポンサーリンク

【ムチャブリ!わたしが社長になるなんて】脚本にはモデルとなる実話がある?

 

社長秘書だった女性が、突然社長に任命されることから物語は始まるのですが、この脚本のモデルとなるような女性がいるのか、実話なのか・・・などの情報はありません!

「女性がいま一番共感できるドラマを作りたい!」と言う思いが、このドラマの企画を立ち上げたきっかけだったと、プロデューサーの鈴木亜希乃さんが語っていたので、そこから、スタッフとの話し合いで、ストーリーが作られていったのではないかと思われます(^^)

 

仕事をしてても、彼氏がいてもいなくても、結婚してても……どこかで周りが求める自分を演じてしまったり、頑張りすぎたり、愛想笑いばっかり上手くなって本当の自分が見えなくなったり……そんなリアルな仕事や人生を描けるドラマがつくりたかったんだとか。

 

そして、ドラマを観るというより、「ああいうムチャな上司いるよな~」とか「ナマイキな部下って扱いづらいんだよ~」と、友達と一緒におしゃべりしている感覚で見て欲しいと思っているそうです(^.^)

突然社長になることは、家業を継ぐ機会でもなければ、なかなか無いと思いますが、ムチャブリをする上司や、ナマイキな部下、その他のいろんなトラブルは、“あるある”ではないかと思うので、エピソードの中には、脚本の渡邉さんや他のスタッフが実際に経験したエピソードも含まれているかもしれませんね(^^)

 

ちなみに、こんな風にムチャブリで社長になった人の話は見つけられませんでしたが、事業継承者のほとんどは親や夫からで、その中には社長の急逝などで、突然社長になることになってしまった人も多いようです!

社長になった女性の、5割以上は、自分が社長になることは想定していなかったという統計が出ているんだとか。

そんなことを考えると、あながち実話ではないとは言えないかもしれませんね(*^^*)

 


スポンサーリンク

ムチャブリ!わたしが社長になるなんてのあらすじ

高梨雛子は、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるベンチャー企業、リレーション・ゲートの社長秘書。

社長の浅海はカリスマ性のある男だが、直感で動く彼の“ムチャブリ”に、雛子は振り回されてばかり。仕事が忙しいおかげで6年間彼氏ナシのまま、30歳を迎えてしまった。

クリスマスイブの夜、いつものように浅海から突然の電話が入る。社内で募っていた新規事業の企画に、雛子も応募しろと言うのだ。いつものムチャブリに雛子はヤケクソで、数年前に出した企画書の平成を令和に書き換えただけで提出する。

すると困ったことに企画は採用され、子会社設立の記者会見の場で、雛子は前ふりもなく雛子は突然社長に任命されてしまう!

 

引用元:公式HP

その子会社が「リレーション・フーズ」で、浅海が買い取った「セゾンヌヴェル」と言うレストランを1カ月でリニューアルしなくてはいけなくなります!!

そこに携わる面々が、俳優陣を見てもかなり個性的(>_<)

雛子がかなり苦戦する様子が目に浮かびます!

しかも、カリスマ上司VSナマイキ部下

果たして恋に発展するのか?

なんて、書かれているので、仕事面に留まらず、恋の三角関係も描かれる予感が・・・

 

演出を手掛けるのは「家政婦のミタ」「家売るオンナ」などのヒット作を担当した猪股隆一さんですので、それぞれの俳優さんの個性を活かした楽しい作品になることが期待されます(^^)

 


スポンサーリンク

まとめ

 

『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』の原作はありません。

脚本を担当する渡邉真子さんのオリジナル作品です(^^)

実話が元になっているかの情報もありませんでした。

数々の話題作を手掛けている渡邉さんの脚本なので、楽しい内容になるのではないかと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください