【ドラマ】妻小学生になるの最終回結末ネタバレ!マンガは完結してる?

10年前に亡くなった妻が、突然小学生になって目の前に現れるなんともビックリな『妻、小学生になる』!!

2022年1月のドラマ化されることになりました(^^)

始まる前から展開がとても気になりますね~

最終回結末はどうなるのでしょうか?漫画は完結しているのかなど探りたいと思います(*^^*)

 

ネタバレが含まれますのでご注意ください。

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】


スポンサーリンク

妻、小学生になるあらすじ

 

『妻、小学生になる』は、「週刊漫画TIMES」にて、2018年8月10日号から不定期で連載している、村田椰融(むらたやゆう)さんの漫画です。

10年前に妻を亡くした、新島圭介は、10年経っても妻のことを引きずり、全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られています(>_<)

たった一人の家族である一人娘の麻衣の幸せを誰よりも願っているものの、コミュニケーションもうまく取れず、同じ家に住んでいるのにバラバラな感じ・・・

 

そんな2人のもとに、ある日、自分は亡くなった妻の生まれ変わりだと名乗る女子小学生が訪ねてきたことから、物語は始まります。

その小学生は、妻の貴恵しか知り得ない、プロポーズの場所・結婚記念日・家族旅行の行き先などを言い当てました。

しかも、その口調はまさに亡くなった妻そのものだったのです(@_@)

 

と言うことで、夫と娘には信じてもらえるも、今は違う母親の元、白石万理華として暮らしているので、2つの生活を両立する感じでした!

実は、万理華の母親は、シングルマザー。自身も母親に愛されずに育ったことから、万理華とどう接すれば良いのか悩み、ネグレクトのような状態になっていたのです(>_<)

万理華のことを心配した圭介は、万理華を自分たちの元で育てると言い出します!

不審に思った母親の千嘉は、娘を新島家から遠ざけようとしたため、万理華は貴恵の生まれ変わりであることを打ち明けます。

今のままでは、本当に万理華を引き取ると言われた千嘉は、少しずつ変わろうとしていきます(^^)

 

こうして、新島家と白石家、それぞれの職場や学校の人たちとの関り、麻衣の友人関係や恋人との関係などが描かれながら、1年間が過ぎていきます

 


スポンサーリンク

【妻、小学生になる】ドラマはどこまで描かれる?最終回はどうなる?

 

生まれ変わった妻と新島家の話に留まらず、圭介が職場の部下に好意を持たれたり、その部下と麻衣が友達になったり、人見知りだった麻衣に恋人が出来、やがて、結婚へと話が進んだり、万理華の学校でも様子が描かれたり、千嘉の再婚や再就職、そして、白石家の引っ越しと、話題は、満載なんです(^.^)

ドラマではどこまでが描かれるのかによって、最終回も違ってくると思います!

キャストを見てみると、原作には出てこない名前があったり、部下の守屋好美が、年下の上司になっていたりしているので、若干原作とは異なる場面もあることが予想されます(^^)

 

おおまかな予想ですが、麻衣の恋人になる蓮司の名前は出ているものの、麻衣は20歳の設定なので、結婚とまで話は発展しないと思われます!

重要なのは、“出雲凛音”という人物です!

原作では、天才小説家として登場しますが、貴恵と全く同じ境遇で、事故に遭って亡くなるも、男子中学生として生まれ変わっています(>_<)

ドラマでは、女子中学生のようです。

凛音と貴恵は、お互いのことを話すうちの、自分たちは生まれ変わりではなく、生前に未練があることから、生きている人間に憑依したのではないかと考えるようになります!

この凛音という人物が登場するのは、現在発売されている8巻以降なのですが、そこまでの全てをドラマ化するのは難しいので、かなり早い時期に2人は出会い、なぜ憑依したのか、今後どうするのかなどの話へとなっていくのではないでしょうか?

 

貴恵は、小学生になって圭介の前に現れた際、あまりにも腑抜けな圭介に、

「私がいなくても進んでいけるっていう姿勢と未来を見せてよ」

と言います。

貴恵にとっての未練は、やはり、圭介と麻衣なのでしょう。

最終回は、2人が貴恵の死を乗り越え前を向けるようになったと確信し、安心して2人の前から去っていくのではないかと予想します(T_T)

 


スポンサーリンク

【妻、小学生になる】漫画は完結している?結末はどうなる?

 

原作漫画は、2021年12月時点では完結していません!

実は、いろいろな弊害を乗り越え、麻衣が結婚をすることになった時点で、一度、万理華の中から貴恵がいなくなり、1年間の記憶が丸々抜け落ちた状態になります(@_@)

再び、貴恵を失ったことで、圭介は悲しみに暮れてしまいますが、逆に、千嘉は喜び、出来ればこのままでいて欲しいと願います。

 

でも、あまりにも圭介が落ち込んだからか、再び、貴恵に戻るのです!

ドラマでは、貴恵は自ら安心して去っていくのではないかと予想しましたが、漫画の方はもう少し酷な感じで、徐々に貴恵である時間が減っていき、とうとう、貴恵に戻ることは無くなった・・・という最後になるのではないかと思うのです(T_T)

そして、なぜ貴恵が自分の前に再び現れたのかを考え、あまりにも自分が不甲斐なかったことに気が付いた圭介が、今度は、しっかりと貴恵の死を受け入れ、前向きに生きていく決意をするのではないでしょうか?

 


スポンサーリンク

まとめ

 

『妻、小学生になる』の原作漫画は、現在も完結していません。

ドラマは、2022年1月21日からスタートするので、ドラマの最終回は、オリジナルの脚本になるのではないかと思われます(^.^)

内容は少し違うものの、ドラマも漫画も、貴恵は圭介たちの前から去って、再び現れることはない結末になると予想します!

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

【妻、小学生になる】関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください